2017年3月14日 更新

京都にいながら中国観光旅行気分!独特な中国建築様式寺院☆「黄檗山萬福寺(おうばくさんまんぷくじ)」【京都宇治】

中国建築様式で、京都ではちょっと珍しい趣きのお寺。臨済宗、曹洞宗とならび三禅宗の一つ、黄檗宗の総本山。拝観料が無料になる毎月8日に行われる手づくり市・ほていまつりに参加しつつ、境内を散策。

宇治市黄檗にある黄檗宗総本山

 (74616)

この日は毎月8日縁日に開催される手づくり市・ほていまつり。普段は拝観料が必要ですが、この日に限っては無料。なので、それを利用して。じつはちゃんと境内を観光するのは初めて。

京都のお寺の中では、ちょっと独特な存在。こちらは総門。左右の屋根が低い牌楼(ぱいろう)式の中国的な門。
 (74617)

黄檗山萬福寺は1661年に中国僧・隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師によって開創。
禅師は中国明朝時代の臨済宗を代表する僧で、中国福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住職。当時、日本からの度重なる招請に応じ、1654年に来朝。宇治の地でお寺を開くにあたり、寺名を中国の自坊と同じ「黄檗山萬福寺」と名付けました。
 (74618)

参道も京都にあるお寺の石畳とは違った風情。ちょっとスタイリッシュでもあり(笑)
 (74646)

わりと広いです。で、特徴的なのが萬福寺の伽藍は左右対称に配置。これも中国様式なんですかね。
 (74620)

瓦屋根の感じが、ホント中国風。

独特な雰囲気の中国建築様式

 (74619)

三門。
幕府の政策等により、宗派を黄檗宗と改宗。そして禅宗は、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗の三宗に分類。「三門」という呼び名からも、あぁこんな中国風だけど禅宗なんだな、と。
 (74621)

こういう看板?があったり、両サイドに漢字で何か書かれた札があったり。
 (74623)

開山堂(かいさんどう)。
 (74624)

開山 隠元禅師を祀る場所。4月3日に祥當忌、毎月3日に月例忌が営まれているそうです。
 (74625)

このラーメン鉢風の模様の欄干。「卍くずし」と呼ばれるデザインだそうです。こういうのも中国風。
 (74626)

あと、こんな桃がよく描かれてました。「桃符」という飾り。
 (74627)

室内も石床の上にこんな座布団や小さい畳状のものが。ここに僧侶が座って礼拝するんですかね。
 (74628)

伽藍をつなぐ回廊にはこんな提灯がいくつもぶら下がっています。
 (74632)

天王殿(てんのうでん)。中国寺院では一般的に玄関として見られるお堂。弥勒菩薩(布袋さま)。
 (74633)

 (74634)

布袋さまの周囲には四天王、韋駄天が祀られています。
 (74635)

大雄寶殿(だうおうほうでん)。
 (74636)

萬福寺の本堂。萬福寺も以前、JR東海の「そうだ、京都いこう。」のポスターになってたんですよね。座禅を組んでる画で。こちらは事前に予約すると、座禅体験もできます。
 (74637)

本尊の釈迦如来座像。
 (74638)

他、十八羅漢像を安置。どの像も身近に拝観できて素晴らしい!

お土産はもちろん宇治ならではの品

 (74639)

御朱印帳もあり。その隣にお土産物コーナーも。
 (74640)

茶処宇治ですから、こういう茶団子は名物ですね。
 (74641)

もちろん、お茶も売ってます。
 (74642)

小さな金色の布袋像が必ずついてる布袋みくじをやってみました。大吉。
 (74643)

斎堂。緊那羅王像を安置する食堂。ちょうど顔ハメもあり、開梆(かいぱん)という巨大な木製の魚が。これを叩いて食事や法要の時間を知らせ、木魚の原型と言われている。

これらの他、お寺では中国版精進料理である普茶料理も予約すれば食べられ、今度はそれを体験しにまた伺う予定。とにかく、京都の中でも独特な雰囲気で、いろんな体験が叶うお寺でもあり。

黄檗山萬福寺 へのツイート

詳細情報

住所
京都府宇治市五ケ庄三番割 五ケ庄三番割34
電話番号
0774-32-3900
詳細サイト
http://www.obakusan.or.jp/hotei.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers