2019年9月13日 更新

【新店】京都円町に7月オープン!うどんの本場四国で三代続く老舗のモチモチ自家製うどんが注目☆「麺処美松」

おおきに~豆はなどす☆今回は円町に7月オープンした四国・愛媛で三代続くうどん店。自家製のモチモチうどんとおでんに注目。

7月オープンの愛媛県今治スタイルの自家製うどん店

 (163413)

円町界隈。たまたま野暮用でランチ時にこのあたりを徘徊中、新しいうどん店がオープンしたのを思い出してこちらへ。山城高校東側の馬代通から少し住宅街に入った場所。7月11日にオープン。
 (163414)

うどんの本場・四国は愛媛県の今治うどん。まあ、うどんというとうどん県を名乗る香川の讃岐うどんが全国的にはよく知られていますが、その周辺も地続きなんで美味しいうどん店がたくさんあります。
 (163415)

 (163416)

店内はカウンター席のみ。10席くらいでしょうか。
 (163417)

今治に昭和25年創業の老舗店「三松」の三代目が今のご主人。途中二代目からこだわりの自家製麺に変え、店名も「美松」に改名。そして、代変わりとともに、ニーズに合わせて味を少しずつ調整。ご主人はずっと京都在住の方で、今治の二代目の下で修業してお店をオープン。

 (163418)

 (163419)

メニュー。
こちらの味の特徴として、昆布や鰹、いりこを使った出汁と自家製うどん。なので、温かい出汁のうどんもこれからの季節いいんですが、この日はまだ暑かったので冷やし系で天ざるうどんをチョイス。
 (163420)

他、ご飯ものやおでんも。出汁おにぎりが名物らしく、出汁で味付けされたご飯を握ったもの。
 (163421)

 (163422)

おでんは卓上にあり、セルフで好きな具材を選ぶシステム。見るからに出汁感効いてそうな、シミシミおでん。この日は食べませんでしたが、練り物が今治産できっと間違いない美味しさでしょう。
 (163423)

で、注文した天ざるうどん850円。
 (163424)

ツヤツヤのうどんの上に、海老天、とり天が2つ。
 (163425)

出汁にウズラ卵も。好みで入れてくれます。他細ネギとワサビが薬味に。
 (163426)

天ぷら用にカレー塩も添えられてます。
 (163428)

まずはうどん。ツヤツヤ。
 (163429)

つゆに浸して。
讃岐うどんのような強烈なコシや弾力とは違い、もう少しソフト。かといって、ゆでうどんよりはもちろんコシ、弾力ありありですが。讃岐うどんの強力なコシがニガテ、という人案外いますが、そういう方にはちょうどいいような。

つゆは若干甘め。これまでいろいろざる系うどん食べてますが、特徴的な甘さ。みりんですかね。いりこや昆布、鰹の旨みも効いていると思いますが。
 (163427)

とり天。カレー塩で。
このカレー塩、けっこうスパイシーでカレー感全開でいいです。この食べ方。
 (163430)

出汁でもいただきました。でもカレー塩が美味しいです(笑)このカレーがカレーうどんにも使われるんでしょうね。カレーうどんきっと美味しいと思います。
 (163431)

海老天、けっこう太めで食べごたえあり。こちらは出汁の方が合う。

讃岐うどんって店によっては問答無用の固さだったりするところもありますが(笑)
このモチモチとした食感は口の中で遊べるというか、味わえるというか、こういうのもいいなぁと。これから寒くなるシーズンにはけいらんやカレーを試してみたいですね。あと、おでんと。

ヨ~イヤサ~♪

麺処美松 への口コミ

詳細情報

住所:都市中京区西ノ京御輿岡町21−1
電話番号:050-7129-0773
営業時間:11時00分~14時30分 17時30分~20時00分
定休日:木曜日、不定休
関連サイト:https://twitter.com/mimatsudesu

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな