2016年8月26日 更新

宇治の街を見守ってきた歴史ある神社!平等院の鎮守とされた「縣神社(あがたじんじゃ)」

宇治の「縣神社(あがたじんじゃ)」に行ってきました。JR・京阪宇治駅からも徒歩圏内の場所です。

宇治を見守ってきた歴史のある場所

 (51312)

縣神社参道を抜けところに位置する縣神社です。創建は1052年、すぐ近くになる平等院の鎮守とされてきた歴史のある神社です。
 (51313)

入口の鳥居をくぐってすぐ、左側には井戸(縣井 あがたい)があります。
平安時代以来、古歌でもしばしば登場します。
 (51314)

こちらが本殿です。
縣祭りには何度か訪れたことはありますが、縣神社には初めてきました。
縣神社は、御祭神、木花開耶姫命の故事にのっとり、昔から女性の守護神として信仰されているそうです。
安産・子育てを祈願される方が多く参拝されます。

縣祭りのハイライト

 (51315)

梵天奉納所(ぼんてんほうのうしょ)です。
縣神社といえば、6月5日に行われる縣祭り!そのハイライトは、梵天渡御(ぼうてんとぎょ)。
明かりの消された境内から梵天が渡御される様子はロマンに溢れています。
その梵天が鎮座されているが、この梵天奉納所です。
 (51614)

こちらは大幣殿(たいへいでん)。
6月8日に行われる「大幣神事」は、900年以上続く神事です。平穏な宇治の街を願い行われる神事であり、「疫病」を祓い宇治川に流す「大幣」を収める場所です。
 (51317)

木の花桜と呼ばれ、ほかの桜に先駆けて毎年美しい花を咲かせくれます。春には多くのが花見客でにぎわいます。
また春に来たいです。

これといって派手さのある神社ではありませんが、歴史を感じる落ち着いた雰囲気のある場所です。縣祭りだけはなく、神社の方にも一度足を運んで頂きたいと思います。

縣神社(あがたじんじゃ) クチコミ情報

縣神社 店舗情報

名称:縣神社
住所:京都府宇治市宇治蓮華72
電話番号:0774-21-3014
公式HP:https://www.facebook.com/agatajinjya
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

紫式部 "源氏物語"の舞台。日本三古橋の一つとして知られる「宇治橋」

紫式部 "源氏物語"の舞台。日本三古橋の一つとして知られる「宇治橋」

意外と知らない宇治市の魅力にせまってみます!宇治の象徴、宇治橋の紹介です^^
桜舞い、闇夜に浮かぶ鳳凰堂|世界遺産・平等院【ライトアップ】

桜舞い、闇夜に浮かぶ鳳凰堂|世界遺産・平等院【ライトアップ】

宇治市にある世界遺産・平等院では、4月5日~9日にライトアップと夜間特別拝観が行われていますので、その様子を存分にお伝えします。
闇夜に浮かぶ"鳳凰堂"と紅葉の競演は圧巻の美しさ!「世界遺産 平等院」で紅葉ライトアップ!

闇夜に浮かぶ"鳳凰堂"と紅葉の競演は圧巻の美しさ!「世界遺産 平等院」で紅葉ライトアップ!

2012年以来、平等院で夜間拝観が行われます。拝観日も少なく、今秋注目の紅葉ライトアップです。闇夜に浮かぶ鳳凰堂と紅葉の競演をたのしんでください。
京都・平等院前で宇治らしい抹茶ビールを!「赤門茶屋」

京都・平等院前で宇治らしい抹茶ビールを!「赤門茶屋」

宇治、平等院前にある甘味やお土産処の「赤門茶屋」で抹茶ビールなり。甘味やお土産も買えるお店。
宇治ならではの地元フード"抹茶たこ焼き"!平等院表参道の名物!「蛸Q(たこきゅー)」

宇治ならではの地元フード"抹茶たこ焼き"!平等院表参道の名物!「蛸Q(たこきゅー)」

宇治と言えば、やっぱり抹茶が有名ですが、なんと抹茶のはいったたこ焼きが頂けるお店が、平等院の表参道にあります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし