2020年4月30日 更新

【京都おうちグルメ】こだわりの濃厚充填豆腐!目を引く斬新パッケージデザイン☆「男前豆腐」

おおきに~豆はなどす☆今回は全国のスーパーでも販売する京都府南丹市に本社構える豆腐メーカー。インパクト大なパッケージデザインとネーミング、さらにこだわりの味わいが人気。

全国的にも知られる京都が誇る斬新豆腐

 (183512)

富山県にある、北陸で唯一の種麹の老舗。全国的にも知られる有名店。

て、京都の情報発信サイトだから、当然京都の話題かと思ったら、いきなり富山って!と思われる方もいるかと思いますが、しばらく前説にお付き合いください(笑)本題は京都です。あくまでも。
 (183514)

以前プライベートで訪れ、そのこだわりの製法や自前米麹で仕込んだ味噌、さらに味噌づくりの手順など、こちらのご主人にかなりしっかりレクチャーしていただきました。立ち話で2時間ほど(笑)
 (183515)

お店で販売されている自家製味噌の原料である大豆は基本無農薬のものを使用されていますが、それでも自然相手ということもあり、病害虫被害多発する年もあるそうです。
 (183513)

そういう場合、致し方なく減農薬で対応されるそうですが、その際表面の大豆の皮と取り除き、農薬が付着してない部分だけを使用されるとか。かなり手間のかかる作業。こちらが取り除いた大豆の皮。

で、その話の中で、こんな手間のかかる作業フツーはどこもしないけど、京都のお豆腐屋さんでやってるところがありますよ、と。他府県の人に教えられ、逆輸入的にそのこだわりの高さを知ることに。しかも、京都のスーパーなら恐らくどこでも取り扱いのある、灯台下暗し的豆腐(笑)

 (183501)

で、豆腐コーナー。どこのスーパーでも数種類のメーカーの豆腐が並んでいると思いますが。
 (183498)

で、今回ご紹介するお豆腐がこちら。京都府南丹市に本社のある男前豆腐店株式会社の商品各種。

もともと茨城県の食品メーカーに在籍されていた現社長が、2005年に会社を設立。南丹にあった京都大手豆腐メーカーの工場を買い取り、製造販売開始。
工場前には『男』を背負ったキャラクター像も。ちょっとテーマパークかと思えるような(笑)
 (183499)

恐らく誰もが『男前』や『男』といったネーミングのパッケージのお豆腐を見かけたことがあるかと(笑)というか、インパクトデカすぎて、忘れないというか(爆)

あと、『風に吹かれて豆腐屋ジョニー』という、通常四角い豆腐ほとんどの中、楕円状というかボート型?みたいなお豆腐もありました。

 (183518)

そして、近く母の日に向けた、こんな商品も販売予定。
 (183502)

今回はこちら、特濃ケンちゃん 90g×3連Pを購入。
 (183505)

 (183503)

国産大豆使用の充填式豆腐。豆乳を容器に入れ、そのまま型の中で固めたタイプ。従来の製法より、豆腐本来の旨味を逃すことなくいただけ、さらに賞味期限も長め。
 (183504)

こちらにも、会社カラーが出てます(笑)充填型に『男』とデザインされ、豆腐にもそれが描かれている、というもの。
 (183507)

お皿に移した状態。
 (183506)

薄っすら『男』の凹み。醤油を垂らすと、その文字が浮かび上がります(笑)
 (183508)

まずはそのままで一口。
とても濃厚な豆乳から造られ、さらに舌ざわりもねっとり。大豆の旨味がしっかりと感じられ、かなり食べ応えあるお豆腐。塩を振って食べるのもいいですね。

他、パッケージにも描かれていたような、食べ方例を参考に、いろんなトッピングで自在に楽しめるお豆腐。それも充填式、水っぽさがない豆腐の強みというか。
 (183509)

試しにこんなアレンジをしてみました。黒蜜、クルミをあしらって、デザート感覚。
 (183510)

もう、全然アリです。むしろ、ヘルシーな植物性の豆乳スイーツとして、女子ウケ良さそうな。新型コロナウイルス感染予防の長引く外出自粛時に手軽にいただける、おうちスイーツ。お試しあれ。

ヨ~イヤサ~♪

男前豆腐 への口コミ

詳細情報

会社名:男前豆腐店株式会社
住所:京都府南丹市八木町船枝滝ノ方50番地
電話番号:0771-42-4511
公式サイト:https://otokomae.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな