2022年9月25日 更新

【京都銭湯】京都駅スグ!土日朝6時&毎日夜ふかし営業☆エモさ抜群で人気「サウナの梅湯」

おおきに~豆はなどす☆今回は下京区、京都駅にもほど近いエモさ抜群の人気銭湯。土日は朝6時から朝風呂も楽しめ、毎日夜ふかし営業。休日の朝風呂にお邪魔しました。

少しひんやりする秋の休日に気持ちいい朝風呂を

 (229793)

下京区、五条楽園、高瀬川沿いにあるエモさ漂う人気銭湯『サウナの梅湯』。この日、朝活の途中に久々に朝風呂をキメようとやってきました。土日限定で朝6~12時、そして通常営業14~26時。市内でも夜ふかし営業の銭湯で、これからの夜長の秋にはピッタリかもしれません。
 (229796)

比較的京都駅にも近い場所で、この時続々と朝風呂に入ろうと来店するお客多数。ほぼほぼ若い層の中心で、私で長老ぐらい(汗)

特に最近のサウナブームと、この店名『サウナの梅湯』が重なり、サウナーの方も多いみたいです。もしかしたら観光などでやってきて、いきなり京都の常連さん中心の銭湯へ行くには敷居が高い、と思っている人には特に最適の銭湯だと思います。なんとなく(笑)

そして、地元の京都銭湯マニアの間でかなり有名なお店。レトロな雰囲気と銭湯とは思えない充実アメニティー、たまにライブイベントあったり地元産直野菜を販売してたり。いろいろと新しい試みもされています。

 (229794)

お湯は地下天然水利用で薪沸かし。実際、入浴すると柔らかいお湯です。
 (229795)

二階には湯婆婆がいました(笑)
 (229797)

 (229798)

入口からして、どこか懐かしいエモさ漂うエントランス。入ってすぐの場所に下足箱があり、番台。入浴料450円で、こちらでは朝風呂営業中は1枚タオルも無料で貸してくれます。さらに、浴室ではボディーソープ、シャンプー、リンスも利用でき、とにかくきめ細かいサービスが魅力です。
 (229799)

こちらは以前撮影した時の様子ですが、こんな具合に共有スペースがあり、そこから女湯&男湯に分かれます。
 (229800)

もちろん、脱衣室、浴室は撮影禁止なので画像拝借しています。

まず脱衣室では、頭上にレトロさ漂うステンドグラスの天井にプロペラ扇風機。脱衣籠は使い込んだ籐製で木製の鍵付きロッカー。ドレッサーも4人掛け分、ドライヤー付き。さらに無印良品の化粧水まで完備。完璧。

浴室は浅・深浴槽の中央に噴水。この日はこの画像以上にお湯のベールを広げてパラダイス感出てました(笑)手前に電気風呂(この日は故障中)と玉露カテキン配合の日替わり湯。天窓から差し込む朝日に照らされ蛍光緑湯になっていて、ミドリスキーの私にも心地よかったです(笑)壁の絵がこれまた鮮やかな緑で描かれた松。常緑樹の色かへぬ松、秋の季語です(どーでもいい情報笑)

そして、室温100℃くらいのサウナは6人くらい入れるスペースでジャズが流れています。水風呂は体感的に17℃くらいでしょうか。細かいところとして、水風呂のくびれた場所にライオンの給水口があってエモいです。

あと、古い銭湯文化らしくていいな~と思ったこととして、カランの鏡に広告が付いていて、それもちょっとエモさ演出のやつもあったり。『居酒屋恋女房 大丸デパート真裏』とか(笑)あと、京都を代表するロングラン公演中の感動エンタメ『ギア』の広告も。最近広告なしの鏡だけのところもある中、懐かしいなぁ~と。
 (229801)

 (229802)

ドリンク類、お酒も含めいろいろあり。浴室ポスターで、懐かしドリンク、みかん水、ひやしあめなどがあり、湯上りはこれにしようと思っていましたが、すでに完売とか。
 (229803)

代わりに健康的にトマトジュース。デルモンテ派としてはうれしいセレクト。
 (229804)

秋らしい産直野菜も販売されています。栗ももう出てました。
 (229805)

お店オリジナルのグッズも豊富です。
 (229806)

 (229807)

で。エモいロゴ入りのタオルを購入。両端デザインで、片側には入浴して昇天する女子が描かれていました(笑)銭湯へ行くときはこれを使うおう。

とにかく、痛いところに手が届く的細やかなサービスが印象的で、さらに古い銭湯文化も踏襲されて、銭湯の醍醐味を十二分に味わえます。今なら早朝から朝風呂するにも気持ちいい季節。オススメです!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:サウナの梅湯
場所:京都府京都市下京区岩滝町175
電話番号:080-2523-0626
営業時間:14〜26時 土・日曜限定 朝風呂 6時〜12時
定休日:木曜日
関連サイト:https://twitter.com/umeyu_rakuen
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事