2021年4月18日 更新

【京都食品スーパー】京丹後の銘品や地酒がズラリ!レア食材並ぶ「いととめEAT店」

おおきに~豆はなどす☆今回は京丹後市にある丹後の銘品、地酒など品揃え優れた食品スーパー。こだわり食材やレアな輸入品など。

京丹後の銘品、地酒が一堂に会する食品スーパー

 (205034)

京都府京丹後市弥栄町。この日、とある料理店での食事の後、せっかく京丹後に来たからにはこの土地の地酒を買って帰ろうとこちらへ。

 (205035)

その料理店でも提供されていたお酒の蔵元・竹野酒造へ。お店からすぐ近くにあってのでやってきましたが、この日は定休日だったようです。残念。
 (205039)

ならば、同じくその料理店で提供されていた、他の蔵元のお酒はどうかと。一路、車で大宮町へ。

京丹後市は平成の大合併により、もともと6つあった町が一つになり市が誕生。なので、それぞれの町のマンホールがあり、ここ大宮町も。小野小町に由来する平安式住居をモチーフとした京丹後大宮駅舎と北近畿最大級のブナ林が描かれています。
 (205036)

そんな大宮町の酒蔵、白杉酒造。創業1777年(安永6年)の老舗の酒蔵らしい佇まい。
 (205037)

でしたが、こちらも運悪く定休日。わりと丹後の醸造蔵は土日休みのところが多いです。もしかしたらコロナ禍ということで、そういうシフトを取られているのかもしれませんが。
 (205038)

酒蔵は定休日でしたが、この近くのショップでも購入できる、ということで、これを頼りに『いととめEAT店』を目指すことに。車で2分。
 (205048)

 (205047)

国道沿い。ちょっと年季の入った道の駅のような雰囲気もある食品スーパー。
 (205044)

入店すると、驚きの品揃え。
生鮮品、地元でとれた野菜や果物、さらに鮮魚や肉は一通り。加工品も丹後のメーカーのものはもちろん、マニアックな輸入食材も。普段使いの食品スーパーであり、レアものも並ぶ食品バイヤーやグルメな人にウケそうな高級スーパーでもあり。

こちらは地酒コーナーですが。
 (205045)

地酒もいろいろある中、こちらは京丹後市の酒蔵コーナー。
 (205041)

先ほど定休日だった、竹野酒造や白杉酒造の銘酒が並んでいます。それも種類豊富に。こちらは生酒。
 (205040)

こちらは白杉酒造のレアなやつ。ミルキークイーンと黒麹で仕込まれたお酒『BLACK SWAN(ブラックスワン)』。
 (205043)

調味料類も充実。ここからも近く、『富士酢』でおなじみの宮津の老舗醸造酢・飯尾醸造のお酢が各種。
 (205042)

こちらは京都市内の醸造酢ですが、幻のお酢ともいわれる斎藤造酢店の玉姫酢も。
 (205046)

そして、特に目を引いたのがこちら。鶏肉コーナーで見かけた岩手で育てたフランス赤鶏『南部どり』。あまり京都では見かけない種類の鶏肉。他、京都の地鶏もありましたが。
 (205052)

今回はお酒のみ。白杉酒造『ブラックスワン』と竹野酒造『亀の尾蔵舞』を購入。

今回はブラックスワンのみ開封し、春らしい食材、刻みわらびと釜揚げしらす、もみ海苔に出汁醤油を垂らしたアテとともにお酒をチビリと自宅で。わりと甘めの吞み口で、ちょっとだけピチッと発酵感。とても個性的なお酒で、わらびのクセともよく合いました。

ちょっと驚きの品揃えのスーパーです。おおよそここへ来れば、京丹後の幸が一通りそろうような。また再訪したい魅力的なスーパーですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:いととめEAT店
場所:京都府京丹後市大宮町周枳 き1670番地
電話:0772-64-5295
営業時間:10時00分~20時00分
定休日:不定休
関連サイト:https://www.facebook.com/%E6%A0%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%A8%E3%82%81-eat%E5%BA%97%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%88-456339797732749/
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事