2017年1月22日 更新

映画『本能寺ホテル』の出演者も訪れた老舗和菓子店!名物光秀饅頭は必食!!「餅寅」【東山三条】

映画『本能寺ホテル』が絶賛公開中。そのゆかりの地がいろいろある京都ですが、こちらもその一つと言えるかもしれません。明智光秀にちなんだお饅頭もある和菓子店。そして、すぐ近くには光秀も首塚もあり。

三条白川沿いにある創業150年の和菓子店

 (69666)

映画『本能寺ホテル』が絶賛公開中。そういえば、本能寺の変の中心的人物、明智光秀にちなんだ和菓子を出すお店があったな、と思い出してこちらへ。
 (69667)

三条白川沿いにある、聞くと餅屋になってからカウントなら創業150年だそうです。東梅宮のスグ近くでもあり。
 (69668)

そして、そこには明智光秀の首塚もあり。それについてはまた追々ご紹介する予定です。

昔ながらの街のおまんじゅう屋さん的風情

 (69669)

いかにも、昔からこの街に根付いたおまんじゅう屋さん的風情の店構え。
 (69670)

まだ1月ですもんね。棒餅や花びら餅もあります。名残りですかね。あと、うぐいす餅も。そして、名物の光秀饅頭。
 (69671)

そして、お店の方と明智光秀の話をしつつ、映画の話をしたら出演者がつい最近来られたってことで、サイン色紙見せてもらいました(笑)
 (69672)

愛想よく、気さくにいろんな話をしてくださる元気な女将さんでした。
 (69673)

そして、名物光秀饅頭は2種。黒糖と抹茶。そして季節のうぐいす餅を買ってみました。
 (69674)

まずは光秀饅頭の黒糖。黒糖が練り込まれた薄皮まんじゅう。明智光秀の家紋・桔梗が刻印されています。
 (69675)

中はつぶあん。素朴な味わい。
 (69676)

そして、こちらは抹茶。
 (69678)

あんは白あんに白味噌が混ぜてあり、いい塩梅のコクのある上品な味。
 (69679)

キレイですね。うぐいす餅。
 (69677)

うぐいす色の求肥やわらかでほっこりする甘さ。

こちらのお店は、明智光秀の木像と位牌を祀る祠を代々守ってきた、まさに光秀ゆかりの和菓子店。観光の合間にほっこり甘いものでもいかがですか?

ヨ~イヤサ~♪

餅寅 への口コミ

餅寅 基本情報

住所: 京都府京都市東山区梅宮町475
電話番号:075-561-2806
営業時間:8:00-18:00
定休日:火曜日
21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事