2022年10月12日 更新

【京都純喫茶】寺町通の昭和レトロな穴場店☆破格モーニングもあり「エイト珈琲店」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区、市役所裏寺町通り沿いにある昔ながらの純喫茶。朝はモーニングも人気で、昭和レトロで落ち着いた雰囲気の穴場的お店。

京都市役所職員御用達の昔ながらの穴場喫茶店

 (230658)

 (230659)

中京区、京都市役所前から寺町通りを上がった場所にある、創業年数は不明ですが、かなり昔から存在し、地元民、特に市役所職員なら誰しも知ってる喫茶店『エイト珈琲店』があります。かつて役所に勤める友人に教えてもらい、来店した記憶がありますが、もう数十年くらい前であまり記憶にもないほど(笑)平日昼時は役所の方御用達の印象です。
 (230664)

昔は喫煙可能なお店だったと記憶していましたが、いつのころからか禁煙表示になっていることを知り、機会あれば再訪しようと思っていました。この日は朝活途中にゆっくりコーヒーを飲みたいと思いやってきました。
 (230663)

店前にメニューが存在し、それを見ても最近の物価高をまったく感じさせないような価格設定。恐らくずっと変わっていないような。
 (230660)

店内はウナギの寝床スタイルの細長く奥行のある空間で、京都あるあるな間取り。奥には緑の植栽も見える坪庭らしき設えになっていて、癒されます。

この時は年配の御主人が一人でお店を切り盛りされている様子で、喫茶店モーニングを楽しむ客、恐らくご常連さんらしき方々でにぎわっていました。
 (230661)

そんな空間に、使い込まれた昭和レトロな雰囲気のちょっと小さめのテーブルと椅子が配置されています。
 (230662)

空間の中ほどに厨房があり、その上には昭和レトロなデザインのステンドグラス。
 (230665)

さらに柱には、もう動いていない様子の古い壁掛け時計があります。ゼンマイ仕掛けの様子。ランプシェードも奇をてらっていない昭和感があり、中にはそのレトロ感を売りにする老舗喫茶もありますが、勝手に時代だけが移り変わった、みたいなさりげなさを感じます。
 (230666)

今回は、すでに他の場所で朝食を済ませたので注文することはありませんでしたが、破格のモーニングセットや軽食メニューもあります。しかもフルーツまで付いていて、これぞ昔ながらの地元民が通う喫茶店、というメニューというか。
 (230667)

ドリンク類も種類豊富というわけではありませんが、オーガニック系もあり、さらにハーブティーも。レモンスカッシュやバナナジュース、クリームソーダなど喫茶店らしいものももちろん押さえてあります。それにしても、割安です。
 (230669)

で、今回はオーガニックコーヒーブレンド400円を注文しました。
 (230670)

ハンドドリップで淹れた様子で、薫り高く濃いめの好きなタイプのコーヒー。ちょっとクラシカルなカップ&ソーサーに注がれているのも意外というか。
 (230671)

店内にはマガジンラックがあり、雑誌や朝刊も各種あり、お客は皆各々好きなものを読みながら朝食をとられている様子。それに倣い私も地元新聞を広げると、最近ハマり気味の成田さんコラムを見つけ、それをおかずにコーヒーを楽しみました(笑)

終始紳士的なご主人で、とても居心地よく、今度はモーニングを食べにまた訪れたいと思える、穴場的喫茶店ですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:エイト珈琲店
場所:京都市中京区 二条下る榎木町100−1
電話:075‐231‐4898
営業時間:8:00~18:00
定休日:不定休
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事