2019年10月21日 更新

【四条烏丸】オープンイノベーションスペース「KOIN」行ってきました♪

こんにちは、ぽぽちゃんです。日本経済新聞を読みながら、四条烏丸をふらふら歩いていました。京都にもオープンイノベーションの波が来ているようです。いつもは飲食店ばかりの投稿ですが、今の「京都」を届けるために、ビジネスマンらしい投稿もしていきます。

KOINってなんなの?

Kyoto Open Innovation Network(KOIN)は、四条烏丸の京都経済センター(旧京都産業会館)3階にあります。新しい一歩を踏み出す人のための共創の場として、起業・創業をめざす方や学生、ベンチャー・若手経営者、産業支援機関など、様々な人々が交流できる場所として今、京都で注目されています。
 (166984)

京都経済センターの3Fのエレベーターを出ると、こんな感じです。
突き当りのスペースがKOINです。
 (166780)

京都府、京都市、各関係機関が協力して立ち上げたスペースなので、利用は「無料」です。
簡単にいうと、情報交換やセミナー・仕事が出来るスペースです。
 (166785)


イメージは上記の様です。事業をスケールさせたい起業家志望にとっては、こういう場所があるとありがたいですよね。今日は日曜日だったので、人が少なかったですが、日によってはスタートアッパーや僕のような「クリエイター」が集まっています。

そもそも「オープンイノベーション」とは?

オープンイノベーション(英: open innovation)とは、自社だけでなく他社や大学、地方自治体、社会起業家など異業種、異分野が持つ技術やアイデア、サービス、ノウハウ、データ、知識などを組み合わせ、革新的なビジネスモデル、研究成果、製品開発、サービス開発、組織改革、行政改革、地域活性化、ソーシャルイノベーション等につなげるイノベーションの方法論である。
Wikipediaより引用

テーマは、「時代をつくる出会いを」

少し真面目に書くと、人口減少で経済が停滞していく中、新しい価値を提供できる「プレイヤー」が必要になってきます。KOINはそんな「プレイヤー」が生まれる、育つ土壌なのではないでしょうか。そういった意味で、利用対象を「起業に興味を持った人」「事業を強化したい人」という点が素敵です。「人との出会い」によって新しい価値が生まれたり、アイデアのきっかけが生まれる場所なんですね。掛け合わせは、今のバズワードですもんね。ちなみに利用には登録が必要です。下記の公式サイトより登録をお願いします。

おしゃれで「開放的」

 (166792)

wifi環境も電源もあるし、窓からは太陽の光も入るしはっきり言って最高の環境です。
いすもおしゃれで、居心地が本当に良くて集中できます。
 (166794)

周りでスタートアッパーが夢を語っています。
僕達若い世代が、京都を盛り上げていきたいと改めて強く思いました。

公式ツイッターでは、随時イベント情報が発信中

おもしろそうなイベントが定期的に開催されています。次回は、KOINの中の人に色々聞いていきます。次回投稿を乞うご期待!

施設情報

住所:京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 京都経済センター3階
営業時間:月〜日/ 7:30〜21:00 (最終入館:20:30)
営業時間:7:30〜21:00 (20:30まで入場可能)※不定休を除く毎日営業
アクセス:京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」北改札出てすぐ
阪急電車京都線「烏丸駅」26番出口直結
公式サイト:https://open.kyoto/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ぽぽちゃん ぽぽちゃん