2016年2月10日 更新

五条新町*gallery make opening exhibition [ Tomohiro Nakano – NUPLI 4 Cycles – ]9/27まで開催中【自転車】

タイトルをご覧になって「??!」って思われている事と思いますが…(笑) 「つくるビル」というリノベ物件ファンには人気で定番のシェアアトリエビルに、この度「gallery make」というギャラリーがオープン。

そのオープニング企画として現在開催中の展覧会が面白いのでご紹介します。
 (9242)

Tomohiro Nakano – NUPLI 4 Cycles –

 (9244)

つくるビルにできるgallery makeのオープニング企画[Tomohiro nakano – NUPLI 4 Cycles -]を開催いたします。 是非、ご高覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
五条通りで一台の青い自転車に出会いました。 前輪がやけに小さいくて、前カゴとハンドルが一体になった不思議な形状の自転車。
どこの自転車メーカーかなぁと気になって観察するも、よくわからない。 一瞬、乗りづらくないの?重くないの?と、頭をよぎるが、そんな問題が霞むインパクトと可愛い見た目。
実は、つくるビルの2階にオーダーメイドで自転車を作れるお店があるんです。 その名も「NUPLI 4 Cycles」。
フレームビルダーの中野 智尋さんが作った自転車は、どれも個性的。
gallery makeのオープニング企画展は、ちょっと変わった自転車たちの展覧会を開催します。 是非、ご高覧ください。

フレームビルダー中野智尋さん

 (9247)

中野智尋さん…プロスノーボーダーでありながらフレームビルダー。
アメリカ、ボストンでフレームビルドをで学んだのち、つくるビル2階にフレームビルドの楽しさを追求するための工房&フレームビルドスクールを開校。
プロスノーボーダー、フレームビルダーの他に、家具作家など幅広いジャンルで活躍中。
 (9249)

この通り、異色な経歴をお持ちの中野さんが作るバイクはそれはもう個性的。
ギャラリーの紹介にもあるように一風…いや二風にも三風にも変わったバイクのオンパレード!
個性派はもちろん、ノーマルな(笑)自転車好きをもとりこにしてしまう魅力がたっぷり詰まった自転車達は、どれを見ても楽しく愛が詰まったものばかり。そんな個性的でおもろい自転車、一部ですがご覧ください。

イカすオリジナルバイクの数々☆

 (9252)

ギャラリー入口にあるこの自転車。まずタイヤサイズが違います。そしてセンタースタンドで立てているにもかかわらずバランスが悪い(笑)。
そして前かごがブリキ?でもこれ、ペットと一緒に乗せられるようにと製作されたのだそうです。カラーリングがめっちゃキレイ!
 (9254)

これはハンドルと前かごが一体?になったもの。運転しにくそうだけどそんな事ないそうです。フレームの形や泥除けも個性的。
 (9256)

これはカフェバイク。自転車で河原などに出掛けてお茶したいからそういうバイクを…というオーナーさんの依頼で作られたそうです。
すごいのが、木製テーブルや写っていませんがパラソルも自転車に収納して走行可能という事。お茶したいところで展開すれば、バイクがカフェスペースに早変わりというもの。
そんなん作ってしまう中野さんすごいわホンマ!
 (9258)

これは中野さんが初めて作られたMTBだそうです。フロントサス仕様で、見た目ちょっと変わったフレームなぐらいでシンプルな感じですが…
 (9260)

今時MTBでは珍しいクロモリフレーム、しかも太め仕上げで何気に重め、泥除けもフレーム一体でクロモリ!(笑)、よく見たらギアが内装!(笑)、チェーンではなくベルトドライブ!でもディスクブレーキ(笑)!
MTBなのにこんなん見た事ございません!ちょっとありえへん〜〜でもこの感覚が面白いです。ご本人曰く走りは良好だそうだけれども。
 (9262)

中野さん茶色と緑がお好きだそうで、そういうカラーリングの自転車が多めなんですが、これも一見渋め茶色の自転車でかわいいね〜と思いきや…
 (9264)

フレーム錆びてます!!(笑)フレームだけわざと錆びさせて風合いを出したのだとか。何でわざわざ錆びさせる?しかも他のパーツはキレイっていうギャップがまたすごい。てか意味わからん!!(笑)
とぱっと見は普通に自転車だけど、細かく見たらおかしなポイント(笑)というかこだわりが随所にちりばめられた自転車ばかりで、へー!とかほー!とかナニコレ意味わからん!!(笑)とか言いながら楽しく見物ができます。
 (9266)

これらの自転車はいずれも実際オーナーさんが普段愛用されているものばかりだそうで、展覧会開催に合わせこころよく貸し出されたそう。またスクール生として中野さんに指導してもらい作られた方もおられ、その自転車も展示されています。
皆さん中野さんのヘンコ自転車(笑)に心奪われオーダーされた方ばかり。なもんで普段から大事に乗られているのがすごく伝わってきて、個性的な作りの中にも愛をビシバシ感じました。
作り手の愛、乗り手の愛…なんて素敵な自転車達だ!展覧会だ!とひとり感激。
実は私も中野さんの自転車のファンで、マイバイクをプチカスタムしていただいただけに、かなりの親近感…分身を見ているようでうれしくも楽しくもあり、めっちゃテンション上がったひとときでした。
会期中中野さんはおられたりおられなかったり。自転車の説明はそれぞれに表記がありますが、ご本人がおられたらお話を聞くことができるかも?
中野さんの自転車LOVEのスタッフさんもおられるので、その方に熱く語って頂くのも楽しいです。
ツール・ド・フランスや「弱虫ペダル」のようにロードバイクでガンガン走るジャンルもかっこいいですが、ワークバイクと言われるようなこういうジャンルもかっこいい!
芸術の秋、たまには個性派作品で刺激を受けてみてはいかがですか?

gallery makeへのtweet

イベント概要

gallery make opening exhibition Tomohiro nakano - NUPLI 4 Cycles
会期・時間
9/16〜9/27 12:00〜19:00 入場無料
住所
つくるビル内「gallery make」 京都市下京区五条新町西入る西錺屋町25
アクセス
地下鉄京都烏丸線「五条」駅より五条通を西へ徒歩5分、新町通北西角。歩道橋が目印です。
電話番号
070-5266-9511
関連URL
http://www.gallerymake.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス