2016年11月20日 更新

【新店】5月オープン!こんな日本酒飲んだことない!!世界的人気店NOBU出身の凄腕シェフの立ち飲み店「柳小路TAKA」【四条河原町】

今年5月オープンの立ち飲み店。といっても、日本酒に関しては一銘柄を精米歩合で飲み比べするというマニアウケするミクロ構成。ちょっとレアなお店。

裏寺の居酒屋激戦エリアに5月オープン

 (42504)

 (42524)

柳小路ということで、柳を入れてエントランスを撮ってみました(笑)
和モダンのいい雰囲気です。
 (42516)

立ち飲み店といっても、2階にはテーブル席もありススメられましたが、あえて立ち飲みに。
 (42506)

こんなオープンキッチン。鍋の感じやワイングラスやステンレス基調のキッチンを見ると、洋風の料理を出すお店のようにも見えます。店の方のユニフォームも。

こちらのご主人はイタリア・ミラノの日本料理店「nobu_milano」で板長として活躍されたシェフ。だから京料理とイタリアンの折衷なかんじなんでしょうかね。

そして、メニューチェック

 (42508)

外国の方も多いんでしょうかねこの界隈のお客さん。
 (42507)

アテ。焼き物がご自慢のようです。
 (42509)

刺身系もわりといろいろあり。
 (42510)

そして、お酒も全般あり。

自慢の金亀は精米歩合で7段階

 (42512)

この店の肝じゃないですかね。滋賀の岡村本家・金亀を精米歩合7段階で飲み比べできます。
直営店というわけではなく、蔵元さんとお知り合いのようです。

少しずつ7種テイスティングもできますが、この日は3軒目(笑)
ピンポイントで希少性高いものを、とまずは100パーセント。要は玄米。
 (42513)

赤みを帯びてます。古酒みたいなとろみはなく。で、実呑。甘い!驚きの甘さ。
これは女子好きだろうな。梅酒とかそんな雰囲気。こんなん初めて。フレッシュな日本酒の風味もあり。
 (42514)

そして、仕込み水も。
 (42515)

チェイサーとしてちょいちょいいただきます。

じっくりグリルの焼き物

 (42517)

カウンターにはフレッシュな野菜たち。これを焼いてくれます。
 (42511)

これは他の注文の焼き鳥でしたが(笑)
 (42518)

これも炙ってもらいました。鮭とば。程よい脂と旨みが凝縮。いくらでもお酒がすすむ一品。
 (42519)

そして、精米歩合50パーセント。比較するとよくわかる。色が全然ちがうし、甘みもほとんどなく。100パーセントのインパクトつよく、呑む順番逆がよかったかも(笑)
 (42520)

ポテトサラダはパクチー盛り
 (42521)

さらに、香りが立ちます。挽き立てのコショウ。
 (42522)

夏らしいカクテル、シソモヒートなど。

こちらは昼間から通し営業してて、ランチもやってる面白い業態。どれも質のいい料理とお酒。いろんなシーンで行きたくなるお店。ここも繁盛するだろうなぁ。いやすでに、か(笑)

ヨ~イヤサ~♪

柳小路TAKA への口コミ

柳小路TAKA 基本情報

店舗名:柳小路TAKA
住所:京都府京都市中京区中之町577 柳小路 はちべえ長屋
電話番号:075-708-5791
営業時間:11:00~23:00
定休日:不定休
喫煙・禁煙:完全禁煙
関連サイト:http://taka-kyoto-japan.net/
46 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな