2016年4月28日 更新

新緑の季節、数珠巡礼へ「世界遺産 総本山 仁和寺」へ

新緑の季節、桜の人ごみも少し落ち着いてゆっくりとお寺を楽しむべく、お伺いさせていただきました

桜の季節が少し過ぎた4月22日。
人も少ないかな?と期待してでかけてみました。
仁和寺といえば、古典の教科書で一度は聞いたことがあるお寺。
あまり、前知識をもたず、気軽に出かけてみました!
仁和寺入口

仁和寺入口

仁和寺の真ん前に大きな駐車場があり500円で停めさせていただきました。
そこから道路をわたった入口がこちら。
拝観料を払って中へ。
まだ、ちらりほらりと桜が残っていました。

入ってすぐ、霊宝館という、仏像や巻物をみせていただける建物があります。重要文化財も多く、とても貴重です。写真はNGなので、写真はありませんが。。
元、社会の先生の私としては、おお!!という有名人の名前がずらり。

きっと、古典好きにもよだれもの、です。全く興味のなかった主人は、へー、ほーと言いながら回ってました。
 (30709)

さあ、御殿とお庭へ!

オリジナルのご朱印帳がたくさん!

オリジナルのご朱印帳がたくさん!

お庭

お庭

お庭

お庭

売店

売店

桜模様の瓦

桜模様の瓦

さて、お待ちかね。
御殿とお庭です。

ご朱印と数珠玉はこちらでいただくことができます。
オリジナルのご朱印帳もあります。さすが、桜の名所、以外と売られていない桜のご朱印帳がありますよ!
お庭の縁側も広々としており、座ってのんびりとお庭を眺めることができます。見事な枯山水です。となりで、カップルが家を建てたなら、こんな庭がほしいと言っていました。駐車場の隙間にすら雑草を生やす我が家には無理です。ですから時折こうやって眺めてはーすごいなー!と思うのです。

さて、続いてお待ちかねの売店。こちらにて数珠玉をいただきました。ほかにも桜モチーフのおまもりや四葉のクローバーのお守り等かわいいお守りがたくさんあります。
恋人と一緒に訪れて、かわいいお揃いのお守りを買うなんていうのも、いいですね!

また、ただ今観音堂が工事中のため、瓦に願いごとを書くことができます。
こちらの瓦は次の工事の100年後までお寺の屋根に載せていただくことができます。100年に一度ということでかなり、貴重な体験となると思いますよ!

ちなみに、建物の瓦も桜です。かわいい。

さて、お庭でゆっくりまったりしたあとは、観音堂へ。
ただ今工事中

ただ今工事中

工事中です。
よく、工事中に遭遇する私達ですが、これはこれで、めったにない機会なので、写真にぱしゃり。

そのまま、奥に行きますと、金堂、水かけ不動尊様がいらっしゃいます。
お参拝の方が多く、顔が写ってしまいますので、写真は断念。心静かにお参りをしてまいりました。
数珠玉

数珠玉

はい。
今回いただいた数珠玉です。
袋には桜のマークと新緑の緑でお寺の名前が入っていていい記念になりました。
ありがとうございました!
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都世界遺産】桜が散ったらコチラ!ハイキング感覚で京都版お遍路参拝☆仁和寺「御室八十八ヶ所霊場」

【京都世界遺産】桜が散ったらコチラ!ハイキング感覚で京都版お遍路参拝☆仁和寺「御室八十八ヶ所霊場」

桜シーズンも終盤を迎える世界遺産・御室仁和寺。そして、その裏山に四国八十八ヶ所霊場を模した巡拝コース。山登りをしながら参拝でき、1日で踏破できるのが魅力。観光客の多い境内をよそに、行ってきました。
京都代表の名所|世界遺産の門跡寺院で御室桜を拝もう!「仁和寺(にんなじ)」

京都代表の名所|世界遺産の門跡寺院で御室桜を拝もう!「仁和寺(にんなじ)」

門跡寺院とは、皇族・公家とゆかりの深い寺院のこと。仁和寺もその一つで、さらに世界文化遺産に登録されています。こちらの桜は「御室桜(おむろざくら)」としてとても有名です。
【2017京都紅葉最新】紅葉の見ごろピーク!広大な敷地に圧巻の五重塔!!世界遺産「仁和寺」

【2017京都紅葉最新】紅葉の見ごろピーク!広大な敷地に圧巻の五重塔!!世界遺産「仁和寺」

御室にある世界遺産・仁和寺の11月19日時点の紅葉の様子です。ほぼピーク。広大な敷地に圧巻の五重塔と紅葉のコラボが見物。
【京都御室】紅葉はまさに最高潮!広大な敷地に圧巻の世界遺産・仁和寺

【京都御室】紅葉はまさに最高潮!広大な敷地に圧巻の世界遺産・仁和寺

見事の一言に尽きる紅葉。世界遺産・仁和寺。広大な敷地を彩る紅葉。雲一つない秋晴れに、歴史的建造物と紅葉がよく映えます。
紅葉特集⑦ 世界遺産で紅葉と寒桜の夢の共演!御室・仁和寺【観光】

紅葉特集⑦ 世界遺産で紅葉と寒桜の夢の共演!御室・仁和寺【観光】

宇多天皇が仁和(にんな)4年(888年)に創建して以来、法親王が住持し「御室御所」と呼ばれた仁和寺。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

なぐさま なぐさま