2017年10月10日 更新

【京都銭湯めぐり】京都市内唯一の源泉かけ流し天然温泉の銭湯!さらに水素風呂で発汗効果抜群☆「天翔の湯大門」

驚きです。京都市内唯一の源泉かけ流しの天然温泉の銭湯。他にも水素風呂やサウナもあって、しかも銭湯料金。休日、いい汗かきに行ってきました。

2億年前の海底地層からの贈り物

 (97726)

西大路七条からさらに西へ。
なんでも京都市内で唯一源泉かけ流し天然温泉の銭湯があるとウワサを聞いてこちらへ。
 (97727)

外観はフツーの街の銭湯といった雰囲気。
2006年に地下1000メートルから掘り当てられたそうで、源泉かけ流し銭湯はこちらになりますが、他2ヶ所の銭湯でもここの温泉を搬送していて、同じ温泉が楽しめるそうです。
 (97733)

もちろん、浴室は撮禁なんで天翔の湯大門のHPから引用させていただいてます。

まず、入り口入ると番台がありテレビや自販機が完備された共有スペース。券売機で入浴券を買ってそこから男女分かれて浴室に入る、番台と脱衣所が独立したスタイル。

脱衣所にはマッサージ機や古い年代物の体重計もあり。そして、浴室手前、中央に泡風呂、ジェットバス、電気風呂など。カランは27個、プラス水シャワー付カラン1個。
 (97732)

そして、浴室中程に水素風呂、サウナ、水風呂。
この水素風呂、水素が浴槽からモクモクと発生し、かなりの発汗作用。これはスゴく効きました。水素風呂導入してる銭湯も珍しいですね。
 (97731)

さらに奥へ進むとドアがあり室外へ。露天風呂、源泉かけ流しの天然温泉。湯は黄土色のナトリウム塩化物系の泉質。舐めてみると塩味の温泉で、海に近いわけでもない盆地の京都では珍しい泉質。

なんと2億年前の海底地層から滲み出た塩分を含む温泉ということで、保温性高く、底冷えのする京都に太古の地球からの贈り物となる温泉。ちょっとロマンティックですね(笑)
 (97729)

そして、湯上がりに自販機でオロナミンCを。他、缶ビールもありました。湯上がり後も保温性が高いせいか、汗が吹き出します。そして、このポカポカが次の日も続いて、その絶大な温泉効果に驚くほど。それが銭湯料金大人430円ポッキリで楽しめるって。
 (97730)

京都新聞にも詳しくでてました。地層の画で図解されてて、その泉質のメカニズムが詳しくわかりました。さすが、京都新聞(笑)

天翔の湯大門 へのツイート

詳細情報

住所:京都市右京区西京極大門町19−4
電話番号:075-316-2641
営業時間:午後2時~深夜1時迄
定休日:毎週火曜日
関連サイト:http://tensyonoyu.web.fc2.com/index.html
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都市内で汗を流して夏の疲れさっぱり!利便性いいお手軽スーパー銭湯☆壬生温泉「はなの湯」【壬生】

京都市内で汗を流して夏の疲れさっぱり!利便性いいお手軽スーパー銭湯☆壬生温泉「はなの湯」【壬生】

JR丹波口駅スグの場所にある利便性よいスーパー銭湯。天然温泉の運び湯の浴槽もあり、銭湯にはないアメニティーも。
【京都八瀬】サウナマニアの聖地!1300年余の伝統を持つ日本古来のかまぶろ体験「八瀬かまぶろ温泉 ふるさと」

【京都八瀬】サウナマニアの聖地!1300年余の伝統を持つ日本古来のかまぶろ体験「八瀬かまぶろ温泉 ふるさと」

銭湯や温泉、とくにサウナ好きには素通りできない魅惑のスポット。1300年余の歴史を持つ日本古来のサウナであるかまぶろ体験ができる八瀬。ずっと気になってて、ようやく念願かなって行ってきました。
【京都銭湯めぐり】パクチーの日にちなんだパクチー銭湯開催!格子天井の画も必見☆「桂湯」

【京都銭湯めぐり】パクチーの日にちなんだパクチー銭湯開催!格子天井の画も必見☆「桂湯」

パクチー好きもついにここまで来たか、という驚きの銭湯企画です。8月9日パクチーの日にちなんだ大阪にあるパクチー料理専門店と銭湯のコラボ湯。もう全く想像がつきません(笑)
【京都銭湯めぐり】創業100年余りのレトロ感!リリーフランキー小説の原画銭湯絵師による背景画も必見!!「若の湯」【京都舞鶴市】

【京都銭湯めぐり】創業100年余りのレトロ感!リリーフランキー小説の原画銭湯絵師による背景画も必見!!「若の湯」【京都舞鶴市】

釣り帰り。冷えた身体を温めたい!ということで、風呂だ!と。せっかくならなかなか行く機会もない銭湯へと。すると驚きのステキレトロ感。なんと明治26年創業の100年以上続く銭湯。
【京都銭湯めぐり】冷凍サウナは必ず体験すべき!3階建てで驚きの充実施設☆「衣笠温泉」【北野白梅町】

【京都銭湯めぐり】冷凍サウナは必ず体験すべき!3階建てで驚きの充実施設☆「衣笠温泉」【北野白梅町】

昔の町並みが今も色濃く残る西陣、金閣寺エリア。市内の中では銭湯も比較的密集して存在。そんな中、3階建てで、施設充実してるとウワサを聞きつけて行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers