2017年4月24日 更新

心ときめく羊羹に出会えるなんて…!西陣の新たな魅力「うめぞの茶房」

みたらし団子、かき氷や抹茶のパンケーキ等で有名な老舗梅園が、今年2017年3月に新しく西陣に羊羹専門店をオープン。

新しい店は静かな住宅地にひっそり佇む

 (78438)

うめぞの茶房は西陣の閑静な場所にある町家を店舗にしていた。のれんがある左側が入り口で、右側の黒枠でガラス貼りのところは「紙添え」という別の店。
 (78440)

年季の入った素材を使った控えめな看板。上には手書きのメニュー。今までの梅園の店舗は種類が豊富だが、こちらは飲み物と羊羹のみというなんとも攻めたラインナップ。のれんをくぐりいざ店内へ。

これが羊羹…?今までのイメージを変える新しいお菓子

 (78443)

あかりの落ち着いた店内。そしてショーケースの中には品のある可愛らしい羊羹が。果実やクリームが乗っている様はまるでケーキのよう。「かざり羹」というらしい。寒天とわらびで練り固めているらしいが、味はいかに。

贅沢なひとときをいただく

 (78446)

2階でイートインが可能なので、持ち帰らず食べることに。カウンターとテーブル席があり、広くはないが光がよく入るので程よい開放感がある。まさに落ち着く空間と言った感じだ。
 (78448)

今回は「フランボワーズ」と「カカオ」 を焙じ茶とともにいただく。どちらも羊羹に合うのか?と半信半疑になりつつ気になったので頼んでしまった。ちなみにこの四角い2つは通年販売で、丸い形の期間限定商品もある。
 (78450)

まずはフランボワーズから。
深い赤紫色の羊羹の上に白あんをクリームのように絞り、ゆずとピスタチオがかかっている。恐る恐る口に入れてみる。
とける…!歯が入らない、まるでムースのよう。フランボワーズの酸味が広がる。あとから和の白あんが余韻を残し、ゆずとピスタチオと食べることで味が遊び始める。
 (78452)

次はカカオ。
なんと生クリームが絞られ、キンカンの甘露煮が乗り、一味もかけられている。こちらは甘すぎないカカオが上品で、美味いの一言。渋みのないキンカンが程よい存在感を出してくる。夢中で食べていたら、口の中に少し刺激を感じた。そうだ、一味だ。存在を忘れるなかれと現れた。スイーツに辛味を入れるのは徐々にメジャーになってきている気はするが、羊羹でも登場するとは。これはカカオがなせる技。

気をつけないとすぐに食べてしまいそうだったので、焙じ茶を挟みながら一口一口大事に頂いた。

うめぞの茶房でしかいただけない新たなお菓子「かざり羹」。大徳寺や今宮神社を観光した後に、またはこれ目当てに足を伸ばしてみては。

店舗情報

店名:うめぞの茶房
住所:京都府京都市北区紫野東藤ノ森町11−1
電話番号:075-432-5088
営業時間:11:00〜18:30
(テイクアウト、イートインのラストオーダー18:00)
定休日:不定休
ホームページ:http://umezono-kyoto.com/nishijin/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都スイーツめぐり】老舗甘味処『梅園』姉妹店!洋菓子感覚の和スイーツ☆「うめぞの茶房」

【京都スイーツめぐり】老舗甘味処『梅園』姉妹店!洋菓子感覚の和スイーツ☆「うめぞの茶房」

おおきに~豆はなどす☆今回は鞍馬口通沿いにある老舗甘味処『梅園』の姉妹店。フルーツや洋菓子向け素材を和菓子にアレンジした創作スイーツが女子に人気。
【京都和菓子めぐり】今宮神社名物門前菓子!創業1000年余の伝統の絶品あぶり餅「一文字屋和輔(一和)」

【京都和菓子めぐり】今宮神社名物門前菓子!創業1000年余の伝統の絶品あぶり餅「一文字屋和輔(一和)」

今宮神社参拝の際には、素通りするわけにはいかない和菓子店。創業1000年の老舗中の老舗。そして、冷え込む時期にちょうど食べたくなる絶品のあぶり餅。行ってきました。
【続報】「うめぞの茶房」のイートインがハイレベルで素敵すぎる♡【和菓子】

【続報】「うめぞの茶房」のイートインがハイレベルで素敵すぎる♡【和菓子】

先日お知らせした鞍馬口通りの「うめぞの茶房」。雰囲気に魅せられて我慢できずに(笑)イートインしてきましたのでお伝えいたします。
いにしえより変わらぬ味を楽しむ、あぶり餅☆本家かざりや【今宮神社】

いにしえより変わらぬ味を楽しむ、あぶり餅☆本家かざりや【今宮神社】

今宮神社といえばあぶり餅。夏は緑豊かな風情あるお庭を眺めながら冷たいお茶といただく甘く香ばしいあぶり餅は何度食べてもどこか懐かしい味なのです。
【京都ランチめぐり】大徳寺スグの京町家フレンチ!希少野菜やジビエの繊細料理たち☆「bistro chic(シック)」

【京都ランチめぐり】大徳寺スグの京町家フレンチ!希少野菜やジビエの繊細料理たち☆「bistro chic(シック)」

おおきに~豆はなどす☆今回は大徳寺東、住宅街にある町家フレンチ。亀岡産希少野菜やジビエを使い、繊細に仕上げた料理が光る。ランチでお邪魔しました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あおさん あおさん