2016年4月4日 更新

【超京都ローカル丼】知る人ぞ知る御旅(おたび)丼とは?中華料理店「御旅飯店」【鞍馬口】

全国的によく知られている京都の丼といえば親子丼ですが、こちらはかなりローカルな丼。通好きするコア京都グルメを開拓したい方にオススメ。

今宮神社の御旅所にある町の中華料理店

 (26821)

この界隈に来るとよく通りかかるんですが、食事するのは初めて。大徳寺に程近い場所。今宮神社の御旅所が隣にあります。毎年5月に行われる今宮神社のお祭り、今宮祭で使う神輿のゴール地、そして安置されています。
御旅所(おたびしょ)とは、神社の祭礼(神幸祭)において神(一般には神体を乗せた神輿)が巡幸の途中で休憩または宿泊する場所、或いは神幸の目的地をさす。巡幸の道中に複数箇所設けられることもある。御旅所に神輿が着くと御旅所祭が執り行われる。
この界隈、江戸時代以降商業地として栄え、かなりの繁華街だったそうです。昭和始め以降は市街地整備、西陣一帯の衰退とともに、商店街も小さくなっていったそうな。
 (26822)

店の前には、懐かしい岡持ちが。現役だそうです。今でも出前をやってる店って、うれしいですよね。やっぱり、「デリバリー」じゃなく「出前」ですよね(笑)

まんま、町の中華屋さん(笑)

 (26823)

 (26824)

平日昼時。大盛況です。近所にお勤めの方や学生さんですかね。よぉ流行ってます。お店自体古く、昔からこの辺りの大学生御用達のお店みたいです。こちらはカウンター席と小上がりの座敷席あり。
 (26825)

漫画本や週刊誌、テレビも完備。これぞまさしく至れり尽くせりな町の中華屋さん(笑)料理を待ってる間、漫画読んだりテレビ見て情報収集。

目移りする豊富なレパートリー

 (26917)

 (26918)

最初から御旅丼一択で来ましたが、こんなにメニューあるといろんなもの食べたい誘惑が(笑)まあ、他メンバーにそれはまかせて。もちろん中華中心ですが、フライ、焼肉メニューも。いろいろ組み合わせた定食やらバランスがよさそう。値段も安いし日常使いのお店ですね。

そして、これが自慢の御旅丼!

 (26826)

そして、こちらが御旅丼。豚肉、キャベツ、人参、玉ねぎ、きくらげ、玉子が具材。中華風スープベースの、あと醤油かオイスターソースですかね。炒めたものがご飯に乗っています。
 (26827)

野菜もけっこう入っているので、わりとヘルシーなかんじですが、ご飯の量はパンパなくお茶碗3杯くらいはありましたかね(笑)ガッツリさん、いらっしゃ~い!な風情。

中華料理屋さんが出すオリジナル丼では、大鵬のてり丼を思い出すのですが、あちらは肉、玉子のボリューム感。こちらは野菜も加わったバランス感といったかんじですかね。

他、定食やら定番メニューも

 (26828)

 (26832)

 (26829)

 (26831)

なんか、こうやって名無し状態で画像見ると王将か?て雰囲気でもありますが(笑)
エビ甘酢定食は、サラダあり骨付きから揚げ、揚げシュウマイ的なものもあり。チャーハンパラパラ。理想的な安定感。餃子は意外と具に唐辛子が混ぜ込まれているのか、後味に辛みが。

とにかく安い!ごはんもおかわりサービスあり、間違いなくお腹一杯になります(笑)昼時の超忙しい時間帯の店員さんの絶妙な連携とキビキビとした仕事ぶりもプロ魂を感じます。麺類全然食べれなかったんで、今度はそこを攻めたいですね。

ヨ~イヤサ~♪

御旅飯店 への口コミ

御旅飯店 基本情報

■店舗名
御旅飯店
■住所
京都府京都市上京区北大路大宮下東側108
■電話番号
075-432-3065
■営業時間
11:30~14:30 17:30~23:00
■定休日
水曜日
■禁煙・喫煙
全面喫煙可
■駐車場

■詳細ページ
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26006276/
33 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな