2018年7月23日 更新

【京都祇園】一見さんお断り!テレビ番組アシスタントも務めた美人女将の会員制バー☆「お茶屋安藤」

花街もあり、特に夜にぎわう祇園。そんな祇園で、これぞ京都らしい!と言える、いわゆる「一見さんお断り」の会員制バーへ。そこは元テレビ番組アシスタントとして活躍された美人女将で有名なお店。

祇園甲部・元テレビ番組アシスタントの美人女将のお茶屋さん

 (129516)

祇園北。八坂神社にもほど近い場所。夜は一際にぎわいをみせ、この日は祇園祭期間ということもあり、どこのお店も盛況。
 (129518)

そんな中にある、こちら『祇園甲部・お茶屋』と書かれたプレートのあるお店。

『お茶屋』といっても、お茶を提供しているお店というわけではありません(笑)いわゆる、一見さんお断りの会員制バーを花街では『お茶屋』といいます。

会員制なので、常連のお客さんの紹介がなければ入れないというシステム。ただ、花街によっては一見さんでもオッケーというところもあります。
 (129517)

京都には5つの花街があり、その中でも最大級なのが祇園甲部。その祇園甲部にある、お茶屋さん。
今回はちょい悪オヤジさんに案内していただきました。
 (129519)

店内は意外と奥行があって間口からは想像できない広がり。手前にカウンター席、さらに奥にはグループ用テーブル席も。

棚にはグラスや洋酒中心にボトルが並んでいます。
 (129521)

ちょっと珍しい、楽器の形をしたボトルや陶器のボトルも並んでいます。

そして、カウンターには花街界隈、いや全国的にも有名な美人女将。祇園甲部で舞芸妓の経験を経てから、テレビ番組『11PM』の初代アシスタントを務められた安藤孝子さん。御年80オーバーなんですが、まったく年齢を感じさせない、色香漂う大人の女性。私の中のオッサンセンサーが働き、終始女将さんにデレデレ(笑)
 (129520)

ウイスキーのソーダ割りをいただき、終始女将さんと談笑。

とにかく気品があり、よくお話もされ、久々に耳にも心地いい生粋の京ことばを聞きました。最近、女性が歳を重ねることでいいことってあるんだろうか?みたいなテーマがマイブームなんですが、そんなチンケな考えが吹っ飛ぶような、現物のお手本のような女将さん。いろんなヒントをいただいたような。

ステキな出会いをさせていただいた夜でした。おーきに。

ヨ~イヤサ~♪

お茶屋 安藤 への口コミ

基本情報

住所:京都市東山区祇園清本町359-8
電話番号:075-561-0819

【注意】会員制バーですので、入店には紹介が必要です。
12 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事