2016年3月2日 更新

岡崎 待ちきれない!2016年リニューアルオープンの「ロームシアター京都(旧京都会館)」【パート1】

1960年に開館し2012年3月末をもって再整備のため閉館した平安神宮の西側に建つ「京都会館」。その京都会館が、再び「文化の殿堂」として2016年1月に戻ってきます。

2016年1月10日に「ロームシアター京都」としてリニューアルオープンを控え、内覧会に参加してきましたので、オープンに先駆けてご紹介します。せっかくの機会なので2部に分けてお送りします。
 (4575)

外から見ると懐かしい!中に入ると新しい!

 (4577)

正面がメインホール、左側がサウスホールになり、ちょうど右側の二条通り沿いにはTSUTAYAやスターバックスなど商業施設がはいるパークプラザになります。
 (4578)

こちらはインフォメーションセンターです。向かって左側の柱は50年前に建てられてもの。右側が今回新設された柱です。この柱の間には見えない50年にわたる歴史の境界線があります。
 (4579)

ちょうどこの線が50年にわたる歴史の境界線といっていいでしょう(笑)
 (4580)

メインホールの壁は、東山の山々がモチーフになり、鉄・すずの絵の具で彩られています。

約2000人を収容するメインホール

 (4582)

さてさて、メインホールに入っていきましょう!
 (4583)

ドーン!!この迫力満点のメインホール。4層バルコニー構造になっており、約2000人を収容できます。
 (4584)

前列の席から全体を見てみました。もちろん音響はじめ、最新の設備が導入されています。
 (4585)

舞台からのこの迫力を見てください。2000席を目の前にした光景はこんな感じです。実際に人が座っていたら緊張で汗が止まらないと思います(笑)
 (4586)

実は結構奥行のある舞台になっており、様々なニーズに対応できるよう設計されています。

迫力のデモンストレーション

 (4588)

さてこれから始まります!ワクワク!
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

岡崎 待ちきれない!2016年リニューアルオープンの「ロームシアター京都(旧京都会館)」【パート2】

岡崎 待ちきれない!2016年リニューアルオープンの「ロームシアター京都(旧京都会館)」【パート2】

前回は、メインホールを中心に新生京都会館こと「ロームシアター京都」を紹介させて頂きましたが、今回はサウスホールを中心にお送りしたいと思います。
【京都の風物詩】琵琶湖疏水に映り込む桜がステキ!「岡崎桜回廊ライトアップ」

【京都の風物詩】琵琶湖疏水に映り込む桜がステキ!「岡崎桜回廊ライトアップ」

京都における文化・芸術の発信拠点「岡崎エリア」。琵琶湖疏水沿いには約400本の桜が植えられております。桜の名所としても知られておりますが、3/30~4/10はライトアップが実施され、幻想的な夜桜を楽しむことができます。
季節のソルベは絶品!岡崎エリアのエレガントカフェ★「Ochi-kochi (オチ-コチ)」【平安神宮】

季節のソルベは絶品!岡崎エリアのエレガントカフェ★「Ochi-kochi (オチ-コチ)」【平安神宮】

季節を食べるをコンセプトに素材を生かしたスイートを堪能できるデザートカフェ。春夏秋冬たのしめるラグジュアリーなティータイムを約束してくれます。
京都随一のカルチャーゾーン岡崎で絶品グルメを楽しむ「厳選7店」人気店から老舗まで【まとめ】

京都随一のカルチャーゾーン岡崎で絶品グルメを楽しむ「厳選7店」人気店から老舗まで【まとめ】

岡崎といえばロームシアターや平安神宮以外にも京都国立近代美術館や京都市美術館といった京都を代表する美術館を中心に、野村美術館や泉屋博古館などツウな美術館までが集う、京都でも随一のカルチャーゾーン。グルメも個性派のお店が揃っています。
岡崎エリアの新星*コンセプトは大人の遊び場「カフェアンドバー ディテール(Cafe&Bar DETAIL)」【岡崎カフェ】

岡崎エリアの新星*コンセプトは大人の遊び場「カフェアンドバー ディテール(Cafe&Bar DETAIL)」【岡崎カフェ】

昨秋東山に誕生したカフェアンドバー ディテール (Cafe&Bar DETAIL)。個性派ホテルが立て続けに登場し、、京都のカフェ事情ではもはや定着しつつあるドミトリー×カフェの融合。デザイナーズカフェらしい、SNS映えするtogoカップ、岡崎の景色を借景に主張したいアイデンティティ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン