2016年10月18日 更新

トロトロの角煮がのった名物あんかけラーメン!一乗寺の人気店が京田辺で復活!「スケアクロウ天宝(てんほう)」

京田辺の駅前にあるトロトロの角煮が名物のラーメン店「スケアクロウ天宝(てんほう)」です。異国籍情緒漂う、少し怪しい雰囲気がまたいい感じです(笑)

一乗寺の人気店が京田辺で復活!

 (59045)

京田辺の駅からすぐ近くにある、なにやら怪しげな雰囲気の漂うラーメン店「スケアクロウ天宝」さんです。

元々、ラーメンの聖地一乗寺で17年営業されていましたが、2011年から京田辺で再始動されました。
 (59046)

カウンター席とテーブル席が1卓といった構成。

店内も異国情緒漂うなんだか不思議な雰囲気です。好きです、こういうの(笑)

閉店間際に伺いましたが、入店時は〆のラーメンを求めた方々で満席でした。
 (59047)

メニューはこんな感じです。名物は一乗寺でも人気だった角煮ラーメンです。
ほかにカレーラーメンや限定のニンニク麺なんかも。メニュー構成も少し変わっています。
 (59048)

メニューの裏面はレゲエな感じもしますね(笑)

単品メニューは定番のからあげとぎょうざ、自慢の角煮です。
お得なセットもありますよ。

一乗寺でも人気だった名物の角煮ラーメン

 (59049)

名物の角煮ラーメンと唐揚げの小をオーダーしました。
ラーメン鉢と唐揚げのお皿の柄が同じのがいいですね。
 (59050)

パリッと揚がった唐揚げには特製の甘酸っぱいタレがかかっています。
大きめのサイズ感もいいですね。美味しかったです!
 (59051)

名物の角煮ラーメンは820円です。

白菜のはいったあんかけ状のスープは、見た目的に少し彩花ラーメンに似ていますね。
 (59052)

大きくて分厚い角煮は食べ応え抜群!!
このようにホロホロと崩れるくらい柔らかく仕上がっています^^
 (59054)

麺はストレートの細麺、甘めのスープが麺によく絡んで美味しいです。
トロトロの角煮とスープ、白菜の食感が新感覚でいいですね。

駅前という好立地、平日と土曜は25時まで営業されているので、近隣住民の〆ラーメンとして重宝されています。
駐車場はありませんが、その旨を伝えると100円引いてくれます。

ぜひ足を運んでみてくださいね~

スケアクロウ天宝 クチコミ情報

スケアクロウ天宝 店舗情報

店名:スケアクロウ天宝
住所:京都府京田辺市田辺中央1−7−9ベル新田辺1F
電話番号:0774-26-3179
営業時間:
火~土・祝 19:00~25:00
日曜日 18:00~24:00
店舗Twitter: https://twitter.com/sc_tenhou
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

トロける卵がたまらない!長居必至の快適カフェランチ「ハセイチ珈琲」【京田辺】

トロける卵がたまらない!長居必至の快適カフェランチ「ハセイチ珈琲」【京田辺】

京田辺を代表する集いのコーヒー店。卵が蕩ける懐かしのナポリタンに極上のコーヒーがつくランチセットと抜群の使い勝手の店内環境をご紹介。
【京都新緑スポット】超穴場!とんち名人一休禅師ゆかりのお寺!!睡蓮も咲き誇る「一休寺(酬恩庵)」

【京都新緑スポット】超穴場!とんち名人一休禅師ゆかりのお寺!!睡蓮も咲き誇る「一休寺(酬恩庵)」

紅葉の名所は新緑の名所でもあり。以前紅葉観光で訪れ、その素晴らしさと穴場感が気に入り、今回は青もみじ目的で。それ以外でも池の睡蓮や庭の苔も見頃。京田辺市という郊外でありながら、わざわざ参拝したいお寺。
関西塩ラーメンのパイオニア|大阪発祥の行列店「京田辺 塩元帥」

関西塩ラーメンのパイオニア|大阪発祥の行列店「京田辺 塩元帥」

大阪発祥の人気ラーメン店「塩元帥」、京都では3店舗展開しており京田辺店に行ってきましたのでご紹介します。
【新店】京都初出店!くつろぎすぎる、ゆとりの癒しカフェ『むさしの森珈琲』【松井山手】

【新店】京都初出店!くつろぎすぎる、ゆとりの癒しカフェ『むさしの森珈琲』【松井山手】

松井山手エリアにオープンした大手ファミレスチェーンすかいらーくグループのコーヒー店。ナチュラルな木目に、拘りのコーヒー。お一人様からご家族までくつろぎ癒しの森でした。
【京都郊外おすすめモーニング】わざわざ行きたい集いのカフェ★「kinko-ya(キンコヤ)」【京田辺カフェ】

【京都郊外おすすめモーニング】わざわざ行きたい集いのカフェ★「kinko-ya(キンコヤ)」【京田辺カフェ】

ドライブがてらに訪れたい京都南エリア。閑静な住宅地にある洒落た一軒家カフェは黒板に懐かしのあの椅子、若きあの日を回帰させる朗らかな女主人と寛ぎのチルアウト空間でした。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン