2017年7月6日 更新

【京都】待ち合わせは「三条の土下座像で」実は土下座しているのではないんです!

三条エリアでの待ち合わせ場所と言えば「土下座像」を挙げる方が多いのではないでしょうか。この銅像、実は土下座しているのではないです。誤って知られている「土下座像」にフォーカスしてご紹介します。

待ち合わせは土下座像前で!

 (85697)

京阪三条駅、特急も止まり繁華街へのアクセスポイントとしてにぎわう駅ですね。京阪本線以外に地下鉄東西線ものりいれており、太秦から六地蔵、さらには御陵で京津線への乗り換えも可能で滋賀へもつながっており便利な駅というわけで、よく待ち合わせに使われる駅ですよね。
 (85699)

三条エリアでの待ち合わせと言えばココ、通称 土下座像の前ですよね。
こちらの銅像がその土下座像ですが、正式名称は高山彦九郎像で、決して土下座しているのではありません。
地面にひざまずいて深くおじぎをすること。
なので、土下座の定義には、当てはまらないんです。
 (85700)

高山 彦九郎(たかやま ひこくろう)は、江戸時代後期の尊皇思想家であり、吉田松陰をはじめ幕末の志士と呼ばれる人々にも多くの影響を与えたと言われています。
両手をついている姿から土下座像とよく呼ばれていますが、実際には高山彦九郎が京都御所に向かって拝礼をしている姿です。
 (85701)

その立派な拝礼する姿は、
「大御門(おおみかど)その方(かた)向きて橋の上に頂根(うおね)突きけむ真心たふと」
と橘曙覧(たちばなあけみ)の和歌でも詠まれました。

この高山彦九郎像は1928年に建てられましたが、世界大戦時の1944年に金属回収令により引き渡されました。現在の銅像は2代目で戦後に建てなおされました。
 (85702)

これまで何気なく「土下座像」と呼んでいましたが、実はこんな歴史があったんです。

三条大橋を渡ると「いざ出陣(飲みに!)」と思ってしまうのは、ぼくだけでしょうか?笑
今度、三条京阪で待ち合わせする場合は、「土下座像前で」ではなく「高山彦九郎像で」と言ってみてくださいね。

高山彦九郎像 クチコミ情報

高山彦九郎像 基本情報

名称:高山彦九郎像(通称:土下座像)
住所:京都市東山区大橋町 京都府京都市東山区大橋町
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都の正統派珈琲店||麗しき渾身の一杯★三条珈琲店【東山三条】

京都の正統派珈琲店||麗しき渾身の一杯★三条珈琲店【東山三条】

珈琲は目の前で自分の為だけに注がれる。そんな特別感に浸る三条に佇む正統派珈琲専門店。語らいも贅沢な珈琲時間。
7/2オープン「CAFETEL 京都三条 for Ladies」1階には朝食から1日使える優秀カフェ併設

7/2オープン「CAFETEL 京都三条 for Ladies」1階には朝食から1日使える優秀カフェ併設

7/2に三条京阪にオープンした女性専用ホステルの「CAFETEL 京都三条 for Ladies」。2,3階はドミトリー含む客室で、1階にはカフェが併設。カフェは宿泊ゲスト以外も利用可能(男性もOK)で、今回はモーニング利用したので紹介します。
【京都冷麺めぐり】東山三条の個性派ラーメン店の独創的トマト冷麺は必食!中毒性あり☆「いっちゃんラーメン」

【京都冷麺めぐり】東山三条の個性派ラーメン店の独創的トマト冷麺は必食!中毒性あり☆「いっちゃんラーメン」

今シーズンいろいろな冷麺を食べ歩きましたが、一番印象に残る美味しさ。東山三条にある個性派ラーメン店。冷麺は2種類あり、そのうちのトマト冷麺を食べてきました。
【京都橋めぐり】映画ロケ地にもなった小さな珍橋!産業遺産的歴史あり☆「もっこ橋」

【京都橋めぐり】映画ロケ地にもなった小さな珍橋!産業遺産的歴史あり☆「もっこ橋」

三条白川上流に架かる小さな橋。人ひとりがやっと通れるほどの橋幅で、かつての産業活用のために造られ、その名に由来。映画ロケ地にもなった観光スポット。
【京都ランチめぐり】本場ナポリの窯焼きピッツァ!オープンわずかで人気店「ピッツェリア ダ・ナギーノ」【東山】

【京都ランチめぐり】本場ナポリの窯焼きピッツァ!オープンわずかで人気店「ピッツェリア ダ・ナギーノ」【東山】

東山三条に昨年8月オープンした本場ナポリピッツァ専門店。すでにその美味しさが知れ渡ってか、平日のランチ時は満席。運よく空きがあり行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし