2021年1月9日 更新

【リニューアル】京都を代表する和文具老舗『鳩居堂』が建替え1月オープン

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区京都市役所前、寺町御池下がった場所にある和文具の老舗『鳩居堂』が106年ぶりに建替え完了し、1月にリニューアルオープン。

中庭もある明るい雰囲気の和モダン建築の新店舗

 (199167)

中京区、京都市役所前。寺町通りにあるアーケード、寺町商店街。個性的なお店や古くからある専門店が多く立ち並ぶ商店街として知られています。

その中でも、和文具の専門店「鳩居堂(きゅうきょどう)」。寺町通りの中でも老舗中の老舗。京都を代表するお店と言っても過言ではないような、創業350年余の老舗。

 (199168)

2年前の3月に、本店向かいに工事期間中の仮店舗をオープン。
 (199173)

 (199174)

以前の仮店舗がオープンした時の様子。和モダンな落ち着いた雰囲気で、お香や書画用品も建物との調和もよく取れていてゆったりと買い物ができるスペースでした。
 (199169)

そして、今回リニューアルオープンした本店がこちら。どことなく、向かいの店舗と同調の建物。
 (199170)

旧店舗は老朽化が進んでいたため、106年ぶりの建替え工事で新しい店舗が昨年11月下旬に完成。以前お店の方に伺った時には本体を残した耐震補強工事のように聞いていましたが、老朽化の程度が重度だったんですかね。更地にして建替えられていました。

店内は天然素材を活用した和モダンな雰囲気。店舗面積は旧店舗から約1.2倍拡大。ガラス張りの明るい雰囲気で、奥には中庭があり、以前の重厚な京町家とは全く違う、軽やかな雰囲気でもあります。そして香室も設けられ、店内には香道用品も展示されていました。

 (199171)

現在コロナ禍で、感染予防対策を取りつつ営業中。店内を見渡した印象では、若干アイテム数を絞られたような、そんな印象も受けましたが。
 (199175)

 (199176)

こちらは建替え前の旧店舗の様子。
個人的には、あのいちげんさんには入店しづらいような、歴史を重ねた老舗然とした旧店舗の趣が大好きでした。ある意味、京都的な雰囲気の典型のお店というか(笑)
 (199177)

 (199178)

旧店舗に備えられたガラス張りの小さなショウケースには、季節ごとに飾りが施され、店前を通りながらそれを見るのも楽しみの一つでしたが。新店舗でも、ちょっとモダンなオブジェがありましたが。令和という時代にも合った新店舗。より買い物もしやすい雰囲気ですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:鳩居堂
場所:京都府京都市中京区寺町通姉小路上る下本能寺前町520
電話番号:075-231-0510
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜日(祝日、祭日は営業)
関連サイト:http://www.kyukyodo.co.jp/index.html
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな