2016年10月7日 更新

【京都市美術館】早くも話題沸騰中!伊藤若冲展「若冲の京都 KYOTOの若冲」へ行ってきました!!

京都市美術館で現在開催中の「若冲の京都 KYOTOの若冲」展。開催初日の朝から行ってきました!

開催日初日朝10時ごろの様子

 (57482)

 (57481)

もう早い目に行ってゆったり鑑賞しようと、展覧会初日の朝10時頃。空いてるわ~やっぱり先手必勝!
 (57483)

イエスイエス☆ガラガラ~!
ヒューヒュー♪と鼻歌交じりに入館。でも、意外と私みたいに先手必勝志向の人多く、館内は外観とは違いそこそこ混んでました(汗)あと、京都新聞の取材陣も。さすが、人気者の若冲。
 (57484)

当然、中は撮影禁止。ダリ展の時みたいに、ここは撮影オッケー!て場所も皆無。ま、仕方ありません。

最後、俯瞰で売店だけ。
 (57485)

ネタバレになってしまうんであまり言えませんが、私的には今年行った展覧会の中で一番よかったです。作風が独特で粋な人だなぁ~若冲!という印象。とくに印象的だったのが、墨絵の技法の多彩さ。濃淡の立体表現と平面的な表現の組み合わせの妙。鶏の尾に見られる、筆使いの大胆さ。あぁ、こんな絵柄の浴衣あったら、粋だなぁ~と、また妄想。あと、アングルの切り取り方もカメラ的。まあ、いろんな感動がありました。もう、すごくオススメです!!

他にも開催されている若冲展

 (57487)

こちらは烏丸今出川にある臨済宗相国寺。
 (57486)

 (57541)

こちらの承天閣美術館でも伊藤若冲展やってます。この機会にいろんな若冲展に足を運ぶのもいいでしょうね。

ヨ~イヤサ~♪

「若冲の京都 KYOTOの若冲」への口コミ

「若冲の京都 KYOTOの若冲」基本情報

【概要】
会場:京都市美術館
住所:京都市左京区岡崎円勝寺町124
会期:2016年10月4日(火)~12月4日(日)
    月曜日休館(ただし10月10日(月・祝)は開館)
開館時間:9:00~17:00 入場は閉館の30分前まで
     ただし、10月8日(土)・9日(日)は19時まで開館
     (入場は閉館の30分前まで)
料金: 一般:1,200円(1,000円)
   高大生:1,000円(800円)
    小中生:500円(300円)
     ( )内は前売り、および20名以上の団体料金
    小中生は土日祝 無料 障害者手帳等をご提示の方と介助の方1名は無料

関連サイト:
http://www.mbs.jp/jakuchu-kyoto/
http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/kmma/exhibition/2016_7_fiscal_Jakuchu.html
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都国立近代美術館】日本国内で唯一開催!総合芸術学校創立100年を記念した展覧会☆「バウハウスへの応答」

【京都国立近代美術館】日本国内で唯一開催!総合芸術学校創立100年を記念した展覧会☆「バウハウスへの応答」

日本では巡回なしの唯一開催になります。岡崎・京都国立近代美術館で絶賛開催中の展覧会。会期中、無料観覧日を設けていたり、週末には夜間開館も実施され、避暑観覧も。初日に行ってきました。
【芸術の秋】京都が生んだ天才画家!伊藤若冲生誕300年記念展覧会「若冲の京都 KYOTOの若冲」【京都市美術館】

【芸術の秋】京都が生んだ天才画家!伊藤若冲生誕300年記念展覧会「若冲の京都 KYOTOの若冲」【京都市美術館】

いよいよ明日から始まります。京都が生んだ江戸時代の天才絵師・伊藤若冲生誕300年を記念した展覧会。
【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

すでに絶賛開催中の京都国立近代美術館「横山大観」展。平日でもかなりの混雑で、その注目度、人気度の高さがうかがえる展覧会。前後期と展示内容も変わる中、前期に行ってきました。
開館20周年記念展!京都が生んだ天才画家☆「はじまりは、伊藤若冲」展【細見美術館】

開館20周年記念展!京都が生んだ天才画家☆「はじまりは、伊藤若冲」展【細見美術館】

会期終了間近。岡崎にある開館20周年を迎える細見美術館へ。江戸時代中期、京都が生んだ天才画家・伊藤若冲の作品を中心に、館蔵の江戸絵画もずらり。行ってきました。
【京都ランチめぐり】話題のゴッホ展限定の特別メニュー!美術館内で熱々自家製パスタ☆「Café de 505 (カフェ・ド・ゴマルゴ)」

【京都ランチめぐり】話題のゴッホ展限定の特別メニュー!美術館内で熱々自家製パスタ☆「Café de 505 (カフェ・ド・ゴマルゴ)」

現在、京都国立近代美術館で絶賛開催中のゴッホ展。観覧終了後、館内にあるカフェでゴッホ展にちなんだ限定メニュー発見。ゴッホブームにあやかって食べてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな