2022年4月2日 更新

【海の京都】とれたて新鮮な日本海の幸が満載☆干物や大粒牡蠣はお買い得「舞鶴かね和」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都府舞鶴市にある大箱鮮魚店。広々駐車場も完備され、舞鶴で水揚げされた鮮魚をはじめ海産物がお買い得。

とれたて新鮮な「海の幸」満載

 (221392)

京都府舞鶴市。通称『海の京都』として知られるエリア。その西エリア、国道沿いにある鮮魚店『舞鶴かね和』。

この日は観光で舞鶴に立ち寄り、せっかく海の幸が豊富な土地にきて海産物を買わずして帰るのはもったいない、ということでお店を探していてこちらを発見。

他にも鮮魚店多数ありましたが、ちょうど車で帰りの道すがらでした。比較的大箱の鮮魚店で駐車場も広々。
 (221393)

 (221394)

まず、店前には干物が各種。ハタハタとスルメイカの一夜干し。見るからに干物にする前の状態がいいものだったことがわかる品々。
 (221395)

店内には舞鶴港で水揚げされた魚介類中心に、練り製品や加工品など各種冷蔵ケースに収まっていました。
 (221396)

こちらは真サバやノドグロなどまるまる一尾の状態で。ま、スーパーではさばいて切り身になったものが常ですが。
 (221397)

さらに、ここにたどり着くまでのランチでカキフライを食べましたが、その大粒さに感動した久美浜産の牡蠣。大粒であり、しかも1袋500g入りでこの値段は割安です。

 (221399)

さらにイカはこの時、紋甲イカ、冬が旬の冬イカ(ヤリイカ)、大容量のホタルイカ。どれも鮮度よし。
 (221400)

さらに、丸々とした魚体の真アジやカワハギも。ウマヅラ。
 (221401)

加工品もかまぼこ類、塩辛類、海藻類など一通り。海産物系じゃないものもありました。ご当地モノ。
 (221402)

で、今回はまあ近所のスーパーではほとんど見かけることのない大きさの紋甲イカと久美浜産カキを入手。大量に保冷剤を入れてくれるので無問題。そしてハタハタの一夜干しも購入。
 (221403)

じつはこの日、昼間に舞鶴の海鮮系のお店でカキフライを食べた後でしたが、それでもカキフライが食べたい!ということで、当日の夜、自宅でもカキフライを作ってみました。そしてハタハタも焼いて。あと、紋甲イカはさばいて皮をむいてから軽く炙ってマヨ醤油七味で。
 (221404)

昼間食べたカキフライもゲンコツサイズでしたが、自宅で揚げたカキフライもそれに負けず劣らずのビッグサイズ。カキも最初からこれだけ大きいと揚げるのにもテンション上がります(笑)大粒のほうが扱いやすいというか。一からつくるのがめんどうな方には、衣付きのものも販売されていました。
 (221405)

そこへ自家製の具沢山タルタルソースをたっぷりかけて(笑)
もうたまらん美味しさでした。久美浜産カキのポテンシャルが高すぎるというか。おそらく、どんな調理を施しても美味しく仕上がる久美浜産カキ。これから海の京都方面で久美浜産カキを見つけたら即買いだな、と思えるほど。オススメの鮮魚店です!

ヨーイヤサ〜♪

詳細情報

名称:舞鶴かね和
場所:京都府舞鶴市京田555−1
電話:0120‐75‐0586
営業時間:8時30分~18時00分
定休日:元日・1月4日、不定休
公式サイト:https://kanewa-m-com.ssl-xserver.jp/p002.html
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事