2017年11月8日 更新

西木屋町*まさに書店革命!本にコーヒーに立ち呑み?めっちゃオシャレでハイクオリティ「レボリューションブックス」

四条西木屋町下ル、nokishita711の2階に立ち呑み処がオープン!だけどこのお店、ただの立ち呑みではなくていろんな顔を持ちあわせているんです。どんなお店なのか早速訪問して確認してきましたよ〜

西木屋町に出現!個性豊かな立ち呑み屋

個性豊かなお店が建ち並ぶ、四条西木屋町南側。 激狭な路地に老舗漬物屋から人気レストランやオシャレカフェ、はたまたラブホテルやあやしいスタンドバー(笑)などがあり個人的に好きなエリアなのですが、4/12にまたまたおもしろいお店がオープンしたとお友達に教えていただき、早速確認がてら訪問してきました〜
 (35888)

 (35898)

 (35889)

激狭路地を南に進むと出てくる「nokishita711」。ここも好きなのですがご紹介はまたの機会に… 今回ご紹介するのは、この2階にある4/12オープンの「レボリューションブックス」。
え、書店革命??
 (35899)

 (35900)

レボリューションブックスは食の本専門の書店です。
レボリューションブックスは酒肴一式を提供する立飲み屋です。
レボリューションブックスはシングルオリジンのコーヒーが飲めるカフェスタンドです。
レボリューションブックスには、新たな発見があります。
お一人でもお友達とご一緒でも、お気軽にお立ち寄りください。
呑める本屋レボリューションブックス始めます。
もともとこの2階はこの建物のオーナーさんが住居として住んでおられたそうですが、その部分を店舗としてリニューアルされたそう。
窓が大きく取られ明るい店内は、HPにあるように、書店であり立ち呑み屋でありカフェスタンドであり…とても不思議なお店。
カウンターと本棚がいい感じで並んでいます。

豊富に揃う食にまつわる本の数々

 (35903)

 (35906)

 (35905)

食にまつわる本ばかりを集めておられるそうですが、その豊富な数に目を見張ります。
陳列もオシャレで、つい手に取りたくなる本ばかり。ジャケ買いしたくなる誘惑に襲われます(笑)。
 (35904)

このハコのような棚、めっちゃオシャレですよね。
昼間はこうして本が置かれていますが、立ち呑みで混み始めると本を取り出し蓋をすればテーブルに早変わりするそうです。ナイスアイディア!

奥の小部屋には絵本も!そしてココでも呑めます

 (35901)

 (35902)

奥に小部屋的なスペースがあり、三方の壁にびっしり本が並べられていてテンションあがります。
このコーナーには真面目そうな本から絵本までバラエティ豊かなラインナップ。
MBS・ちちんぷいぷいでおなじみの長谷川義史の絵本もあって、あれもこれも読みたくなります!
こちらも立ち呑み客で混んでくると、テーブルの本が片付けられ立ち呑みスペースとして開放されます。

本は一応17時までの販売だそうですが、それ以降も購入や閲覧可能とか。

本探しにきたのに呑んでるわ〜
呑みに来たけど本買ってもたわ〜
そんなノリの呑める本屋…楽しすぎます♪

豊富なアルコールにアテ、そしてリーズナブルな価格に感動!

 (35918)

 (35919)

壁にずらっと貼られたメニュー。フードもアルコールも400円までのものが大半で、かなりリーズナブルで顔がにやけます♡
しかも「キャビアのようなもの」とか笑えるネーミングや、(たぶん)あえての手書きな感じが味があっていい感じ!

実は店主さん、立ち呑みの聖地・大阪京橋の「岡室酒店直売所」に長年おられたそうで、いわば立ち呑みのプロフェッショナル。
京橋価格や雰囲気を実現させるためのメニューや価格帯なんだそうです。
この立地でこんなんで大丈夫?と思わず心配になりますが…でも客としてはうれしい限り!
しかも13時から営業なので、昼呑みできてこれも幸せ♡
 (35917)

 (35913)

カウンターに並んだ豊富なアテ。ぼっち呑みに手頃なサイズ感もありがたい。
ついあれもこれもオーダーしそうになります(笑)。
 (35922)

 (35915)

 (35916)

 (35921)

この時はアルコール2杯にアテ2品。
女子っぽく(笑)カルピスチューハイに、2杯目は今年注目の「ラムハイ」。
その名の通りラムのハイボールですが、あっさり呑みやすくどんなアテもばっちりな感じ。
アテは山形の郷土料理「だし」があったので迷わず注文。
だしが大好きでスーパーなどで見かけても買うのですが、こちらのはあっさり目で野菜の味がよく分かる味付けでもーめっちゃおいしい!メシが欲しくなる〜〜〜(笑)。
タイミングによっては麺モノなどもあるようなので、がっつり行きたいときは是非注文してみてください。
 (35927)

またコーヒーはウィークエンダーズコーヒーを使用との事。古くからのお知り合いだそうで使われているらしいですが、ハリオらしきドリッパーとコーヒーケトルが置いてあったので、ハンドドリップのおいしいコーヒーが飲めそうな予感。
コーヒーだけでもOKとおっしゃっていましたので、アルコールは苦手…てという方も大丈夫。
オレはがっつり呑みたいけど彼女呑めへんねんな〜なカップルも大丈夫(笑)。

本にコーヒーにアルコールにアテに…うれしさ楽しさいっぱい。
レボリューションブックス…「レボブ」で、新たな発見してみてください!

レボリューションブックス on Instagram

レボリューションブックス 店舗情報

住所:京都市下京区西木屋町通船頭町235番地 集まりC号
電話 : 075-341-7331
営業時間:13:00〜23:00
定休日:月曜日・火曜日不定休
アクセス:阪急電車 河原町駅下車 徒歩約5分/京阪電車 祇園四条駅下車 徒歩約5分

H.P:http://revolutionbooks.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/revolutionkyoto/?fref=ts
Instagram:https://www.instagram.com/revolutionbooks/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス