2019年10月20日 更新

【京都お寺めぐり】白砂壇は早くも紅葉の装い!台風一過から静寂を求めて☆「鹿ケ谷法然院」

おおきに〜豆はなどす☆今回は鹿ケ谷にある法然院。静寂に包まれた雰囲気が人気のお寺。台風19号も去り、境内の白砂壇は早くも紅葉先取りの様相。

台風一過から静けさを取り戻す境内

 (167079)

左京区鹿ケ谷。
東山連山の裾野の緑豊かな境内には文豪・谷崎潤一郎のお墓と、季節に応じて絵柄が変わる白砂壇が見所。喧噪を離れひっそりとした雰囲気が人気のスポット。

鎌倉時代、法然が弟子たちと共に六時礼讃行を修した草庵から由来し、さらに江戸時代に知恩院第38世の萬無が念仏道場として法然ゆかりの地に再建したのが今の姿。

この日はちょうど台風19号が去った翌朝参拝。
 (167081)

わりといつも早朝から参道が掃き清められている法然院。
前日吹き飛ばされてきた木の葉や小枝も散乱し、その強風だった様を想像してみたり。
 (167082)

 (167084)

昨年の台風21号被害後、新たに造園された参道のオブジェ。できた当初はまだ真新しく違和感ありましたが、景観にもなじむようになってきました。
 (167083)

 (167085)

茅葺屋根の山門が里山的で、もはやこの森と同化するくらい違和感ないんですが。台風が激しかったのか、屋根の一部がはげ落ちてる部分もあり。
 (167087)

そして、山門をくぐり見下ろすと盛り砂・白砂壇が左右一対に。若干落ち葉が散乱しています。台風の影響ですね。
 (167086)

 (167088)

絵柄は川に流れるもみじといったところでしょうか。
 (167089)

 (167090)

見慣れないワイヤーロープが張られ、木に括りつけられていました。どうやら倒木しないよう補強されてる様子。これも台風の影響か。
 (167092)

 (167091)

手水鉢にはいつものように花も活けられ、したたる水がまるで絵画のような波紋を広げていました。
毎年紅葉時期少し遅めの法然院。徐々に深まりゆく秋を、境内で見つけるのもまた楽しみの一つ。

ヨ~イヤサ~♪

法然院 への口コミ

詳細情報

住所:京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30
電話番号:075-771-2420
関連サイト:http://www.honen-in.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな