2022年7月25日 更新

【京都嵐山】サウナ&花火プロジェクションマッピングの露天風呂も「さがの温泉天山の湯」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は嵐山にもほど近い日帰り温泉施設。サウナやプロジェクションマッピング露天風呂、さらに整いすぎる外気浴も。

プロジェクションマッピングや整いすぎる新兵器も

 (226699)

右京区、嵯峨野・嵐電有栖川駅より徒歩5分の三条通り沿い。京都の中でも特に人気の天然温泉のスーパー銭湯『さがの温泉 天山の湯』。世界最大の旅行コミュニティ・トリップアドバイザーでも好評価で、コロナ前には外国人観光客にも人気の日帰り温泉施設。
 (226700)

いつもは昼間や夕方利用することが多いんですが、今回は日ごろの疲れを癒そうと夜やってきました。というのも、前回来店した時に、夜限定のイベントがあるということで。
 (226701)

昼間は恐らく観光客の利用もあり、夜の方が空いてるかな、と思いきや、意外と駐車場は夜も満車に近い状態。どの時間帯も人気ということですね。
 (226702)

 (226703)

エントランスには夏らしい演出で、風鈴、うちわ、風車が飾られ、涼やかな雰囲気。ちょっと夜店に来たようなそんな錯覚。
 (226704)

イベントも目白押し。これから夏休みシーズンにもなるので、ファミリー層、特に子供連れにも喜ばれるイベントも企画されています。
 (226705)

足湯感覚でお魚たちが角質を食べてくれるフィッシュセラピー。この時は利用者なく魚たちもエサ待ちの遊泳中(笑)
 (226706)

で、浴室内についてはHPから画像引用しています。
サウナは2種類。塩サウナとこちらロッキーサウナ。接近して着席することを避けるため、着席禁止箇所を設けて密を防いだり。会話禁止の表示し、さらにスタッフが頻繁に見回りされていて、注意喚起をされてました。名物イベントである、焼け石にアロマ水をかけて水蒸気を発生させ、熱風を巨大うちわであおいで送風するロウリュ。通常2時間おきのイベント。この日最終のロウリュにありつけました。自動ロウリュももちろんあり。大人気のイベントなので、室内定員数を設定し密にならないよう徹底。

水風呂の水温17.0℃。夏場に心地よい冷却。さらに露天風呂エリアに寝ころびスペースも随所にあり、外気浴に最適。そして、特筆なのが外気浴用にミストシャワーが浴びられるデッキチェアがあるんですが、これまでの外気浴概念が変わる心地よさ。これまでと違い、最短時間で整います。もうダメ人間になってしまう心地よさ(笑)
 (226707)

いつも人気すぎて利用できない竹取壷湯ですが、こちらも初体験できました。体温と同じ温度設定で独り占めの湯舟。こちらもとろけるような心地よさ。
 (226708)

露天風呂は4種類。褐色のナトリウム・カルシウム塩化物泉や高濃度炭酸泉、他浴槽が美濃焼になった個浴タイプ、寝湯など。

そして、こちらの炭酸泉では壁がモニターがわりになり、プロジェクションマッピングに。
 (226709)

関西温浴施設初導入のプロジェクションマッピングを露天風呂で鑑賞。この時は京都市内で打ち上げ花火が上げられている、そんな映像でした。花火を見ながら露天風呂という、夏らしさ満点の入浴。ちなみにプロジェクションマッピングは毎週金・土・日曜日の20時・21時・22時に開催とのこと。
 (226710)

洗い場アメニティが充実。油性マジックのインクも落ちるという肌に優しいシャワーヘッドやシャンプー、リンス、ボディーソープには定番に加え、ノンシリコンタイプが数種類ありました。これだけで、かなり満足度高いです。今回はレモングラスのノンシリコンを利用しました。夏なので、さわやかなレモングラスの香りでよりさっぱりした心地よさ。
 (226711)

今回は駐車場の自販機ですっきりしたトマトで水分補給。外気浴の心地よさが特に印象的で、ミストシャワーデッキチェア利用の方が皆「ヤバすぎる~」と絶賛。ぜひ、体験してみてください!

詳細情報

名称:さがの温泉 天山の湯
場所:京都市右京区 峨野宮ノ元町55-4-7
電話:075-882-4126
営業時間:10:00~25:00(最終受付24:00)
      ※コロナ禍による時短営業の場合あり。HPを確認のこと。
料金:大人1,050円 小人(4歳~小学生)500円 3歳以下無料  一般会員900円(入会金200円)KYODOライフカード会員700円
タオルセット200円 館内着200円 館内着+タオルセット300円
関連URL:https://www.ndg.jp/tenzan/
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事