2017年11月9日 更新

冬の風物詩”カキフライ”をお値打ち価格でたっぷりと!「手作り洋食の店 おおさかや」

千本北大路、手作りの洋食メニューが人気の「おおさかや」さんです。冬のあの名物が超人気のお店なんです。

手作り洋食が人気のお店

 (64719)

元々人気だったのですが、SNS界隈を中心に話題沸騰中の千本北大路の交差点にある「手作り洋食の店 おおさかや」さんです。

冬の風物詩カキフライがお値打ちでたっぷりと頂けると人気なんです。

念のためですが「おおさかや」さんですが、お店の場所はもちろん京都ですよ(笑)
 (64720)

店内はテーブル席がメインでカウンター席がちょっとだけ。この日、平日の14時頃にも関わらずほぼほぼ満席という人気ぶりでした。
 (64721)

そう!お目当てはこちら!冬の風物詩、カキフライ!
プリプリで濃厚、カキフライを食べないと冬は始まりません(笑)

カキフライ以外のメニューも豊富すぎて、一緒にいく人を選びませんよ。

ビックリ量のカキフライ定食

 (102457)

カキフライ定食(1030円)です。

これです、これを待ってました。大ぶりのカキフライが10個ものっています。信じられます?これで1030円です。

ご飯、お味噌汁、お漬物、小鉢に、カキフライの最高のお供であるタルタルソースがたっぷりついてきます。
 (102458)

「一個一個丁寧に殻から外し、衣はやさしく、揚げられていてます」とのことでした。
衣はサクッと濃厚でミルキーなカキは大ぶりで食べ応えあります。
自慢のカキフライは濃厚で数も多いので、食べ終わるころには鼻血がでそうなほど(笑)

このカキフライをお目当てに、この日も多くのお客さんが来られていましたよ。
 (102460)

こちらはカキフライと手作りのクリームコロッケのセット、かきコロセットです。同じく1030円です。

セットでもカキフライが7個のっていて、ほかのお店ではメインほどの量です(笑)
 (64726)

特製のソースがたっぷりかかったカニクリームコロッケも絶品です!
中のクリームもクリーミーでコクが、カニの風味もたっぷり!!
大きさ的にも食べ応えもあり、こちらもオススメです。
 (102459)

もう一度、タルタルソースたっぷりのカキフライを(笑)
心ゆくまでカキフライを堪能できるお店です。

記事を書いていたら、またカキフライ食べたくなってきました。。

冬の風物詩カキフライをまだ食べてない方、おおさかやのカキフライが超オススメですよ!ぜひ行ってみてください。

手作り洋食の店 おおさかや クチコミ情報

手作り洋食の店 おおさかや 店舗情報

店名:手作り洋食の店 おおさかや
住所:京都市北区紫野下御輿町7
営業時間:11:30~15:00 . / 17:30~22:15
定休日:水曜日
TEL:075-451-5524
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都洋食めぐり】冬場の名物メニューカキフライはボリューム満点!地元密着のデイリー洋食「おおさかや」

【京都洋食めぐり】冬場の名物メニューカキフライはボリューム満点!地元密着のデイリー洋食「おおさかや」

やっと行けました(笑)千本北大路にある地元密着型の洋食店。とくに冬場のカキフライはこちらの名物メニュー。SNSでもよく話題にのぼる人気店。
ファン多数!風物詩のカキフライマウンテン!街の人気店「手作り洋食の店 おおさかや」

ファン多数!風物詩のカキフライマウンテン!街の人気店「手作り洋食の店 おおさかや」

千本北大路の「手作り洋食の店 おおさかや」なり。今回のお目当ては風物詩のカキフライ!
【京都ランチめぐり】国宝展帰りにアットホームな洋食が人気!大ぶりカキフライがうれしい☆「本町亭」【京都国立博物館スグ】

【京都ランチめぐり】国宝展帰りにアットホームな洋食が人気!大ぶりカキフライがうれしい☆「本町亭」【京都国立博物館スグ】

京都国立博物館の国宝展帰りに立ち寄った洋食ランチ。この辺りでは有名な老舗洋食店。アットホームな雰囲気で人気。行ってきました。
哀愁感じて委員会★昭和風情溢れる老舗純喫茶*「喫茶 翡翠(ひすい)」【北大路】

哀愁感じて委員会★昭和風情溢れる老舗純喫茶*「喫茶 翡翠(ひすい)」【北大路】

推定半径100メートル以内に撃ち放たれるエメラルドの誘いで貴方をいにしえの楽園へナビゲート。 翡翠をクリアした貴方は哀愁貴族の仲間入り。
懐かし町家でボリュームホッコリ中華ランチ!「中華 六六」@北大路堀川の巻っす

懐かし町家でボリュームホッコリ中華ランチ!「中華 六六」@北大路堀川の巻っす

北大路堀川を少し西へ進んだところにある「中華 六六」さんっす。町屋を改装した店舗でほっこり中華ランチをいただきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし