2018年4月16日 更新

【京都神社めぐり】陰陽師ゆかりの宝物殿もあるパワースポット!星神・方位の神様☆「大将軍八神社(たいしょうぐんはちじんじゃ)」

一条通り、大将軍商店街妖怪ストリート沿いにある神社。陰陽道の星神・方位の神様を祀るパワースポット。宝物殿には80体の星神像もならぶという。

陰陽道の星神・方位の神様

 (120864)

一条通。西大路から中立売通までおよそ400mの長さに渡って商店が並ぶ「一条妖怪ストリート」こと大将軍商店街沿いにある神社。

星占いで有名な鏡リュウジさんおすすめの神社でもあるそうです。
 (120865)

大将軍は北西の方角を守護する神様。よく「鬼門」の北東の方角は知られていますが、古来より北西を「天門」と呼び、「鬼門」と同様に大変重要視された方角。というのも、怨霊や魑魅魍魎、災いの類は「天門」から入ってくると信じられていたため。

平安建都の際に都城の方除守護神として、天門に大将軍のお堂を建てたことが始まり。他の神社仏閣と違い、天門に立地することが要の神社。なので、創建から1200年以上経っても、この地に変わらず鎮座する神様。
 (120866)

境内は商店街の雰囲気とは裏腹にひっそりと静かな佇まい。
 (120867)

本殿前にある五芒星と八角を表した石柱。他にはない独特の雰囲気。
星の台座になっている八角形の石には「乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤」の八文字が刻まれ、これは中国の占い「易」や風水などで用いられる「八卦(はっけ)」を意味し、この神社の象徴的モニュメント。
 (120868)

本殿の北東側にある「方徳殿」。宝物殿ですね。
こちらには80体の大将軍神像群があり、国の重要文化財に指定。大将軍八神社を代表する宝物である「立体星曼荼羅」や陰陽道や天文学に関する貴重な古資料も展示。
 (120869)

公開期間は5月1日~5日、11月1日~5日ですが、予め連絡すれば見ることも可能みたいです。
 (120871)

 (120872)

ご神木・招霊木(おがたまのき)。木蓮の仲間の常緑樹で、榊の代わりに使われる事もあるとか。別名、神代榊。
 (120873)

他、末社・五社、三社それぞれに。
 (120874)

参拝後、おみくじを引いたら今年に入って初めての大吉。星づくし、方除の神社でありがたいメッセージをいただきました。

天門封じにぜひ参拝しておきたい神社ですね。

大将軍八神社 へのツイート

詳細情報

住所:京都市上京区 一条通御前西入西町52
電話番号:075-461-0694
公式HP:http://www.daishogun.or.jp/
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都魔界スポット】羽生結弦選手も祈願!陰陽師安倍晴明公を祀る!!京の七夕夜間拝観中☆「晴明神社」

【京都魔界スポット】羽生結弦選手も祈願!陰陽師安倍晴明公を祀る!!京の七夕夜間拝観中☆「晴明神社」

京の七夕イベントでこちらも会場のひとつ。夜間拝観も実施中。陰陽師で知られる安倍晴明公を祀る神社。社紋の星型にちなみ、この七夕の時期盛り上がりを見せ、境内には桔梗も咲き誇る。
【京都神社めぐり】平昌オリンピック金メダリスト羽生結弦選手に沸く境内!本人直筆絵馬もあり☆「晴明神社」

【京都神社めぐり】平昌オリンピック金メダリスト羽生結弦選手に沸く境内!本人直筆絵馬もあり☆「晴明神社」

堀川一条上ル、陰陽師ですっかりおなじみの安倍晴明を祀る神社。そして、最近では平昌オリンピック金メダリストの羽生選手が参拝したことでも有名。行ってきました。
【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗!名物羊羹『夜の梅』は食べ切りサイズ◎レアなゴルフ最中も「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗!名物羊羹『夜の梅』は食べ切りサイズ◎レアなゴルフ最中も「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。とらやの代表商品『夜の梅』や季節の和菓子を求めて行ってきました。
【京都神社めぐり】仕事運アップのパワースポット!天井から飛び出す龍必見☆境内では運勢鑑定も「瀧尾神社」

【京都神社めぐり】仕事運アップのパワースポット!天井から飛び出す龍必見☆境内では運勢鑑定も「瀧尾神社」

東福寺駅から北へ。住宅街にあるパワースポット神社。大丸百貨店とも縁が深く、仕事運アップのご利益も。そして、拝殿天井から飛び出す木彫りの龍は必見。
【保存版】一度見たら忘れない!京都オススメの珍百景な鳥居!!インスタ映えもバッチリ☆【厳選5箇所】

【保存版】一度見たら忘れない!京都オススメの珍百景な鳥居!!インスタ映えもバッチリ☆【厳選5箇所】

神社の多い街、京都。そんな京都の神社の中でも、一際個性的で一度見たら夢に出てきそうな鳥居をあつめてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers