2018年12月29日 更新

伝統とモダンの京町家でがっつり手作りランチ「をちょぼ庵」【東山カフェ】

京都市から伝統的重要建築物の指定を受けた築約150年の由緒ある町家ともあり古民家カフェ。ウィットに富んだエントランスを潜ると現る風流な町家空間。手作り感あるランチメニューはボリューム満点。

穴場の大満足ランチ

 (141622)

八坂神社南側の通りを南へ下河原町通に位置する趣深い風貌の町家カフェ「をちょぼ庵」

こちらは京都市から伝統的重要建築物の指定を受けた築約150年の由緒ある町家ということもあり京情緒たっぷり。
ユーモアのあるエントランスを抜けると広がる懐古的なくつろぎ空間。
異次元の世界へ

異次元の世界へ

ドアの下にまたドアがついたなんともユニークなエントランス。
どこでもドアの様な異次元の世界へ迷い込む様な高揚感。

しっとり落ち着く町家空間

 (141623)

店内は全て土間、キッチンサイドを抜けるとテーブル席が整然とレイアウト。
古き良き伝統的な空間を守りながらも、現代的な意匠を取り入れた粋な
和モダンテイスト。ワイドなブランケットもスタンバイ。
 (141624)

エキゾチックでオリエンタルな空気感と
和を演出する数々の脇役達が店内を彩ります。
お外にはテラスのお席もあり、ペットもOK,、お手洗いは離れにあります
ランチメニュー

ランチメニュー

ランチメニューはこちらの2種類。
セットドリンクも豊富。

がっつりボリューム

照り焼きプレート

照り焼きプレート

照り焼きプレート、ハンバーグプレートをチョイス。

お肉は柔らかく下味もしっかりはいっており
噛むほどに旨味が口の中に広がります。甘さ控えめの照り焼きソースは程よい塩加減。ソースはお好みで追加可能。甘さ控えめの照り焼きソースは程よい塩加減。ソースはお好みで追加可能。
 (141627)

グリーンサラダとご飯には塩昆布など甘じょっぱさに食が進みます。

柔らなハンバーグ

ケフタアラブ風 ハンバーグ トマトソース

ケフタアラブ風 ハンバーグ トマトソース

ケフタとはモロッコ語でミートボール。
クミンやパプリカパウダーなど様々なスパイスが折り重なったハンバーグは
柔らかジューシー。
写真では伝わりにくいですが、かなりワイルドなオーバルプレートにはポテトサラダ、スモークしたかぼちゃ、目玉焼きをアセンブルしたデラックスな内容。
卵の硬さまで好みを聞いてくれ、細やかな気配りが伺えます。
ご飯の量もお茶碗2杯程度はありボリューム満点。
コーヒー、紅茶

コーヒー、紅茶

セットのコーヒーは豆から引きいっぱい毎にハンドドリップ。
紅茶もしっかり茶葉の香りを楽しメル本格派。
 (141629)

がっつりランチメニューからスイーツや京都感あるドリンクなど趣向を凝らしたメニューはリピートしたい魅力が多数。オーガニックな内容はお子様連れでも安心。
しっとりと流れる時間に心も体もリフレッシュ。
観光地のど真ん中ですが、旅行客のみならず京都市民にもおすすめのほっこりカフェでした。

クチコミでの評判

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都白川沿いでくつろぎのコーヒータイムを『やまもと喫茶』【知恩院前】

京都白川沿いでくつろぎのコーヒータイムを『やまもと喫茶』【知恩院前】

東山の知恩院近く、白川沿いにある自家焙煎コーヒー店。現代風昭和レトロな空間に最新鋭のコーヒーマシン。リバーサイドロケーションを満喫しつつ、薫り高いコーヒーでまったりくつろぎの昼下がりはいかが?
祇園の喧騒から逃れて路地奥の老舗正統派喫茶店★ハーモニー【穴場喫茶】

祇園の喧騒から逃れて路地奥の老舗正統派喫茶店★ハーモニー【穴場喫茶】

祇園 花見小路にほど近い隠れ家的純喫茶。しっとりとした空間で頂くレトロな喫茶ミール、行きつけにしたい癒し空間です。
祇園オススメモーニング★知る人ぞ知る穴場「ヤマモト」【京都喫茶】

祇園オススメモーニング★知る人ぞ知る穴場「ヤマモト」【京都喫茶】

祇園四条駅すぐ、川端通りひっそりと存在するレトロ喫茶店。花街情緒に浸りながら、真心こもったモーニングがいただけます。
【東山観光の名物?!】こだわりの真っ白グルメバーガー「スマイルバーガー」

【東山観光の名物?!】こだわりの真っ白グルメバーガー「スマイルバーガー」

東山、清水エリアでオープン以来人気をキープしているバーガーショップ。舞妓さんも驚きの美白パンズはもっちり、美味しい弾力はリピート間違いなし。
祇園の喧騒をよそにしっとりと☆おススメ穴場カフェ☆祇をん ひつじカフェ【祇園】

祇園の喧騒をよそにしっとりと☆おススメ穴場カフェ☆祇をん ひつじカフェ【祇園】

花街 祇園の雰囲気が充満した穴場カフェのラグジュアリーな空間。祇園のど真ん中にありながらしっとり、ゆったり極上のコーヒーはいかが?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen