2016年6月30日 更新

【京和菓子】夏越の祓6月30日は水無月(みなづき)を食べる日!いつも行列人気店「出町ふたば」【出町柳】

京都では6月30日、夏越の祓(なごしのはらえ)に和菓子・水無月を食べる習慣があり、最近では全国的にも広がっているようです。今年は豆餅が人気でいつも大行列の出町ふたばで買ってみました。

茅の輪くぐりの記事でもご紹介しましたが、6月30日は夏越の祓。1年のちょうど折り返しにあたる6月30日にこの半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事が京都のいろいろな神社で執り行われます。
そして、その時に食べるのが「水無月(みなづき)」。
白の外郎生地に小豆をのせ、三角形にカットされた和菓子。それぞれに意味があり、水無月の上部にある小豆は悪魔払い、三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれています。

朝9時30分時点

 (41580)

 (41581)

日中になると、いつも大行列の出町ふたば。今回はあらかじめ電話で欲しい商品の取り置き注文しておいたので問題ないのですが。
まあ朝だとそれほどの混雑もなく、電話注文する必要もなかったかな。と思ってましたが、欲しいものがその時間帯欠品だったりするので、ぜったいコレ!ていうものがあるなら予約が確実。
 (41582)

今回は水無月が目的でしたが、くずまんじゅうやら季節商品もいろいろありますね。いつも豆餅と栗餅ばかり買いに来るんですが(汗)

店頭のガラスケースにズラリ

 (41583)

大福系いろいろ。ふたばって大福系が特に美味しいですよね~
 (41589)

そして、こちらが水無月コーナー。
トッピングが小豆の生地ノーマル、黒糖、抹茶3種。あと、変り種で白小豆、ミニ抹茶はトッピングが黒豆で生地抹茶。けっこうバリエーションゆたか。
 (41588)

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

朝から行列の京都銘菓!名物豆餅以外の秋和菓子も充実☆「出町ふたば」【出町柳】

朝から行列の京都銘菓!名物豆餅以外の秋和菓子も充実☆「出町ふたば」【出町柳】

京都を代表する和菓子店。そして、つねに行列ができるお店としても有名。名物豆餅はオールシーズン人気だが、今回は秋らしい商品を求めて行ってきました。
出町柳 必見!行列必至の「出町ふたば」で並ばずに買う裏ワザ 【和菓子】

出町柳 必見!行列必至の「出町ふたば」で並ばずに買う裏ワザ 【和菓子】

言わずと知れた京銘菓の「出町ふたば」。地元民はおろか、全国から訪れる観光客にも人気の店。
出町柳の超有名店!お豆ゴロゴロの絶品豆餅!行列が絶えない「出町ふたば」【和菓子】

出町柳の超有名店!お豆ゴロゴロの絶品豆餅!行列が絶えない「出町ふたば」【和菓子】

やっと行ってきました、出町柳駅近くにある超人気店「出町ふたば」。お豆ゴロゴロの豆餅が有名で、いつも行列ができており並ばないと買えません。
【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗の京都限定羊羹!発酵食品・白味噌味は驚愕の逸品「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗の京都限定羊羹!発酵食品・白味噌味は驚愕の逸品「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定羊羹、しかも発酵食品でもある白味噌味の羊羹を発見し、食べてみることに。
【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗!名物羊羹『夜の梅』は食べ切りサイズ◎レアなゴルフ最中も「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗!名物羊羹『夜の梅』は食べ切りサイズ◎レアなゴルフ最中も「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。とらやの代表商品『夜の梅』や季節の和菓子を求めて行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな