2016年7月10日 更新

西京極*玄米粉を使った珍しいコッペパンがおいしい「ベーカリーおこめやさん」オープン【開店】

西京極・ほほえみ通りに新しくベーカリーショップがオープン!こちら一般的なベーカリーではなく、お米屋さんがされているお店。一風ユニークなこちらに訪問してきました。

西京極・ほほえみ通りにオープン!

 (43451)

 (43452)

阪急西京極駅から南に伸びる商店街「ほほえみ通り」
ほほえみ通りといえば、地元人にはあああそこね!とすぐわかる通りですが、そのほほえみ通り沿いに6/23、新しいお店がオープンしました。

玄米粉を使った「げんまい粉っぺ」

 (43453)

 (43454)

大正2年創業の「株式会社うさみ」という老舗お米屋さんが始められたお店。
以前は古くて目につかない建物でしたが(申し訳ない)、新しくされてからはスタイリッシュで目立つ存在になっています。
今までのお米販売と「玄米粉」を使ったコッペパンを販売されています。
 (43455)

 (43456)

米粉を使ったパンは時々見かけますが、こちらは「玄米」粉を使っておられてちょっとめずらしいです。
しかも食パンと「げんまい粉っぺ」と呼ばれるコッペパンの、大きく2種類とシンプル。
ご飯でもそうですが玄米の方が栄養価が高いですので、このコッペパンも通常の米粉パンより栄養価高め。
 (43457)

食パンは国産小麦粉に古代米の国産黒米粉を使用した「うさみブラック」と、同じく国産小麦粉に国産玄米粉を使用した「うさみホワイト」の2種類。
コッペパンは国産小麦粉に国産玄米粉を使用した「げんまい粉っぺ」。
惣菜系とスイーツ系のラインナップがあり、惣菜はこめ油を使用して揚げたフライものを中心に8種類。
スイーツ系はあんバターはじめ12種類あるそう。そして生クリームなどは注文が入ってから入れられるので、フレッシュな状態で持ち帰りができます。

またコッペパンは好きなトッピング追加が可能ですし、何も挟まないつけない「プレーン」もOKとの事。結構な種類があり迷います!

特に食パンは人気で早々に完売するようで、この日は購入できず残念…次回は是非!
 (43460)

 (43459)

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

葛野大路七条*オシャレカフェ&バー「CAFE & CASUALBAR JOUR(ジュール)」誕生!平日はランチ&スイーツ使いも◎【開店】

葛野大路七条*オシャレカフェ&バー「CAFE & CASUALBAR JOUR(ジュール)」誕生!平日はランチ&スイーツ使いも◎【開店】

オシャレカフェやベーカリーオープンで個人的に熱い西京極エリアに、今度はオシャレバーがオープン!カウンターメインのこじんまりしたお店ですが、平日昼間はランチやスイーツもいただけてこのあたりでは貴重な存在♪
【京都パンめぐり】京都人のソウルフードで知られる『カルネ』の老舗ベーカリー本店!駐車場もあり☆「志津屋」

【京都パンめぐり】京都人のソウルフードで知られる『カルネ』の老舗ベーカリー本店!駐車場もあり☆「志津屋」

おおきに~豆はなどす☆京都人が愛する国民食的パン『カルネ』を看板商品とする、創業70年の老舗ベーカリー「志津屋」。その本店が葛野大路御池にあります。
日本第1号店がまさかの京都太秦!海外発ベーカリーカフェ「The Yellow Deli(ザ イエロー デリ)」10/15 オープン

日本第1号店がまさかの京都太秦!海外発ベーカリーカフェ「The Yellow Deli(ザ イエロー デリ)」10/15 オープン

アメリカやオーストラリアなど数か国に出店しているベーカリーカフェ「The Yellow Deli(ザ イエロー デリ)」。10/15に日本第1号店がオープンしましたが、東京ではなく京都、しかもまさかの太秦、大映通り商店街という驚きの立地!地元ではオープン以来オシャレでおいしくてフレンドリーと人気となっています。
嵐山「中村総本店」コロッケ以外にも惣菜いっぱい「中村屋惣菜製作所」3/30 オープン【開店】

嵐山「中村総本店」コロッケ以外にも惣菜いっぱい「中村屋惣菜製作所」3/30 オープン【開店】

嵐山で人気のお肉屋さん、設立1960年の歴史ある「中村総本店」。3/30に惣菜専門店「中村屋惣菜製作所」がオープンしましたので訪問してきました。
京都のパン屋さん【SIZUYA (志津屋)】の美味しい“オムレツサンド”を梅小路公園で食べる

京都のパン屋さん【SIZUYA (志津屋)】の美味しい“オムレツサンド”を梅小路公園で食べる

【SIZUYA】といえば京都市民に愛されるベーカリーとして、昔から京都の人々にデイリーに人気なパン屋さんです。カルネやカツサンドなどが有名ですが、オムレツサンドもいけるんですよ。筆ペン画家の最先端星人がレポートします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス