2016年9月1日 更新

円町*日々の生活にそっと寄り添う「STOCK うつわ・工藝」のうつわ達が素敵すぎる【開店】

7/16にオープンした「STOCK うつわ・工藝」は、長屋をリノベーションされた、味のあるうつわ屋。店内には複数の作家の作品がセンスよく並べられていてオシャレ。素敵なご夫婦が切り盛りされているこちらをご紹介いたします。

民家をリノベーション、古き良き雰囲気に魅了される

 (52293)

 (52294)

円町の交差点から歩いて10分ほど。路地を入った住宅街にあるこちら。
三軒長屋の民家だった建物をリノベーションされ、うつわ屋としてオープンされました。
西大路通りがすぐなのに一歩入るととても静かな、落ち着いたロケーションです。

こちらも先日ご紹介した若葉屋 http://kyotopi.jp/articles/C4Vno
同様、若いご夫婦が切り盛りされています。
 (52295)

京都は祇園祭り宵山で賑わう2016年7月16日、円町という土地で、うつわを中心とした各地の工芸品を扱う「工藝店」を始めます。
生活に寄り添い、少しの喜びとリズムを与えてくれるような美しい「もの」を紹介していきます。
「STOCK」には在庫品や蓄えという意味の他に、「(木の)幹」という意味があります。
ここを健康な幹とし、たくさんの皆様と出会い成長し枝葉を広げ、10年20年と繁らせていく事ができればと思っております。
築90年の長屋の一角で、夫婦2人でできることを。そして、私たちにしかできない事を続けていきます。
すっきりとシンプルにリノベーションされた店内は、窓からの光が案外明るくて気持ちのいい空間。
古道具や味のある什器、アンティークなものを活かしディスプレイされていて、建物ととてもマッチ。さりげなく飾られているドライフラワーやスワッグやグリーンもいい感じで、ご夫婦のセンスの良さを感じます。

ガラスや陶器や木工品など、常時10名ほどの作家の作品を取り扱っておられるそう。
どの作品も味がありいろんな表情が見えて、見ていてとても楽しい。
しかも作家モノなのに、手に入れやすい価格なのもうれしい。
生活に寄り添うには高級すぎても扱いづらいですもんね。

作品の良さ・想いを丁寧に伝えてくださるご夫婦

 (52303)

 (52298)

 (52297)

 (52301)

お店に並べられている作品は、ご夫婦が直接作家さんや窯元まで足を運び選ばれたものだそうです。
知識が豊富なのはもちろん、使い方だったりその作品の魅力を丁寧にお話してくださるので、うつわに詳しくなくても雰囲気やうつわへの想いが少し理解できるような気が。
説明を聞くことでただ静かに眺めるよりはそのうつわへの見方が大きく変わりますし、うつわの先が見えるというか…作家さんの想いやエピソードがちょっぴり見えたり。ストーリーみたいなのが感じられてワクワクしました。
 (52299)

仲良し夫婦は雰囲気が似通って兄弟のように見える事がありますが、こちらのご夫婦にもそんな事を感じます。
(調べ物をされてる姿がなんだかほのぼの素敵で、勝手に撮らせていただきました…)
お二人ともお話好きなのですが、がつがつではなくほのぼのとゆったり語られるお二人。空気感というか雰囲気がとても素敵でした。
このご夫婦の雰囲気も、このお店の魅力につながっているのだろうなぁと感じました。
そして用事もないのに行きたくなるのは、そんなお二人の空気感に触れていたいんだろうなぁ〜なんて思ったり。
 (52300)

 (52326)

お話しにだけでも是非〜とおっしゃてくださいますが、さすがにそれは申し訳なく(苦笑)。
自宅用に購入はもちろん、うつわ好きな友人へのプレゼントにも喜ばれそう。
用途をお伝えするとアドバイスなどもしていただけるでしょうし、ご夫婦と一緒に選ぶのも楽しそう。

ぬくもりが感じられる器が欲しい時…是非こちらを思い出してください
そしてただ買うだけじゃなく、ご夫婦とコミュニケーションを取りながら実りあるひとときを。
もしかしたら運命の器に出会えるかもしれませんよ。

STOCK on Instagram

SHOP DATA

住所:京都市北区大将軍東鷹司町163
電話:075-406-0012
営業時間:13:00〜19:00
定休日:火・水曜日、不定休
アクセス:JR嵯峨野線円町駅下車 徒歩約10分

Facebook:https://www.facebook.com/stockkyoto/
Instagram:https://www.instagram.com/stock_kyoto/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス