2019年11月26日 更新

【京都朝食めぐり】朝8時営業の人気おにぎり専門店!ほっかぶりのお母さんがにぎるほっこり味☆「まんぷくおにぎり米都」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区白川通り沿いにあるおにぎり専門店。朝8時から営業し、次々とおにぎりを求める客でいつも活況。おにぎりのバリエーションも豊富。

ごはん党にうれしい手づくりおにぎりでエネチャージ

 (171040)

左京区白川通り。錦林車庫からさらに下がった場所にある朝8時から営業するおにぎり専門店「まんぷくおにぎり米都」

いつもモーニング場所を探していると、このお店に朝からお客が群がる場面にしばしば遭遇し、一度来てみたいと思っていました。

あとで調べてわかったことですが、市内に4店舗あるおにぎり屋さん。そして、ここが本店。
 (171052)

 (171055)

朝はご飯!という人なら、生唾ゴックンな心躍るPOPが並びます。
 (171041)

 (171053)

火曜日ならセール品もあるんですね。
 (171054)

50個以上なら配達もしてくれるみたいです。観光中にこういうのを手配して、アウトドアで食べるのもいいですね。
 (171042)

店内。
この時も数人のお客が来店し、注文待ちの間品定め。ガラスケースに出来上がったものが入っていますが、ないものも注文すれば、その場でにぎってくれるみたいです。

塩、昆布、おかか、ゆかり、梅干し、焼き鮭、ふくやめんたいこなど、しじみご飯や炊き込みご飯、さらには五分づき玄米のおにぎりもあります。お米は京都丹波産こしひかり米を使用し、たっぷりボリューミーな135gおにぎり。
 (171043)

中でも人気みたいで、天むすを注文される方多数でした。
おにぎりは具によって値段がちがい、1個115~185円。ばくだんおにぎりだと210~250円。
 (171044)

さらには揚げ物や焼きそば、お味噌汁もあります。
 (171045)

厨房にはほっかぶりのご婦人たちがおにぎりをにぎってる最中で、なんだか朝お母さんがお弁当を作ってくれていた風景とオーバーラップ。そんな家庭的な雰囲気が漂います。
 (171047)

で、大半の方がテイクアウトされてましたが、イートインスペースがあったので、ここで食べていくことに。

注文したのは天むす165円、きのこご飯165円で合計330円。
 (171049)

そして、コーヒーが飲みたかったのでプラス100円。
 (171046)

なんとも愛らしいビジュアルの天むす。
最近コンビニの別添えパリパリ海苔、そしてキレイに成形されたご飯がセットになったおにぎりを見慣れすぎてるせいか、手づくり感にぬくもりを感じます。海苔はしっとり。なじみのあるお弁当に入ってそうなやつ。
 (171050)

で、食べてみます。
プリッと大きめの海老にかすかにサクっと感残る衣、それに甘辛いタレ。これがご飯泥棒なくらいベストマッチ。さらにほっこりするしっとり海苔。
 (171048)

きのこゴロゴロタイプのきのこご飯。どこ食べてもきのこに当り、大きめなので存在感もあり。
どちらのおにぎりも適度に空気を含ませた、はらりとほぐれる絶妙なにぎり加減。

今回は朝食で利用しましたが、紅葉シーズンにはこんなおにぎりを持参し、風景を楽しみながらの行楽弁当としてもいいかも、と。

とても使い勝手のいいお店です!

ヨ~イヤサ~♪

まんぷくおにぎり米都 への口コミ

詳細情報

住所:京都市左京区鹿ケ谷西寺ノ前町31−3
電話番号:075-761-7566
営業時間:8:00~17:00
定休日:不定休
公式HP:http://www.maito.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな