2016年2月10日 更新

五条壬生川*オサレすぎるフォトスタジオ「Frank Work Studio」9/20マーケット開催【イベント】

世間的には4とか5連休にもなる「シルバーウィーク」。あちこちでイベント目白押しですが予定は決まりましたか? リノベビル大好きな私は9/20に「Frank Work Studio」で開催される「FRANK WORKS MARKET」に注目しております。

Frank Work Studio

 (10055)

古いビルの良さをそのまま生かしつつもオシャレなレイアウトで話題なフォトスタジオ。
雑誌撮影などプロ使用が多いのですが、パーティー、セミナー、個展などフリースペースとしても利用できる他、1階には昼間はカフェ、夜はバーになるお店があったり、とても面白い施設。
そしてめっさオシャレ!
 (10057)

 (10058)

 (10059)

JR丹波口から徒歩5分、地下鉄烏丸線五条駅より徒歩10分。京都市下京区の五条壬生川通りにあるレンタルスタジオ『FRANK WORK STUDIO』。
1階ダイニングカフェ・バーから屋上まで1楝全ての階をそれぞれレンタルすることができる。
古材やインダストリアル、アンティーク素材を所々にふんだんに使い、様々なシチュエーションを演出している。
家具や雑貨、小道具も豊富に取り揃えており目的、用途に応じてオリジナルな空間を作ることができる『FRANK WORK STUDIO』。

FRANK WORKS MARKETとは?

ほぼ月イチで「FRANK WORKS MARKET」というのを開催されていて、その時は館内自由に行き来できる貴重な機会。
オサレすぎる空間にため息ものなのですが(笑)。
そのマーケット、その都度違うテーマなのですが、今回は2016年2月に開催されるDESIGN WEEK KYOTOとのコラボとの事。
 (10063)

DWK的には、本イベント前のプレイベント的な位置付け。
では、まずDWKの紹介ね。 京都には、工芸・意匠・建築・テクノロジー・エンターテイメントなど、長い歴史の中で培われ、洗練されてきたモノ・コト、それらを生み出し続けているヒトが、世界的にみても、豊富に存在しています。
「DESIGN WEEK KYOTO」は一週間の期間限定で、そんな、それぞれの場を開放し、皆様にお気軽に遊びに来てもらおうじゃないかというイベントです。
今回のマーケットは、ショップのみというよりは、日常の作業を見てもらう事を中心に。
1階・八百屋、カフェ 2階・伝統産業の職人など 3階・現代アーティストなど 4階・飲食店 屋上・飲食店、交流スペース こんな感じの予定です。

展示ありフードありでバラエティ豊か

展示アリ飲食アリでいろんな側面から楽しめそうです。 こちら屋上がとても気持ちよくて、屋上で食べるフードやアルコールの何と旨い事か(笑)。
そして時には投げ銭ライブなどあって、ごきげんそのもの! 前回の沖縄がテーマの時は沖縄音楽のライブがあり、それはもう気持ちよくて気持ちよくて。
オリオンビール片手に至福のひとときでした。
 (10067)

 (10068)

 (10069)

今回は出店者など詳細は出ていませんが、いつもあの店が?と思うようなところが出店されたりするので実に楽しみ。
以前食べ物屋ばかりの「レストラン」でされた時は「CLAMP COFFEE」「Hygge」「にこみ屋六軒」「あかやしろ」「Jungle Cave」、そして先日ご紹介した「BUNGALOW」など…そうそうたるラインナップで鼻血出るかと思いました(笑)。
なので今回もおいしいお店が来られるに違いない!(切望)
 (10071)

 (10072)

↑「あかやしろ」のステーキ丼とか↓「BUNGALOW」クラフトビールとかめっちゃ旨かった♡
 (10074)

そして来年2月開催のDESIGN WEEK KYOTOの事も知ることができる絶好の機会。
アーティストの展示に刺激を受け、美味しいものに刺激を受け、とても充実した1日になるのでは?
アート好きさん、おいしいもの好きさん、是非お越しくださいね☆

Frank Work Studioへのクチコミ

洒落乙。 #frankworkstudio #frankworksmarket

Kemonoss/wokada.さん(@danda.okaoka)が投稿した写真 -

FRANK WORKS MARKET vol.11

開催日時
9/20 11:00〜18:00
住所
京都市下京区中堂寺前田町9-9
アクセス
JR丹波口より徒歩5分、地下鉄烏丸線五条駅より徒歩10分
電話番号
075-746-6239
関連URL
FRANK WORKS MARKET vol.11 Facebookページ
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス