2017年4月28日 更新

ハイレベル&高コスパ!地元人気も高い「味の居酒屋 櫻バー」

清水五条、周囲の住宅街に溶け込んだハイレベル&高コスパの町の居酒屋さん「味の居酒屋 櫻バー」なり。

清水五条のバーと言う名の居酒屋

 (78966)

超超超超納得した居酒屋さんネタを一つ、お店の名前は櫻バー。名は体を表していなくて、街の居酒屋さんなのですが、これが非常~にハイレベル&高CPなのだ。いつもよりも濃いめでご紹介。実は結構前からマークしていたのですが、ようやく来れました。

お店は京阪清水五条駅から3分ほどの大和大路通五条上ルにある。周りはあまり飲食店は多くない場所。
お店は、こういう感じで周囲の住宅街に溶け込んでいて、一見さんがしゃらっと入りやすい、という感じではないですな。カウンター内には腰の低い結構ご年配のご主人、それにお料理盛り付け等担当の奥様、お運び兼サブ2名の合計4名編成のお店。カウンターが9席、小上りが入口傍に4人掛け机1、奥に4人掛け机2かな。当然わいわいと満席。
 (78967)

メニューは、印刷した串カツなどの普通の居酒屋メニューもあり、30種類ぐらいはスタンバイしているのだが、カウンター前にはこういう長ーい巻物のような本日の手書きメニューが張り出されている。写真はそのうちの1/3ほどですかねぇ。京都の季節の移ろいを感じられる、そういうメニュー編成なのだ。 で、印刷したメニューには目もくれず、当日のメニューからお料理をチョイスする。
 (78968)

お酒のほうが生中¥550、大瓶¥680、焼酎グラス¥440~490、日本酒は看板通り金鵄正宗のみで、一合¥440からという居酒屋価格。パパヤソースってあまり見ないですが、京都ではレギュラーなんですかね?  一味七味山椒は七味屋謹製。
 (78969)

レギュラーメニューから1つだけチョイスした、最近居酒屋さんで徹底的にお願いしているポテトサラダは¥400なり。マヨは非常に控えめで芋の旨さが良くわかる編成。シンプルですが、お上手ですなあ。

ハイレベルなお料理の数々

 (78970)

既にお刺身が底をつきかけていて、最後の盛り合わせ。いくらだろう¥2000ぐらいかなあ。これが非常にハイレベルでびっくり。奥の赤いのはビンチョウカツオ、穴子焼き霜、ヒラメは縁側付き、ヒラマサに剣先イカという布陣。とろけるカツオに食感しっかりの穴子焼き霜、程よく締まったヒラメが特に!ハイレベル。いやー、これはちょっとした割烹レベルと言えますな。。

結構ご年配のまるっこいご主人が、フライヤーとサラマンダー、それにメインガスコンロ担当!で、奥様がタマにコンロ前+盛付け仕上げ、サブのお兄さん2名はフロアとお酒、という役割分担のようなのですが、カウンター内はまさに戦場状態。 
オシャレ割烹感覚で言うと、決して綺麗に片付いている!とは到底言えない(汗)キッチンから、目くるめく手品のようなスピードでお料理が次々に生み出されていくのを眺めているだけで楽しい我々だ。
 (78971)

琵琶湖産もろこの焼き物はなんと¥680なり。甘味少なめの南蛮漬けでいただく趣向。いやー、激しくお手軽ですなあ。。これは日本酒にスイッチ!ということに。(しかし、何気に添え物や盛り付けも手を抜いていないことが分かりますな。。。)
 (78972)

日本酒は金鵄正宗のミニボトル入りと四合瓶入りがスタンバイ。お手軽な銀閣をアツアツ燗でお願いして¥440なり。特別純米、生貯蔵など金鵄正宗で5種飲み比べが可能です(全部試そうと思うと3合+600cc分注文が必要ですが汗)
 (78973)

超しっかり量な若筍煮は¥1080なり。薄味のはんなりしたお味にうっとり。こっそり山椒ぱっぱで更にうっとり。以上で前半注文分終了で、周りの注文を眺めていて、あ!あれは食べないと!と思った厳選2種を追加注文。
 (78974)

まずは土鍋でぐつぐつと出てきた牛スジと春キャベツの土鍋煮は¥880なり。下ごしらえして冷凍している韓国系ピリ辛味噌味的な牛スジをキャベツと一緒にぐつぐつと。白ご飯をぶちこんでも成立しそうなしっかり味で美味しい、キャベツが偉大な一品。いやー、ありえないCPですな。 これは自宅飯にも参考にできる!と思った一品。
 (78975)

揚げ物好きな我が家で締めにしたいなあ、と思った小エビと玉ねぎのかき揚げはなんと15cmクラスが2個!で¥780なり。激しくさっくさくでお上手ですなあ!。ちゃんと美味しい天つゆ完備!で生姜が合う!なのですが、ついパパヤソースも試してみたくなったり汗汗。

良き居酒屋の誉め言葉で「何を食っても美味しい」という表現がありますが、正にそれ。料理好きな人はぜひカウンターの中央に座って、ご主人と奥様・フロアのお兄さんがたの見事な連携(無言ではなくて、しっかりコミュニケーションありですが)を見学させて頂くのが楽しいと思います。またまた、季節代わりに定点観測したいお店が1軒追加された夜。いやー、大満足でした。
 

味の居酒屋 櫻バー クチコミ情報

店名:味の居酒屋 櫻バー
住所:京都市東山区大和大路通五条上ル山崎町376
営業時間:17:30~翌01:00(L.O.00:30)
定休日:日曜日
電話番号:075-531-1664
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランチめぐり】祇園の京町家でしっぽり京風中華!意外とリーズナブルで穴場☆広東料理「翠雲苑」

【京都ランチめぐり】祇園の京町家でしっぽり京風中華!意外とリーズナブルで穴場☆広東料理「翠雲苑」

祇園花見小路から少し西へ。古い佇まいの京町家の広東料理のお店。創業も古く、京風中華の流れを汲む、あっさりとした食べやすい味わい。ランチでお邪魔しました。
【京都居酒屋めぐり】美味しいアテが並ぶコスパ最高の有名店!絶え間なく客が訪れる人気居酒屋☆「櫻バー」

【京都居酒屋めぐり】美味しいアテが並ぶコスパ最高の有名店!絶え間なく客が訪れる人気居酒屋☆「櫻バー」

わりと有名な居酒屋店。五条大和大路通り上がったところにあるお店。絶え間なく客が入れ替わり、その人気のほどがうかがえる。割烹のような美味しいアテとお酒。行っていました。
オージーボーイ”凄腕バリスタ”が手掛ける町家カフェ★きりは イン&カフェ【清水五条】

オージーボーイ”凄腕バリスタ”が手掛ける町家カフェ★きりは イン&カフェ【清水五条】

オープンから二年目を迎えた清水界隈を賑わす、ゲストハウスカフェ「★きりは イン&カフェ」 町家の風情ある空間でいただくオージーメイドなドリンクやフード。 穏やかにもてなす、オーストラリア人バリスタさんが作り出す渾身のラテは本物志向★
可憐な乙女のクリームソーダにため息「カフェヴィオロン」【清水五条】

可憐な乙女のクリームソーダにため息「カフェヴィオロン」【清水五条】

真っ赤なソーダの上でバラの花が咲いている、なんとも可憐な「乙女のクリームソーダ」。静かな喫茶店で乙女なひとときを過ごしてみませんか。
古典的な碧の透明感*薔薇のクリームソーダ✳︎Cafe Violon(カフェヴィオロン)【清水五条】

古典的な碧の透明感*薔薇のクリームソーダ✳︎Cafe Violon(カフェヴィオロン)【清水五条】

清水五条のカフェヴィオロン。クラシカルな空間で頂く白い薔薇が花開く蒼のソーダ。 一目で老若男女、みな乙女モード。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。