2018年6月15日 更新

烏丸御池で手作りの "一汁三菜" モーニング「Sentido(センティード)」

以前記事にした、スペシャリティーコーヒースタンド「Sentido(センティード)」。外国人にも人気のモーニングを食べてきましたので、改めて紹介します。

外国人も多く賑わうモーニング

 (126378)

以前記事にした「Sentido(センティード)」。 https://kyotopi.jp/articles/49GYv

スペシャリティーのコーヒーが飲めるカフェとして人気がありますが、モーニングも評判がよく気になっていたので訪問しました。

 (126380)

センティードのモーニングは雑誌などメディアでよく紹介されているので、知っている人も多いのでは。
早い時間から来客が多いようで、この時も8割ほど席が埋まっていました。しかも外国人が多い様子。スタッフの方は慣れた感じで流暢に英語で対応していました。

 (126379)

モーニングは7:30(土曜日は8:00)からで6種類用意されています。規模の大きいカフェではないのに6種類は豊富ですよね。

あまり広くはなく、2人やおひとりさまの利用が多くて、皆さん思い思いに朝の時間を過ごしていました。

店内は撮影OKですが、他のお客さんが映らないようにとの事なので注意してください。

カラダに染み渡る「一汁三菜」

 (126383)

6種類のうち5種類は洋食ですが、1種類のみ和食が用意されています。その名も「一汁三菜」でザ・日本の朝食。

名前通りの内容で具だくさんのみそ汁に、だし巻き・小松菜のおかか和え・温奴のおかずに、ちりめん山椒が乗ったごはんが付きます。

それぞれ少しずつでがっつり派には物足りないかもしれませんが、軽く食べたい時にちょうどいいです。それにこれぐらいの方が軽やかに活動できてよさそうです。
 (126382)

定番ものばかりで、今どきを考えると地味かもしれませんが、ほっと安心していただくことができますよね。日本人でよかったという感じでしょうか。

聞くとちりめん山椒も温奴に乗っている佃煮も、スタッフの方の手づくりなんだそう。
どれもが丁寧に手づくりされていて、しみじみおいしいです。

特にちりめん山椒は本当においしくて、思わず売っていないか聞いたほどです 笑。
 (126386)

もちろんドリンクもセットで、コーヒーやエスプレッソ、プラス料金で紅茶やカプチーノにすることもできます。センティードならではの高品質のおいしさはもちろん、カプチーノはラテアートもしてあってうれしいです。

ちなみに一汁三菜では、緑茶もチョイス可能です。
 (126384)

こちらは別の日のものです。三菜は同じですが、みそ汁が赤だしで少し違っていました。
小さな変化ですが、こういうのはうれしいですね。時々訪れて変化を見つけるのも楽しいかも?

あるようで案外少ない和食のモーニング。それがカフェで気軽に食べられてとてもありがたい!
日本の朝ごはんを食べたくなったとき、センティードの「一汁三菜」を思い出してくださいね。

SHOP DATA

住所:京都市中京区笹屋町445 日宝烏丸ビル1F
電話:075-741-7439
営業時間:平日 7:30〜19:00/土曜・祝日 8:00〜19:00 (いずれもL.O 18:00)
定休日:日曜日
アクセス:市営地下鉄 烏丸御池駅下車 徒歩約3分

Instagram:https://www.instagram.com/sentido_coffee/
13 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス

オススメの記事

今注目の記事