2019年5月7日 更新

【京都の御朱印】黄金に輝く『新天皇ご即位記念の御朱印』をゲット【元祇園梛神社】

令和という新しい時代が始まりました。さっそく、新天皇ご即位の記念ご朱印をゲットしに元祇園梛神社へ行ってきました。筆ペン画家の最先端星人がレポートします。

御朱印マニアにはたまらない神社

 (151874)

四条大宮からは徒歩5分、市バス「壬生寺道」バス停目の前に、【元祇園梛神社(もとぎおんなぎじんじゃ)】があります。
近くには壬生寺や八木邸などもある、壬生エリアに鎮座している神社です。

令和という新しい時代が始まりましたが、梛神社(元祇園梛神社)では新天皇ご即位記念の限定ご朱印があると聞き、やってまいりました。
 (151880)

梛神社は869年に京の都で疫病が流行した際に、午頭天王(スサノオノミコト)の神霊を、現在の兵庫県姫路市から勧請して鎮疫祭を行い、その時に神輿を梛の林中に置いて祀ったことが始まりだそうです。

また梛神社は【祇園祭】の起源と伝えられており、神霊を八坂(現在の八坂神社)に遷祀した時、当時の住人が花を飾った風流傘を立て、鉾を振り、音楽を奏して神輿を八坂に送り、これが【祇園祭】の起源と言われているそうです。
 (151875)

 (151877)

境内を入り正面に向って左が梛神社。右が式内大社の隼神社です。
 (151879)

梛神社。
主祭神は素戔嗚尊(スサノオノミコト)で、配祀神は宇賀御魂命(ウカノミタマ)、伊弉冉命(イザナミノミコト)、誉田別尊(ホムタワケノミコト)です。
 (151878)

こちらが式内社の隼神社(はやぶさじんじゃ)。
主祭神は建甕槌神(タケミカヅチノカミ)

隼神社は927年にまとめられた、当時の官舎に指定された全国の神社一覧「延喜式神名帳」にも載っており、厄除け、疫病払いに御利益があるそうです。
 (151881)

梛神社のハイテクな手水舎。
センサーに反応して勢いよくお水が出ます。
 (151974)

 (151884)

梛神社では祭事や季節限定の限定ご朱印があるので、ご朱印マニアにはたまらない神社としても有名です。

ボクも一昨年前、夏越の祓いの際に茅の輪が描かれたこちらのご朱印をゲットしました。
 (151895)

 (151885)

梛神社では今、新天皇陛下ご即位を奉祝した限定御朱印がいただけます。
 (151886)

新天皇ご即位記念ご朱印』以外にも、期間限定の「神幸祭ご朱印」もあります。
 (151887)

こちらが『新天皇ご即位記念ご朱印』

黄金色した横長の豪華なご朱印です。
真ん中の金色の太陽がキラキラしてます。

ご朱印帳4枚分の大きさがあるので、記念として額に飾っておく方もいるそうです。
 (151888)

ボクも限定ご朱印をいただきました。
 (151889)

 (151890)

ご朱印帳4枚開きにして貼りつけました。
スティックのりを使うとキレイに貼れます。

真ん中の黄金の丸が折れないように、すこし右にずらして貼るといいですよ。
 (151975)

 (151891)

限定ご朱印について社務所の方は「5月中はある予定ですが、人気なので確認してくださいね」とおっしゃっていました。

今月19日には神幸祭がありますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

『新天皇ご即位記念のご朱印』はとても人気なので、ぜひお早めにゲットすることをオススメします。

元祇園梛神社 基本情報

◆住所/京都市中京区壬生梛ノ宮町18-2

◆電話/(075)841‐4069

◆駐車場/なし

◆アクセス/京都市営バス「壬生寺道」バス停下車すぐ

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

最先端星人(筆ペン画家) 最先端星人(筆ペン画家)