2016年11月20日 更新

【新店】発酵ラーメンを中心に発酵ワールド全開!醸しまくりの「しょくどう照(てらす)」【祇園】

昨年オープンの新しいお店。大阪を代表する醤油ラーメンの人気店「金久右衛門」の店主が、発酵をテーマにしたメニューを展開するお店。そして、ちょっと新ジャンル!発酵ラーメンなるものを求めて行ってきました。

南座近くの超繁華街!満を持して昨年8月オープン

 (23491)

ちょうど四条通りから縄手通り南に入ってすぐ。お店の並びには料亭・吉兆もあり。なかなか自信がないと出店もビビってしまうような立地。
 (23493)

 (23492)

それもそのはず。
大阪を代表する醤油ラーメンの人気店「金久右衛門」の店主が、満を持して京都出店。しかも挑戦するのは“発酵ラーメン”。「本当に徹底した無添加、無化調のラーメンを作りたい」という思いから、発酵に着目。

店内は大人カッコいいバー的雰囲気

 (23494)

昼だけど夜っぽい雰囲気で、ちょっとカッコいい。入り口で靴を脱いで入る掘りごたつ式カウンター。ちょっとボロい靴下を履いてたので、躊躇しましたが(笑)
夜の和食店も兼ねた店内なんで、昼だとラーメン利用なのにちょっと落ち着いた高級感。
 (23497)

 (23495)

基本すべてのラーメンに発酵食品が入ってるそうです。そして、ベジタリアン向けのラーメンもあり。けっこう外国人観光客からべジ対応ニーズがあるんだとか。
今回は王道の醸し醤油ラーメンをお昼の限定メニューの550円プラスの定食で。

ベースとなる自家製「醤(ひしお)」

 (23498)

そして、こちらの醤油味のベースが醤(ひしお)。いろいろと豆知識的なことが書いてあります。なんだか、これだけで身体にいいもんこれから食べるぞ!とアナウンスされて相乗効果。
 (23499)

 (23503)

そして、アメニティーの中にこの醤が。自家製で1週間くらいかけて作られるそうです。火入れしてないので生きた麹がたっぷりとこの中に。ラーメンの味変や、中にはこれをごはんにかけたり、お酒のアテにする人も。

オール発酵食品!昼間からお酒が飲みたくなる発酵おばんざい

 (23500)

もう思わず、「酒や酒や、酒もってこい!」と叫びそうなのを喉元までこらえて飲み込みました(笑)これ、すべて発酵食品で調味。鶏のから揚げにもひしお使用。豆腐にはもろみ。サラダにはこうじ納豆にニンニク風味のドレッシング。タマゴも麹漬け。クリームチーズ、ぬか漬け、麹の和え物などなど。酒を我慢するのがまるで拷問(笑)

そして、定番の醸し醤油ラーメンは深い旨みとコク

 (23501)

自家製醬を使用した、まさに“生きたスープ”。また、豊かな味わいの個性的なラーメンを完成させた“祇園ブラック”。鶏がらベースでこのしょうゆの風味を最大限活かす工夫。
あと、トッピングの鶏ハムと照り焼き風の焼き鳥も醸し調理で深いコクと味わい。旨い!
 (23502)

麺はハイテク麺ですかね。二層構造のような。表面ツルっと柔らかく、中心部はしっかりとしたコシ。のどごしいい。
 (23506)

ちょっとオサレです(笑)やや狭角ぎみの円錐型ラーメン鉢。
 (23504)

そして、スープにも十分入ってるそうですが、ひしおを増量。旨みがいい。醤油と味噌の中間みたいなコクなんですよね。これはいい!てか、酒呑みたい!!(しつこい笑)
 (23505)

そして、あっという間に完食完汁ゴチ!
いやぁ~やっぱり食べた後の身体がよろこぶ感というか、身体にいいもの食べた感。ガッツリ二郎系では無理めな食後感(笑)とくに女子は好きそう。
こちら、2階で発酵食品教室も実施されてるようで、いろんな楽しみ方ができそうなお店。
今度は夜。ぜったい夜!もう飲まずにはいられないお店(笑)

ヨ~イヤサ~♪

しょくどう照(てらす) への口コミ

しょくどう照(てらす) 基本情報

■店舗名
しょくどう照
■住所

京都府京都市東山区大和町 605-0802
■電話番号
075-525-0727
■営業時間
11:00~14:30 17:30~22:00(L.O21:30)
■定休日
月曜日(祝日の場合火曜定休日)
■禁煙・喫煙
完全禁煙
■駐車場

■詳細ページ
http://www.gion-terasu.jp/
37 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな