2019年7月8日 更新

【京都発酵食品めぐり】世界を股にかけるコーヒーチェーン・スターバックス流『発酵』スイーツ☆「京都岡崎 蔦屋書店」

発酵で健康!京都発酵食品部です☆今回は世界的コーヒーチェーン・スターバックスが6月19日から『発酵』をテーマにしたフラペチーノを販売。

日本が誇る食文化『発酵』を親しみやすく

 (157689)

左京区岡崎にあるロームシアター京都。
その一角にある、蔦屋書店と世界的コーヒーチェーン・スターバックスが融合したスペース。

雑誌や書籍とスターバックスメニューを同時に楽しめる場所。
 (157679)

店内は和モダンを基調としたオシャレでスタイリッシュな空間。「アート」「日本の暮らし」「ON JAPAN」の3つのジャンルで書籍や物販も展開。

そして、それと融合する形でスターバックスの飲食スペースが配置。
 (157698)

久々にやってきましたが、この日は平日ながらかなりの混雑ぶり。
しかも、わりと年配層のご婦人中心。こんなに平均年齢高めなお店だったか?と驚くほど。
 (157687)

 (157688)

あとで分かったことですが、この日はこんなコンサートがあり、スタート待ちで利用されるご婦人が殺到したという種明かし。スゴイ人気なんですね、この方(笑)
 (157677)

もとい、スターバックス。
注文するのに行列待ち。ショウケースにはスイーツ類いろいろと。
 (157680)

 (157681)

京都でも限られた店舗では、こんな京都限定のマグカップやマグボトルなどを販売。
今のシーズンにふさわしく、祇園祭の鉾や舞妓さんの絵柄。
 (157682)

そしてメニュー。定番メニューがいろいろあるわけですが。
 (157683)

そんな中、今回のお目当てはこれ。『発酵』です。

つい最近、とある発酵食品店の方と、スタバも発酵をやり始めたね、もう『発酵』を謳ったもん勝ちだね、みたいな話をしていて、ちゃんとその発酵ぶりを調査しないとな、と(笑)

こちらはレモンヨーグルト発酵フラペチーノ680円(税込み)。トールサイズのみ。これを注文。
 (157684)

そして、現物がこちら。3階でいただきました。白と黄色のさわやかな配色。夏向け。
 (157685)

口当たり滑らかなオリジナルのヨーグルトを使用し、チーズを混ぜ込んで焼き上げたサブレ、フリーズドライにしたナチュラルチーズ、上にかかるレモンカードソースは甘酒を少し加えてレモンの酸味を抑えた、まろやかな風味に 。この三つ巴発酵素材で構成。

日本の食文化というわりに、甘酒以外は洋物発酵食品ですが(笑)
 (157686)

で、食べてみました。

ヨーグルトの酸味マイルドで、ふんわりチーズ感あるサブレが途中アクセント的食感。レモンカードソース、他の素材の自己主張に押され甘酒入ってるんだろうな~くらいなほんのりした甘さ。

これで健康になる的雰囲気はそれほど感じられませんが、それでも今発酵が注目キーワードなので万人にも浸透しやすい味かも、と。

でもこれならマックシェイクのヨーグルト味のほうがもっとヨーグルト感あるし、そのうちマクドも発酵を謳うかも、と(笑)

一口に『発酵』といっても食品にとどまらず、『デジタル発酵』とか最近汎用性ありすぎです(笑)

スターバックス京都岡崎 蔦屋書店 への口コミ

詳細情報

住所:京都市左京区 岡崎最勝寺町13 ロームシアター京都
電話番号:075-754-0400
営業時間:08:00~22:00
定休日: 不定休
公式サイト:https://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=2075

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】京都マルイに4月オープン!お米の乳酸菌で植物性パフェやスムージーに☆「RICE(ライス)」

【新店】京都マルイに4月オープン!お米の乳酸菌で植物性パフェやスムージーに☆「RICE(ライス)」

発酵で健康!京都発酵食品部です☆今回は四条河原町にある京都マルイに4月オープンした注目店。お米の乳酸菌を使ったパフェやスムージーを提供する発酵スイーツ店。
全力真摯なスペシャリティコーヒー「カッフェ エピカ (Caffe Epica)」【出町柳】

全力真摯なスペシャリティコーヒー「カッフェ エピカ (Caffe Epica)」【出町柳】

出町柳界隈でひっそり人気を博すスペシャリティコーヒー店。コーヒーに拘る真摯な姿勢は来客皆んなをハッピーにさせてくれます。
【京都カフェめぐり】創業140年の老舗書店『丸善』コラボ!期間限定レモンスイーツも☆「マルゼンカフェ」

【京都カフェめぐり】創業140年の老舗書店『丸善』コラボ!期間限定レモンスイーツも☆「マルゼンカフェ」

おおきに~豆はなどす☆今回は河原町三条下がった京都BAL地下階にある老舗書店・丸善とのコラボカフェ。中でも、丸善京都本店とゆかりある作家のモチーフ、レモンを使ったスイーツも人気。
スロウな時間が流れるくつろぎのヒーリングカフェ「ロクジアン」【京都・岡崎】

スロウな時間が流れるくつろぎのヒーリングカフェ「ロクジアン」【京都・岡崎】

屈指のアートエリア、岡崎にひっそり佇む緑に覆われたヒーリングカフェ。時間を忘れてしまうコンフォートさ、 使い勝手のよいメニュー構成も必見。
【京都モーニングめぐり】平安神宮スグ!コスパよくバリエーション豊富☆「綴 岡崎店 (ツヅレ)」

【京都モーニングめぐり】平安神宮スグ!コスパよくバリエーション豊富☆「綴 岡崎店 (ツヅレ)」

おおきに~豆はなどす☆今回は岡崎、平安神宮スグの場所にあるカフェ。朝は8時から営業しモーニングも各種あり。コスパもよく人気。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都発酵食品部 京都発酵食品部