2020年11月18日 更新

【京都ランチめぐり】身体整うスリランカカレー!国際食豊かな京大スグ「クルンドゥ」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区、京都大学吉田キャンパスにもほど近い場所にあるスリランカカレー専門店。ランチでお邪魔しました。

身体よろこぶスリランカ流スパイスカレー

 (196394)

左京区吉田の住宅街。すぐ近くには京都大学吉田キャンパスもあり。周辺は留学生が多いということもあり、国際色豊かなレストランが集中するエリアでもあり。

 (196395)

そんな中にある、こちら。スリランカ料理のお店「クルンドゥ」
インドカレー店はよく見かけ、食べに行ったりもしますが、スリランカカレーはそれほど食べる機会ないなと思い、興味津々でやってきました。

浅い知識として、インドカレーよりは刺激が少なく、わりとヘルシーという話は聞きつつ。京都にもこれまで何軒かスリランカカレーを提供するお店があり、以前食べた記憶では汁だくで食べやすいカレーだったな、という印象。
 (196417)

店内は明るい雰囲気の色調とBGMラテン調。そしてカフェのようなスペース。カウンター席とテーブル席。女性客が多いことも印象的。
 (196396)

メニュー。ランチはスリランカカレーとベジカレーのプレートを軸にトッピングだったりおかず的単品メニューがあったり。
 (196397)

ランチタイムのドリンクメニューもわりと割安。
 (196399)

今回はこちらのスリランカカレープレート1200円を注文。カレーはチキン、マトン、限定カレーの中から1つをチョイスできます。

他、レンズ豆のカレー、副菜4~5種、パパダムが付属。ライスは基本インドのバスマティライスですが、追加料金200円でスリランカ赤米に変更可能。
 (196398)

この日の限定カレーはこちら。今回はマトンカレーをチョイスしました。
 (196402)

そして、しばらくすると登場したのがこちら。
 (196403)

レンズ豆の薄焼きせんべい、パパダムの影に隠れて周りの副菜が見えないので向きを変えて。
 (196404)

別盛りのマトンカレー。
 (196405)

黄色いレンズ豆のカレーと、色とりどりに副菜がバスマティライス上に盛り込まれています。
 (196406)

まずはマトンカレー。わりとスープカレーのようにとろみがないタイプ。その中にゴロンとマトンが入っています。固形感のあるものはマトンのみ。あとは野菜やスパイスの粒粒感。
 (196407)

それをライスにかけて、まずはこれ単体で食べてみます。インドカレーに比べ、辛さマイルド。スパイスも程よく効いています。マトンの独特のクセがいいですね。
 (196408)

レンズ豆のカレー。箸休め的な優しい味わい。
 (196409)

さらに、副菜たち。
これはニンジンシリシリのような、それでいてココナッツ粉が和えてあり、ほのかな甘みとコクと付与しつつ、全体として食べやすくなっています。
 (196410)

ちょっとスパイシーなレンコン。根菜が入るとさらに身体よろこぶ感。
 (196411)

酸味がいい、ナスのマリネ。皮の香ばしさも。
 (196412)

大根葉のような葉物。乾燥させた干し野菜のような雰囲気もありつつ。これにもココナッツ粉が和えてあり、青菜のさわやかさと食感。
 (196413)

これを微調整しつつ混ぜては食べ、混ぜては食べ。均一に混ぜ切らない妙というか、スプーンですくうごとに微妙にブレンド具合がちがい、いろんなパターンの味が楽しめるのが面白いというか。で、バスマティライスの軽さがいいですね。ちょっと蕎麦にも似た、日本の白飯とはちがう、お腹にドーンと溜まらない感じ。とてもヘルシー。

ほどよくマイルドにスパイシー。食べ終わった後も、ほどよいポカポカ感。インドカレーならもっと身体に化学変化でも起こしたか?という刺激だったりしますが(笑)辛いのが苦手という人には特にいいかもしれません。身体整うスリランカカレー。デトックス感覚でまた食べたいですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:クルンドゥ
場所:京都市左京区吉田中阿達町33−15
電話番号:075‐204‐0077
営業時間:ランチ11:30-14:00LO ディナー17:30-21:00L.O.
定休日:日、月曜日
関連サイト:https://www.instagram.com/kurundu3315/
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな