2016年4月2日 更新

紅葉特集④ 少し足をのばしてゆったり満喫!嵯峨野・化野念仏寺(あだしのねんぶつじ) 【観光】

今回は嵯峨野の奥に位置する化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)。

毎年8月23・24日に灯明をあげて行われる千灯供養が有名ですね。ですので、どちらかというと夏の夜のイメージが強いお寺ですが、じつは紅葉シーズンも見所満載!

今回も過去の紅葉風景と共にご紹介します。

8000体以上の石仏とそれを取り囲む紅葉の艶やかさ

 (26589)

 (26590)

 (26591)

 (26592)

 (26593)

空海(弘法大師)が五智山如来寺を建て野ざらしの遺骸をここに埋葬。そののち法然が念仏道場としてから今の寺名に改めた。それにしても、読みづらいですよね「あだしの」って(笑)

石仏の陰影がまたよくモミジの色とのコントラストとなって美しい。

嵐山からも散策コースが整備されていて、JR嵯峨嵐山駅から徒歩30分程度。嵐山の混雑振りとは打って変わって静かに紅葉を楽しめます。ゆったりとした気分を味わいたい方は、ぜひ!

化野念仏寺への口コミ

化野念仏寺(あだしのねんぶつじ) 基本情報

名称
化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)
華西山 東漸院(正式名)
住所
京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
電話番号
075-861-2221
拝観時間
9:00~16:30
拝観料金
大人 500円
中学、高校生 400円
小学生以下(保護者同伴に限る) 無料

※団体料金 30名様以上で大人400円、中学・高校生300円

関連URL
http://www.nenbutsuji.jp/
13 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな