2016年9月10日 更新

5月オープンで早くも話題沸騰の人気店!幻の日本酒と絶品のアテぞろい!!昼呑みパラダイス☆「柳小路TAKA」【四条河原町】

もうグルメ雑誌にもひっぱりだこに紹介され、最速人気店に。前回食べられなかった焼き鳥が絶品とウワサを聞き、再訪。そして、洋モノメニューも充実。そして、今回は昼呑み。

夜とは違った風情の柳小路

 (53829)

こちらも風情ある佇まいの柳小路。細い通りです。こういう通り歩くのってちょっと楽しいですよね。探検気分というか(笑)
 (53830)

前回は夜だったんで、あまり気にもとめませんでしたが、青柳がキレイです。
 (53831)

そんな通り沿い。今回は明るいうちに訪問。昼呑みです。罪悪感も多少おぼえつつ(笑)

夜は立ち呑み店ですが・・・

 (53832)

ちょうどファイアー席キープ。
お、椅子がある!昼は椅子が用意されてるようで、ゆったり腰をすえて長居できます。で、まずは生ビール。
 (53841)

他の季節メニューがあったんですが、撮り忘れ(汗)
ま、焼き鳥を食べに来たんで注文は決まってましたが。
 (53842)

これ以外に、夏季カクテルとして「斎藤レモン」やら「斎藤ライム」やら、何やら斎藤メニューが登場。斎藤という農家さんの自慢の果物使用とかそういうこだわり派な?と思ったら、店員の斎藤さんが作るという意味(笑)なんじゃそら

で、念願のボリューミーな焼き鳥

 (53833)

ここ、デカイんです。食べごたえありありで、かなりのボリューム。しかも1本200円はコスパよし。まずはとり皮。焼き目しっかりで香ばしい。焼ききって脂落としてもこのサイズだから焼く前はもっとデカかったわけで。手前にある醤油胡麻をつけて。
 (53834)

で、好評らしく店でも醤油胡麻販売されてます。京胡麻100%に醸造醤油の老舗・松野醤油の本醸造醤油をまとわせた、調味料的役割を果たす胡麻。本気度を感じます。
 (53862)

そして、本命のレバー。ウマイ!この食べごたえ感がいい。レバー自体が良質ということもありますが、このコクがあって濃厚なタレがすごくいい!お皿舐め回したいくらい(笑)
 (53838)

タレの入った瓶には醤油やみりんのような液体調味料以外にもスパイスいろいろ入ってるそうです。
 (53835)

季節のオススメ焼き野菜ということで、万願寺とうがらしを焼いてもらうことに。デカッ!と思わず歓喜の叫び(笑)
 (53836)

見るからに肉厚で美味しそうな万願寺。何気にご主人、お茶目な方(笑)
 (53837)

状態のいいものは、こんなふうにシンプルに焼いてだし醤油たらりとかけるだけでいいんですよね。あまり、こねくり回さず。野菜の甘味が凝縮。
 (53840)

前回も食べましたが、「日本酒どろぼう」と名づけて言いくらい、お酒がすすむ鮭とば。漁師さんに作ってもらって、さらに店で干したり日本酒塗って焼く前から何気に手のかかった品。それを香ばしく焼いてくれます。味がかなり凝縮されてるのに、乾燥しすぎてなく、身がふっくらしてるんですよね。
 (53843)

で、こちらの名物的お酒。滋賀の岡村本家・金亀、幻の精米歩合100%を。スゴイ色ですよね~赤い!
 (53844)

最近人気なのと、精米歩合100%だと、通常より醸すのに時間がかかるようで、品薄状態なんだそうです。
独特な味わい。甘み強くてとろりと濃い目。後味に醸造モノ特有のクセのようなものを感じます。幻ですな~
 (53845)

そして、チェイサーは仕込み水。やわらかい。

ガラリと気分を変えて、イタリアンで

 (53846)

別の店にチェンジか?いえ、どっぷり腰をすえてますって(笑)
気分を変えて、今度はイタリアンなものをチョイス。
まずは、プロセッコ。天然発泡の白ワインで再度昼呑みにカンパ~イ!

今回は大阪の有名ブロガーさんとご一緒に。
 (53847)

すっきりとしてるけど、奥行きのある味わい。
 (53848)

テキトーにこのワインに合うアテ2品くらいお願いします、と注文。大きめのオリーブ漬けが出てきました。果肉しっかりとハリがあって肉厚、フレッシュ感も多少残しつつ。ちょうどいい塩梅。
 (53849)

なにやら、ムール貝を酒蒸ししたり、パンを焼きだしたり、できあがるまでの工程を見つつワクワクしながら待ってて、出てきたのがコレ。
スゴイリッチな創作ブルスケッタ。香ばしく焼いたパンにトマトソース、ムール貝、パルミジャーノ・レッジャーノのスライス。もうウマイに決まってる!の画。
これも肉厚のいい貝でいいわ~

さすが、イタリア・ミラノの日本料理店「nobu_milano」で板長として活躍されてたご主人ならではな逸品。
 (53851)

で、こんなイベントも精力的にされてるみたいです。流しのチーズ屋さんとして知る人ぞ知る「チーズ魂」さんとのコラボイベント。話し聞いてると、かなりコスパいい内容になってるみたい。興味のある方はお早めに。

そして、こちらは昼の定食もコスパよく人気。お酒も付いて1000円らしい。破格すぎ(笑)
 (53856)

お酒や料理もさることながら、ご主人が気さくな方なんで、店全体が和やかな雰囲気なんですよね。会話も楽しみつつ。それも人気の秘訣でしょうね。

ヨ~イヤサ~♪

柳小路TAKA への口コミ

柳小路TAKA 基本情報

店舗名:柳小路TAKA
住所:京都府京都市中京区中之町577 柳小路 はちべえ長屋
電話番号:075-708-5791
営業時間:11:00~23:00
定休日:不定休
喫煙・禁煙:完全禁煙
関連サイト:http://taka-kyoto-japan.net/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

女子率も高い京都立ち飲み人気店!秋にはうれしいテラス席も!!繁華街立地☆「すいば」【四条河原町】

女子率も高い京都立ち飲み人気店!秋にはうれしいテラス席も!!繁華街立地☆「すいば」【四条河原町】

京都立ち飲み店の中でも女子率高く、人気すぎて3号店まで展開の「すいば」。今回は利便性高い繁華街・四条河原町にある2号店に。他店舗にはない、秋にはうれしいテラス席も。あ、もちろん立ち飲みですけど(笑)
【新店】5月オープン!こんな日本酒飲んだことない!!世界的人気店NOBU出身の凄腕シェフの立ち飲み店「柳小路TAKA」【四条河原町】

【新店】5月オープン!こんな日本酒飲んだことない!!世界的人気店NOBU出身の凄腕シェフの立ち飲み店「柳小路TAKA」【四条河原町】

今年5月オープンの立ち飲み店。といっても、日本酒に関しては一銘柄を精米歩合で飲み比べするというマニアウケするミクロ構成。ちょっとレアなお店。
【京都酒場めぐり】京都イチ有名な『角打ち』といえばココ!初心者でも超楽しい!!呑兵衛の聖地☆「松川酒店」

【京都酒場めぐり】京都イチ有名な『角打ち』といえばココ!初心者でも超楽しい!!呑兵衛の聖地☆「松川酒店」

京都で呑兵衛を語るなら、ここは間違いなく外せない場所。錦市場すぐにある、『角打ち』のお店としては超有名で、毎夜多くのサラリーマンで賑わい、最近では外国人の方も好んで利用するワールドワイドな酒場。
ディープな京都立呑みマニアの間で今ココが熱い!昼から営業の隠れ家店「立呑み友立ち」【三条河原町】

ディープな京都立呑みマニアの間で今ココが熱い!昼から営業の隠れ家店「立呑み友立ち」【三条河原町】

大勢の通行人でにぎわう三条通りから細い路地を南へ。敬愛する日本酒マニアの方と飲みに行くことになり、最近呑兵衛仲間の間で話題沸騰中の立ち呑み店。そして、昼から呑めるお店。
【保存版】連休中こそ心置きなく酒!酒!酒!京都オススメの種類豊富な日本酒スポット【厳選5店】

【保存版】連休中こそ心置きなく酒!酒!酒!京都オススメの種類豊富な日本酒スポット【厳選5店】

おおきに~豆はなどす☆次の日を気にせずいろんなお酒を楽しめる絶好の機会。それがGW(笑)今回は京都の中でも、種類豊富な日本酒を楽しめるお店をご紹介。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな