2016年3月23日 更新

祇園の海鮮も肉類もイケてる中華料理店「百香居(バイシャンキョ)」

花見小路通新橋下ル、少人数でも、お酒を楽しみつつ色々なお料理をまったり頂ける中華料理店「百香居(バイシャンキョ)」

お店は花見小路沿い、新橋通を10mほど下がった飲食ビルの5Fという賑やかな場所。
 (24465)

店内は半個室の6人テーブル席、掘りごたつの個室、キッチンを囲むL字カウンター席が10席といった具合。

メニューはかなり豊富で40種類ほどはスタンバイ。季節替わりメニューも色々やられているようだ。フカヒレ、鮑などの高級食材も比較的お手頃価格だが、特に好んでは食べないので、アテ系なレギュラーメニューから攻めてみることにした。
 (24466)

まずは前菜3種盛りでしっかり太めのクラゲに、良い感じで浸かった酔っ払い海老、それに蒸し鶏ネギソース。丁寧なお料理という印象。
 (24467)

2人前お願いした点心4種盛り合わせは良心的な価格。奥は四川風の茹で海老餃子、蟹身を巻いている細い海鮮春巻き、それに海老ニラ饅頭と季節のシュウマイ
 (24469)

3種の海鮮(モンゴウイカと貝柱、エビ)の泡辣椒(パオラージャオ)炒め。泡辣椒とは赤トウガラシを乳酸菌発行させた四川独特の調味料で、辛味はややマイルドだがまろやかな旨みは非常に乗っている。ほっくりしたアスパラとも相性が良い印象だ。
 (24470)

ラムの香草焼をお願いしたら、「どうですか、かぶりつかれますか?」と聞かれたのでそうお願いした。でっかい骨付きラムをしっかり下処理(蒸し?)してから、揚げ焼いた感じ。
香菜にネギ、しっかりガーリック、それに唐辛子が利いたウマウマ味。(肉が解らないので、上に載せてある香草類は横に避けて撮影)いやー、旨いっす! 
 (24471)

旬の8種野菜炒め。レンコンにつるむらさき、青梗菜、小松菜、アスパラ、もやしに人参まではわかったが、あと1種類は・・・。オイスターソース系なコクのある味で、これもなかなか美味しい。
 (24472)

甘いものもスタンバッているのだが、今日は〆麺類!ということで、酸辣湯麺¥800を1つお願いしたら、ちゃんと2分割にしてくれました。こういう気配りはうれしいです。

苦手な人用に香菜は小皿に入れ出してくれるのだ。つるつる系玉子麺で、スッパ辛いスープがなんとも後口良し。

どれもハイレベルでバランスは良く、辛いものも上品にコントロールされている。特に炒め物系は、さらっと上質。海鮮も肉類もイケているし大満足なり。
再訪確実!ご馳走様でした~。

百香居の感想

百香居(バイシャンキョ)店舗概要

店名:百香居(バイシャンキョ)
住所:京都市東山区橋本町396-2 祇園神聖ビル 5F
営業時間:18:00~23:00(L.O.22:00) 
定休日:日曜日
TEL:075-533-7292

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。