2019年5月16日 更新

京阪電車が2駅の駅名変更を発表!地域連携&観光強化のために

京阪電車の八幡市駅と深草駅の駅名を変更すると発表されました!

京阪電車が八幡市駅と深草駅の駅名変更を発表

5月14日、京阪電車が2駅の駅名を変更することを発表しました。
2019年10月1日~ 実施されます。

「八幡市」 → 「石清水八幡宮」(いわしみずはちまんぐう)
「深草」 → 「龍谷大深草」(りゅうこくだいふかくさ)

先般、神宮丸太町、祇園四条、清水五条など、駅名変更が実施されました。京都に長く住んでいる人は四条・五条でだいたいの場所がイメージ沸きますが、観光で来られる人たちには確かに伝わりにくい。こういった駅名だと「この駅がこの場所の最寄り駅」というイメージがわきやすいですね!

国宝・石清水八幡宮

 (152943)

八幡市は、京都府南部に位置する人口約7万人の都市です。
石清水八幡宮は、2016年に国宝に指定されました。

宇佐神宮・筥崎宮または鶴岡八幡宮と共に日本三大八幡宮の1つとして数えられます。また宮中の四方拝で遥拝される神社の1つで、本殿を含む建造物10棟が国宝に指定されています。
石清水八幡宮

石清水八幡宮

深草駅は龍谷大前深草に

 (152948)

深草駅西口を降りるとすぐ、龍谷大深草キャンパスがあります。
私も龍谷大文学部の出なので、とても懐かしい思いです。もう10年以上前ですが(笑)

今では、改築・増築されてキレイになっており、西門前にはスターバックスもできています。
周辺にも、学生向けのボリューミーかつリーズナブルなお店がいっぱいあるので今度そんな切り口の記事も書きたいなと思っています。
京都の大学では唯一の学内スタバ!

京都の大学では唯一の学内スタバ!

鋼索線の車両デザインも一新&駅名変更

京阪特急おなじみのツートンカラーに!

京阪特急おなじみのツートンカラーに!

八幡市駅から石清水八幡宮に上るには、ケーブル電車・鋼索線を利用しますが、その車両デザインと駅名も変わるそうです。

【車両デザインは6月19日~】
陽(赤)は「あかね」、月(黄)は「こがね」と車両の愛称も新たに設定し、6月19日(水)から外観・内装ともに変更します。
 (152965)

【駅名変更は10月1日~】
「男山ケーブル」→「石清水八幡宮参道ケーブル」
「八幡市」→「ケーブル八幡宮口」
「男山山上」→「ケーブル八幡宮山上」
新駅のイメージ

新駅のイメージ

いかがでしょうか?

八幡市や龍谷大付近には、京都の人でもあまり行く機会がなかったという人も実は多いのでは?
これをきっかけに、ぜひ一度足を運んでみてください。

さらに気になる方は、京阪のSNSやHPもチェックしてください!

関連ページ:
https://www.keihan.co.jp/
https://twitter.com/okeihan_net
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

絶品すぎる鯖寿司!知る人ぞ知る、創業100年の八幡の名店「朝日屋」

絶品すぎる鯖寿司!知る人ぞ知る、創業100年の八幡の名店「朝日屋」

京阪八幡市駅前にある「朝日屋」さんです。その歴史は100年以上、鯖寿司が評判のお店です。
気分はサラブレッド!?京都競馬場で初のマラソンイベントが開催されました☆【KYOTO競馬RUN】

気分はサラブレッド!?京都競馬場で初のマラソンイベントが開催されました☆【KYOTO競馬RUN】

「JRA京都競馬場」のバックヤードを走る!☆普段、関係者しか通れない地下通路やパドックを走るマラソンイベントが開催されました☆競馬ファンならずとも楽しめる仕掛けがいっぱい☆馬券付きで競馬も楽しめます♪
【京都八幡】休日限定!京風たこ焼き「いっちゃん」

【京都八幡】休日限定!京風たこ焼き「いっちゃん」

ソースを一切使わず、あっさり鰹出汁で勝負した外カリ中フワな絶品たこ焼き。
【京都お寺めぐり】地名『六地蔵』の由来となるお寺!京都六地蔵めぐりの要所☆「大善寺」

【京都お寺めぐり】地名『六地蔵』の由来となるお寺!京都六地蔵めぐりの要所☆「大善寺」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回ご紹介するのは地下鉄六地蔵駅にもほど近い場所にあるお寺。地名『六地蔵』の由来にもなり、京都六地蔵めぐりの一つ。
とろける口溶け!クレオパトラのオムライス★ポポロヒロバ【伏見カフェ】

とろける口溶け!クレオパトラのオムライス★ポポロヒロバ【伏見カフェ】

京都伏見の大箱エンタメカフェ。創業当時から変わらない本格派洋食メニューにはスケールの大きさを感じるネーミングがずらり。オムライスメニューのとろける牛タンとデミグラスソースのマリアージュ。絶世の美女も唸るグルメオムライス。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

T.Yamada T.Yamada