2022年10月5日 更新

天ぷらをメインにした品のいい和食屋さん!人気上昇中の「Kazuka 多佳」

京阪 出町柳駅から徒歩圏内。天ぷらをメインとした使いやすく、品のいい和食屋さん「Kazuka 多佳」なり。

出町柳で話題の天ぷらメインの和食屋さん

 (230191)

鴨川ぞいの遊歩道をゆるゆると歩くのがこの季節、なんだかいい感じですな。そろそろ日が落ちるころなのに、川の中で何かを捕まえている小学生たち。
 (230192)

すっかり陽が落ちて、やってきた出町柳。場所はビストロスリージェの南側、お店の名前は「Kazuka多佳」なる天ぷらをメインに出されている和食店。ランチの天ぷら定食は¥1200で想像以上のしっかり系!とのうわさで気になっていたのですが、夜もお安いことが判明し、予約を入れたわけで。店内に入ると、白木のL字型カウンターが目に飛び込んでくるカウンター9席のみのスッキリした店内。
元々、銀閣寺の近くでやられていて、昨年末にこちらに移転された模様。
 (230193)

カウンター席の隅っこに陣取り、さあ、きょうはどうしようかということに。夜はお決まりが¥3300(税込み)で、前菜にお刺身、椀物に天ぷらが何種類かついてきて、天ぷらの追加やご飯物は別料金!というお手頃且つ腹具合で量の調整がしやすい仕組み。予約の際にお決まりをお願いしてあるので、スタートは特に悩むことなく。
 (230194)

更に驚くべきは日本酒ラインナップ。種類は7種類で税込み価格表示ですが、全て1合単位のお値段。変な居酒屋よりかなりお安いという。柔和で実直そうなご夫婦お二人で回されているので、ボトルをプレゼンするようなサービスはないのですが、ちょっとビックリ価格なのだ。
 (230195)

つき出しは、おろした山芋を固めたお豆腐的な。「養老豆腐」と言うそうな。ポン酢系の味付けでサッパリとスタート。 
 (230196)

八寸を出して頂く。ひょっとこの小鉢には、おから。胡桃、具材が色々入っている玉子焼、海老の菊鮨、ぎんなんとマスカットなど。¥3300コースでこういう丁寧なお料理は嬉しい。
 (230197)

これは日本酒にスイッチでしょう!ということに。酒器はこういう大ぶりなものが多く・・・
 (230198)

このような出し方。お酒毎に盃を交換してくれる丁寧さ。で、お酒は我が街伏見は玉乃光酒造謹製「玉乃光 純米吟醸」¥660!からスタートしたような。
 (230199)

お刺身は、程良い酢の入り加減の〆鯖、それに鯛。いやー、ちゃんとしているよねえ!ということに。
 (230200)

壁に黒板メニューが掲示してあり、日替わりが書いてあるのですが、斜め方向なので見にくいなと目を細めていたら、サービス担当の奥様が見やすいようにしてくれたのですな。これは天ぷらは追加する方向だよねえということに。
 (230201)

椀物。鱧で、菊花を添えた葛餡に茹でた蕎麦の実を散らした一品。大黒シメジ。ぐっと抑えた味ではんなりしますな。
 (230202)

お次は、多分呑んだ事ないよ~!いうことで、長野の高澤酒造謹製「豊賀 無濾過生原酒」¥800に挑戦。女性の杜氏さんでお若い作り手のようですが、これまた見事な食中酒だったような。
 (230203)

で、おつぎがこちら。上に乗っているのはマッシュした南瓜とチップス。甘口のみたらし団子の蜜に似たソースが掛かっている。
 (230204)

和牛の丹波焼なり。秋ですな~!という感じ。サイズは可愛いのですが、これまたちゃんと美味しい。
で、いよいよ天婦羅の登場。
 (230205)

御店主の目の前なら、1品づつ追加してくれそうなのですが、カウンターの隅っこで油除け板の前なので、こういう形でサーブされる。0時の方向から時計回りで、ししとう、天使の海老(足と本体)、蓮根、鰆かな。鰆は表面に素麺?なのかカリカリした衣付き。どれもふんわりと軽やかな揚げ上がりで、油切れも良く美味しい。

旨い旨いと一瞬で食べてしまい、追加の天ぷらとお酒をお願いする。
 (230206)

で、お次のお酒。北海道旭川の男山株式会社謹製「男山 生酛生原酒」¥660を。もう結構いい気分で覚えちゃいないのですが、旨かったような!
 (230207)

追加は、0時の方向から時計回りで、肉厚のしいたけ、ふたたび天使の海老、鱧、キスという全部好きなモノを。一人前ずつこのセットで。いやー軽やかですな。いくらでも食べられそうな感じ。
 (230208)

私はご飯セット¥360を。しじみの赤出しと香の物付きで、これまたしみじみと良いお味。
 (230209)

満席ではないのですが、次々と入れ替わりでお客様がやってきて客が途切れない日。奥のカップルが帰られたのでパチリ。お値段は居酒屋クラスなのですが、雰囲気や設えは正統派割烹店。近所の方々の晩御飯場所としても使われているようで、常連さんは天ぷら定食的なお決まりを食べ、さっと撤収!という使い方をされているのだ。

以上で滞在時間は1時間半、生ビール中1、小1、日本酒3合とお酒は少々控えめで軽やかディナー。〆て¥11000!という、いやー、これはお安いですよねえ!という感想。 
いまのところ「品の良い秘密基地」のような感じなのですが、ご近所の天ぷら好きには既にがっちり支持されているお店ですな。ランチはありえなさ度が更に一ランクアップするようなので、また機会を狙ってきたいと思います。御馳走様でした、オススメです。

店舗情報

店名:Kazuka多佳
住所:京都市左京区田中下柳町9-7
営業時間:12:00~13:30 17:00~21:30
定休日:月曜日・日曜日夜営業
TEL:075-744-6697
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。

オススメの記事