2016年12月22日 更新

四条大宮でもてんこ盛りのカキフライを!ボリューミーなレトロ洋食店「だいこんのはな」

四条大宮でてんこ盛りのカキフライを。壬生坊城第2団地1棟にある洋食店「だいこんのはな」なり。

四条大宮のガツ盛しっかり系の洋食店

 (64778)

四条大宮でもなんだかてんこ盛り!なカキフライが頂けるという情報をGET。
で、早速やってくることにしたのだ。お店の名前は、だいこんのはな、壬生坊城第2団地1棟にある洋食店。
店を探す。御院通から団地に入ったすぐのところに、こういう珍しい看板を発見。まちがいなく、現在カキフライ提供中!を確認してお店に入った13:00ごろ。
 (64779)

カツカレーやオムライス、ハンバーグ定食、大きなとんかつ定食などの定番ものが¥950、エビフライ3個とハンバーグの定食が¥1780、ビフテキやらビフカツ定食が¥2170というから、ま、普段使いのお安い系ではなくて、ガツ盛りしっかり系で人気なお店な模様。
店内BGMはなぜだか、懐かしの童謡シリーズなのだ。はげしくほっこりしますなぁ。

私はカキフライ定食¥1274を、嫁はどう考えても変化球一直線!な麻婆とんかつ定食¥1100をチョイスし、わくわくとお料理を待つのだ。
 (64780)

カキフライ定食のご飯とお澄ましが出てくる。しまった~、ここはがっつり系だったのだ~と思っても既に後の祭り。ご飯はどんぶり飯1杯分ほどのしっかり量。お澄ましは若干甘口の味付けで、わかめといんげん、油揚げ、ちくわにお花の麩という具だくさんな布陣。(手がかかってますな・・・)

で、じゃじゃんと登場、カキフライ。
 (64781)

いやー、皿が大きいのでわかりにくい!ですが、カキフライ12個入りというてんこ盛り量。添えられているのは茹でキャベツともやし、それにニンジングラッセという懐かし系洋食感抜群なもの。

フライ衣はそれほど厚くつけておらず、サクリと軽やか。牡蠣のおつゆを一滴残らず衣で封じ込める!という方針の「おおさかや」と比較すると、なんだか家庭的なのですが、これも好きなお味なのだ。
ちょっと量少なめのタルタルソースと別に、マヨネーズ&ケチャップ&タバスコなのか「辛いソースもどうぞ!」と出てきたのが、茹で野菜にも合ってよかったです。
 (64782)

カキフライが出てきてから更に5分後麻婆とんかつ定食が。これも噂通りのガッツリメニューだったのだ。ご飯の器がカキフライと違うのは何か意図があるんですかねぇ。が、これもしっかり量!なのだ。
 (64783)

とんかつは最大厚み15mmはある、期待以上のがっつりさ。麻婆とんかつは、ま、普通のとんかつでOKだとは思いますが(汗)お味は悪くないです。ボリュームは、十分以上!
大満腹でご馳走様でした~。

だいこんのはな クチコミ情報

だいこんのはな 店舗情報

店名:だいこんのはな
住所:京都市中京区壬生坊城町48-3 壬生坊城第2団地1棟 1F
営業時間:11:30~14:00 17:00~21:00
TEL:075-822-8700
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】一流フレンチの味をお手軽に「洋食彩酒 アンプリュス」@四条大宮の巻っす

【新店】一流フレンチの味をお手軽に「洋食彩酒 アンプリュス」@四条大宮の巻っす

四条大宮を西へ一流のフランス料理屋さんで長年料理長として腕を磨いてこられたシェフが独立して「洋食彩酒 アンプリュス」をオープンされました。
京都先斗町の路地奥にある驚愕のレトロ洋食バー!メニュー表記必見!!大正創業の老舗の味☆「一養軒」

京都先斗町の路地奥にある驚愕のレトロ洋食バー!メニュー表記必見!!大正創業の老舗の味☆「一養軒」

もう大発見です。嬉しさのあまり、小躍りしたくなるほど(笑)たまたま通りかかり、見るからにレトロで強烈なオーラを放つ店。創業大正の洋食バー。そして、そこは完全に時が止まったかのような他にはない老舗の雰囲気が。
四条烏丸 冬の名物ぷりっぷりカキフライを堪能♪ レストラン「亜樹」

四条烏丸 冬の名物ぷりっぷりカキフライを堪能♪ レストラン「亜樹」

四条烏丸の昭和なレストラン「亜樹」さんへ、冬の時期だけ登場する名物カキフライを食べに行ってきました!
十割蕎麦と日本酒にこだわりあり!四条大宮の蕎麦店「樹庵 (きあん)」

十割蕎麦と日本酒にこだわりあり!四条大宮の蕎麦店「樹庵 (きあん)」

四条大宮駅から徒歩4分、十割蕎麦と日本酒にこだわりがある蕎麦店「樹庵 (きあん)」なり。
京一、うまい、はやい、やすい!名物はカレー中華の老舗大衆食堂「京一 本店」

京一、うまい、はやい、やすい!名物はカレー中華の老舗大衆食堂「京一 本店」

四条大宮から徒歩すぐ、王将一号店のすぐ隣にある大衆食堂「京一 本店」です。名物のカレー中華そばを頂いてきました!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。