2016年8月19日 更新

【京都銭湯めぐり】手ぶら入浴で至れり尽くせりサービス満点!地元密着のご常連さんに愛される☆「弁天湯」【五条大橋西詰】

すっかりご無沙汰の京都銭湯めぐりですが、ようやく再開。五条高瀬川下がる地元密着、ご常連さんに愛される銭湯。

ひっそりと街に同化する弁天湯

 (50556)

じつは、この日他の銭湯を目指していたが定休日(泣)
銭湯って、一律月曜日休みじゃないんですね。下調べしてから行けや!て話ですが。
昼間暑くて滝汗だったんで、とにかくどっかでさっぱりしたい!と。

すると、ちょうど目指していた銭湯と眼と鼻の先に別の銭湯発見。全くの初訪。
 (50557)

旧五条楽園界隈。ちょうど、高瀬川に面した看板のある場所が銭湯裏手。この通路を通って正面に回ってください、とのこと。年季の入った建物。

すげー!ボイラーやん!!

 (50558)

通路途中に、ちょうど火を上げているボイラーが。すさまじい熱気。まさに加熱中。
すげー!初めて目の当たりにします。薪で炊いてるんですね~

元花街の五条楽園に溶けこむ佇まい

 (50559)

この界隈は昔、花街のあったエリア。2010年に一斉休業した旧五条楽園。なので、銭湯も昔からあるお茶屋さんのような雰囲気でもあり。この辺りの町並みは旧花街ということもあり、意匠を凝らした建物が多く、それを見て周辺散策するのもまた面白い。
 (50560)

入り口に蚊取り線香がたかれ、なんだか夏休みのような雰囲気。早い時間にお風呂入って。そんな子供の頃の感覚がよみがえるような。

手ぶらで恐る恐る

 (50561)

タオルは持参。それ意外は番台で買おうと思って入店。洗面器、場所によってはないところもあるので、番台の女将さんに確認する。すると、洗面器はもちろんのこと、シャンプー・リンス、洗顔フォーム、アイメイク落としまで貸してくれるとのこと。驚愕の大サービス!
基本料金の430円を番台で払う。
 (50597)

 (50598)

こじんまりとしたスペースにジェット風呂、深め浴槽、電気風呂、ブルーハワイな入浴剤入ったジェット風呂、サウナ、水風呂。こんだけそろっていたら十分に満喫。
そして、サウナでは「アカシヤの雨がやむとき」「岬めぐり」など、昭和BGM。渋い(笑)
 (50562)

風呂あがりに懐かしいマミー。
そして、あんま機やドライヤー機もレトロなやつ健在。銭湯はこうでないと!というお手本のような。

いちげんさんにも優しい居心地のいい銭湯でした。また来たいかも。

ヨ~イヤサ~♪

弁天湯 への口コミ

弁天湯 基本情報

住所:京都市下京区西木屋町五条下ル南京極町52
電話番号:075-361-0553
営業時間:15:00~25:00
定休日:日曜日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな