2016年9月11日 更新

丹波橋 老舗パン屋「ゲベッケン」驚きの〇〇パンとは?【イートインあり】

京阪本線・「丹波橋」駅から、丹波橋通りを下ること約2分・・・ 普段使いのパンから、贈答品の焼き菓子まで幅広い品ぞろえのパン屋さん「ゲベッケン」にたどり着きます。

駅近なのがいいですね。
昔から地元民に愛されてきた老舗のパン屋さんです。

店舗は他に、本店深草店と泉涌寺店がありますよ~
 (54243)

いきなりですが・・・じゃーん(^O^)

これってなんのパンだと思いますか?

粉もんっぽい雰囲気をかもし出すこのパンの正体は?

 (54244)

上に天かすがまぶしてありますが、一体・・・
 (54246)

パカっ!! 答えは、その名も『京・だし巻き食堂』。

”赤穂の新鮮な卵を使い毎朝丹念に焼き上げただし巻き玉子を紅ショウガとマヨネーズと一緒にパンに包み込みました。”という驚きの、だし巻き入りパンなのです(^O^)

肝心のお味は、優しいおだしの味わいで紅ショウガがいいアクセントになって美味しかったです!
初見は少しB級グルメな印象を受けましたが、パン生地もしっとりやわらかく、美味しく頂けました~(*^_^*)

テレビ番組のケンミンショーでも紹介されたことがあるそうです。

2Fは自由度高めのイートインスペース

 (54249)

 (54250)

天井のガラス模様がレトロで印象的ですね。昔はそれこそこちらで喫茶をやられていました。
パスタやサンドイッチなどの軽食がいただけて、私も幼少のころを思いだしました(*^_^*)
 (54251)

お子さん用のお楽しみグッズも置いてありました。子供はすぐ場にに飽きてしまうので、助かりますね(*^_^*)
この塗り絵、ジバニャンがパンを持っていました!さすがパン屋さんです~笑
 (54252)

この日いただいたのは、ミックスサンド・アンパンマンのチョコパン・野菜タマゴを挟んだクロワッサンです。
朝だったので野菜を食べたい気分でした!こういったパンの種類も豊富でしたよ。
 (54253)

京都菓子職人の焼き菓子も魅力的です!ぜひ一度訪れてみてくださいね(*^_^*)

ゲベッケン 丹波橋店への口コミ

ゲベッケン 丹波橋店 基本情報

名称:ゲベッケン 丹波橋店
住所:京都市伏見区両替町10-223-1
営業時間:7:00~19:00
定休日:なし
関連URL: http://www.eonet.ne.jp/~gebekken
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都らしい変わり種パンもあり!伏見の名水を使った食パンも美味☆「ゲベッケン深草本店」

京都らしい変わり種パンもあり!伏見の名水を使った食パンも美味☆「ゲベッケン深草本店」

京都のパン屋さんの中ではわりと古め。昭和56年創業。珍しい創作パンが有名で、中でもだし巻きパンはこちらの看板商品。市内に3店舗あり、今回は本店へ行ってきました。
惚れれてまうやろモーニング★深草の「ナッティ エクスプレス (natty express)」 【伏見モーニング】

惚れれてまうやろモーニング★深草の「ナッティ エクスプレス (natty express)」 【伏見モーニング】

深草商店街にある地元の皆様に愛されるローカル感が堪らなく落ち着くセルフスタイルカフェ。珠玉のモーニングセットに気取らない空間も魅力。natty=『スタイリッシュな』express『迅速な』、ネーミングを裏切らない使い勝手にも注目です。
気分はヨーロッパ★トーストは匠の柔らかさ「ゲベッケン本店」【伏見モーニング】

気分はヨーロッパ★トーストは匠の柔らかさ「ゲベッケン本店」【伏見モーニング】

ケンミンSHOWで紹介されただし巻きパンでお馴染み「ゲベッケン本店」 本店で楽しめるモーニングで頂くトーストは味も見た目もヒト技あり★
大山崎*長岡京の人気ベーカリー「CINQ PAIN(サンク パン)」移転リニューアルでイートインも!【開店】

大山崎*長岡京の人気ベーカリー「CINQ PAIN(サンク パン)」移転リニューアルでイートインも!【開店】

長岡京市でおいしいと評判のベーカリー「CINQ PAIN」。3/12大山崎に移転、今度は店内が広くなり駐車場完備、そしてイートインスペースも併設。これがかなりオシャレで早くも話題に。話題を聞きつけ早速訪問してきました!
【京都パンめぐり】一体どんなパン?興味津々!イートインスペースあり☆「テクノパン」【淀】

【京都パンめぐり】一体どんなパン?興味津々!イートインスペースあり☆「テクノパン」【淀】

誰もが、それは一体どんなパンなんだ?と気になってしまう店名(笑) そして、店名のインパクトだけではなく美味しいと評判。そんなパン屋さん「テクノパン」をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー