2018年10月21日 更新

関西随一のラーメン激戦区に注目店がオープン!極厚焼豚がうまい!「麺屋 聖~kiyo~」【新店】

ラーメン街道とも呼ばれる関西随一のラーメン店激戦区 一乗寺に、注目の新店「麺屋 聖~kiyo~」がオープン!烏丸御池の人気店「麵屋 優光」のセカンドブランドになります。

烏丸御池の人気店が一乗寺に

 (136334)

ラーメン街道とも呼ばれる一乗寺。人気のラーメン店がひしめく、関西随一のラーメン店激戦区。
その激戦区に注目店が堂々オープン!
 (136335)

こちらが外観ですが、ハデな暖簾や看板がないのは自信の表れかもしれません。
お店の名前は「麺屋 聖~kiyo~」
大阪の行列店「人類みな麺類」で修業された店主が独立され、烏丸御池にオープンさせた「麺屋 優光」のセカンドブランドです。
 (136338)

外観からもわかるように、店内はとてもスタイリッシュでまるでカフェのよう。
手前にカウンター席、奥はテーブル席に。
こちらの店舗は、食堂だったゲンザエモンの跡地ですが、その変わりにように驚きました。
客席スペースはおおよそ半分くらいになっています。
 (136337)

ラーメンは、ギフト、シンプル、しるしの3種類。

焼豚が名物のひとつなのですが、厚めか、薄め+煮玉子、どちらかを選ぶことができます。

お得なランチセットもあり、またサイドメニューには、炙り焼豚丼や肉餃子、メンマなどもあります。
 (136348)

こちらが名物の焼豚。焼豚というか、もはや塊肉やステーキの域で、分厚くカットして提供しれくれます。
カウンターのお客さんの目の前でカットしてくれ、迫力満点。
じっくり煮込んだ焼豚は、見るからにトロトロです。

極厚焼豚うまい!

 (136336)

一番人気のギフト(800円)に煮玉子(100円)をプラス。
基本の具材は、白ネギ、みつば、メンマに、焼豚です。白ねぎと三つ葉がいい仕事してくれるんですよねぇ。
なんとも美しいビジュアル。食べなくても、美味しさがひしひしと伝わってきます。
 (136340)

特筆すべきは、この極厚焼豚。
こんなに厚みのある焼豚をだしてくれるラーメン店はそうそうありません。

これだけのボリュームがあれば、最後しんどそうな気にもなりますが、
そんなこともなく、ペロっと食べれてしまいます。
 (136339)

美しい金色のスープは、あさりととびうおの旨味を引き出した魚介のスープがベースに。
澤井醤油の醤油がスープの旨味を引き立てます。
また焼豚の旨味が溶け、混ざり合いあっさりとしながらもコクのある完成度の高い仕上がりです。
 (136341)

全粒粉が混ぜ込まれた自家製麺は、店内で製麺されています。
もちもちとコシを感じる麺は、スープにもよく馴染み絶妙な一体感。
 (136342)

煮玉子もしっかり美味しく。オススメのトッピングです。

さすが開店すぐに人気店の仲間入りした「優光」のセカンドブランドです。完成度の高いラーメンでした。関西随一の激戦区である一乗寺での新店、今後の活躍が楽しみです!
いずれ全メニュー制覇したいと思います。

クチコミでの評判

基本情報

店名:麺屋 聖~kiyo~
住所:京都市左京区一乗寺払殿町48
電話番号:非公開
営業時間:11:00~15:00 / 17:30~22:00
定休日:木曜日・不定休
関連ページ:https://twitter.com/XbfJGiv9shNtidG

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン