2016年10月4日 更新

【芸術の秋】京都が生んだ天才画家!伊藤若冲生誕300年記念展覧会「若冲の京都 KYOTOの若冲」【京都市美術館】

いよいよ明日から始まります。京都が生んだ江戸時代の天才絵師・伊藤若冲生誕300年を記念した展覧会。

今年の美術界注目度ナンバーワン!

今年一番注目を浴びる日本の画家・伊藤若冲。今年は生誕300年ということで、美術情報誌やアート界では若冲の話題でもちきり。そして、全国各地で若冲にまつわる展覧会やイベントが開催。

京都なくしては生まれなかった作風

 (57200)

【概要】
会場:京都市美術館
住所:京都市左京区岡崎円勝寺町124
会期:2016年10月4日(火)~12月4日(日)
    月曜日休館(ただし10月10日(月・祝)は開館)
開館時間:9:00~17:00 入場は閉館の30分前まで
     ただし、10月8日(土)・9日(日)は19時まで開館
     (入場は閉館の30分前まで)
料金: 一般:1,200円(1,000円)
   高大生:1,000円(800円)
    小中生:500円(300円)
     ( )内は前売り、および20名以上の団体料金
    小中生は土日祝 無料 障害者手帳等をご提示の方と介助の方1名は無料

関連サイト:
http://www.mbs.jp/jakuchu-kyoto/
http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/kmma/exhibition/2016_7_fiscal_Jakuchu.html
 (57201)

若冲は、正徳6年(1716年)、京都の錦市場にある青物問屋の長男として誕生。そして、家業を手伝いながらも40歳で隠居生活。画家に転身。

子供の頃から慣れ親しんだ錦市場の光景が影響しているのか、若冲の作品には、野菜や魚も多く描かれています。江戸とはちがう精神の自由性に満ちあふれていた当時の京都が作風に多大なる影響を与えたことがうかがえる作品が全100点以上。

美術ファンはもちろんのこと、地元民にとっても、当時の京都の雰囲気をひもとく京都ならではの展覧会。
 (57199)

金券ショップで前売り券調達しようとするも、どこも完売。人気なんでしょうね。で、ギリギリコンビニで発券して。大いに楽しみたいと思います。

ヨ~イヤサ~♪

若冲の京都 KYOTOの若冲 への口コミ

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

すでに絶賛開催中の京都国立近代美術館「横山大観」展。平日でもかなりの混雑で、その注目度、人気度の高さがうかがえる展覧会。前後期と展示内容も変わる中、前期に行ってきました。
【京都国立近代美術館】絶賛開催中!華麗なるチューリップ文化の美・壮麗なオスマン帝国を物語る☆「トルコ至宝展」

【京都国立近代美術館】絶賛開催中!華麗なるチューリップ文化の美・壮麗なオスマン帝国を物語る☆「トルコ至宝展」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都国立近代美術館で本日から開催の展覧会。開催に先立ち、前日の内覧会に参加。その様子と見どころをお伝えします!
京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

2016年に京都で開催するや8万人もの観客を動員し、会場となった細見美術館の動員記録を塗り替えた春画展。その細見美術館での春画展が2018年に超パワーアップ! 春画と妖怪画という一見相反するテーマをタッグ展示することで、通常の美術展では見えてこない大衆文化のすみずみまで知ることができる展示となっています。 ※なお今展示では展示内容を考慮し、18歳未満の方は入館不可となっています。
【京都アートめぐり】30年ぶりの大回顧展!本当の『あお』に出会う☆京都国立近代美術館「生誕110年東山魁夷展」

【京都アートめぐり】30年ぶりの大回顧展!本当の『あお』に出会う☆京都国立近代美術館「生誕110年東山魁夷展」

30年ぶりとなる日本画の巨匠・東山魁夷の大回顧展が京都、東京で開催されます。開催に先立ち、展覧会会場となる京都国立近代美術館へ行ってきました。
【京都国立近代美術館】日本国内で唯一開催!総合芸術学校創立100年を記念した展覧会☆「バウハウスへの応答」

【京都国立近代美術館】日本国内で唯一開催!総合芸術学校創立100年を記念した展覧会☆「バウハウスへの応答」

日本では巡回なしの唯一開催になります。岡崎・京都国立近代美術館で絶賛開催中の展覧会。会期中、無料観覧日を設けていたり、週末には夜間開館も実施され、避暑観覧も。初日に行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな