2019年11月29日 更新

【新店】京都人気クラフトビール店の敏腕料理人が10月独立オープン!美味しいお酒とアテぞろい☆「食堂やすきち」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都人気クラフトビール店の敏腕料理人が10月独立オープン。クラフトビールはもちろんのこと、日本酒にも合う絶品アテぞろいで早くも話題店に。

早くも注目店!人気クラフトビール店から10月独立オープン

 (171343)

左京区下鴨エリア。北大路から下鴨本通を少し上がった場所。
 (171344)

10月にオープンした新しいお店。

じつはこちらのご主人、東山三条にある古川町商店街の人気クラフトビール店『ビア小町』でオープン当初から料理担当されてた方。この度独立されて、ここ下鴨エリアに美味しいお酒とアテを提供する新店をオープン。
 (171346)

じつはつい最近ビア小町を訪れ、料理が以前とは変わったなと思ってましたが、こういう理由だったんですね。納得。

入り口には日替わりメニューが表示され、その内容から早くも期待値大。
 (171350)

店内は奥行ある一枚カウンター席。そして2階もあり、大勢のグループに最適な仕様とか。
 (171351)

手前にはクラフトビールのタップが8つ。
 (171363)

本日のクラフトビールは8種類。全て、Mサイズ284ml790円、Lサイズ473ml1150円。
 (171348)

友人が先に来て食べたので半分の量になってますが、セロリ浅漬け。いい酢の酸味でお酒が進む味。
 (171349)

すかさず最初のビールを注文。
②の青森のめでてヴァイツェン。いいバランスの苦みとコク。オーツ麦を使用。
 (171352)

落ち着いたところで、メニューチェック。クラフトビール以外に、日本酒もかなり充実。
 (171353)

他、焼酎やワインも。
 (171354)

そして、料理。お造りも各種あり、珍味的アテやパテもあります。
 (171356)

いかにも呑兵衛大歓喜の魅力的なメニューが並びます。揚げ物から焼き物まで様々。
 (171357)

ピザやご飯もの。さらにスイーツも意外に充実。こちらのご主人、お菓子づくりがお得意なんだとか。
 (171358)

気になる料理を注文開始。まずは、ラム肉のパテ。
 (171359)

とても食べやすいパテです。クセのある熟成感はなく、スパイスが効き、後味にラム独特の風味。これはビール泥棒な一品。
 (171360)

友人チョイス。Yマーケット、メイヨンラガー。
 (171361)

 (171362)

日本酒にもよさそうな富山の白エビ天。甘味あるやわらかい身。サクサクの食感がまた美味。
 (171364)

で、おかわりは①南信州ビールのフルーツビール、アップルホップ。リンゴのフルーティーな味わいの中に、さらにフレッシュ感あるホップの風味。リンゴは伊那谷産つがるを使用とのこと。
 (171366)

エスニックな焼きホタテ。
なめらかなマッシュポテトの上に大きな焼きホタテ、そしてスパイシーでクセになるソースがかかっています。
 (171367)

追加で、アルコール10パーセントの⑧神奈川のサンクトガーレン、バーレイワインを。スパイシーな料理に負けない強さとコク。
 (171369)

 (171368)

肉厚穴子一夜干し。
皮目パリパリと香ばしく、肉厚の穴子から噛むほどに脂が滲みだす絶品。日本酒もいいなぁ。

どれも素敵なお酒とアテ。今回ひとり3種類ずつクラフトビールMを注文し、会計一人4500円程度。クオリティ高いものぞろいでかなり満足。

すでに平日でもお客が集い注目店。フラッと立ち寄れるお店の雰囲気もいいですね。

ヨ~イヤサ~♪

食堂やすきち への口コミ

詳細情報

住所:京都市左京区下鴨梅ノ木町71-6
電話番号:075-754-8415
営業時間: 【平日】17:00~23:00 【土・日・祝】15:00~23:00
定休日:月曜日
関連サイト:https://www.facebook.com/yasukichi5/
      

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな